Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年8月24日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本オラクル株式会社

「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」を設立

- 「HP 実機体感センター」に情報基盤技術を集約し協業 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(代表取締役 社長執行役員:小出 伸一、本社:東京都千代田区、以下 日本HP)と日本オラクル株式会社(代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄、本社:東京都港区、以下 日本オラクル)は本日、東京都千代田区の日本ヒューレット・パッカード本社内に、次世代データセンターの基盤になるミッション・クリティカル(基幹)システムに求められる技術を体感できる「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」を設立することを発表します。

昨今、開発環境やメールなどのサービスを、安く・簡単に・すばやく提供するというデータセンターの需要が拡大する一方で、社内で利用する基幹システムのデータセンターでは、高いセキュリティ環境、ビジネスの変化への迅速な対応、24時間365日のサービス提供などが求められています。

HPでは、全世界に展開していた85の自社データセンターを3つに統合した経験をもっており、その基盤の一部としてオラクルの技術を活用しています。HPは、この経験に基づき、次世代の情報システム基盤を構築する技術として「信頼性」、「柔軟性」、「管理性」が重要だと考えています。また、厳しい経済環境下で、コスト削減を求められる中、高いコスト効率でデータセンターを構築する必要があります。「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」は、両社のオープンな技術を基盤として、仮想化やその他の技術を駆使し、次世代データセンターに求められるシステム要件をより高いコスト効率で実現する技術をお客様に実証、体験してもらい、次世代データセンター構築をサポートする施設です。

<「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」の概要>
「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」では、日本HPが提供するオープン・プラットフォーム環境で長期にわたり培ってきたシステムの仮想化、自動化、自律化のソリューション活用を前提に、「Oracle Database 11g」のデータ管理、運用管理「Oracle Enterprise Manager」の技術などを組み合わせて、企業構内で構築する基幹情報システムの基盤の技術実証をデモンストレーションを通じて行います。
このセンターは、業界屈指のデモンストレーション専用施設として2009年5月、HP東京・市ヶ谷に開設された「HP実機体感センター」内に開設され、同センターに設置された「HP Integrity Superdome」および 「HP Integrity ブレードサーバー」を含む、100台以上の物理サーバー環境の一部を組み合わせて構築されています。「Oracle Database 11g」仮想化環境を構築し、各デモンストレーションシナリオに合わせて提供します。

体感できる実証デモンストレーションは、以下のとおりです。

・止まらない、止めずに済むサービス基盤
CPUやメモリーの障害を例にとり、これらがプラットフォーム上で自動的に切り離された場合、「Oracle Database」も自動的にリソースの変更を検知し、止まることなく処理が継続される様子を見ることができます。また、故障した部品をサーバーや「Oracle Database」のインスタンスが稼働したまま交換可能であり、止まらないというだけでなく、止めずに済むサービス基盤が実現できることを体感できます。

・ ビジネスの変化に瞬時に適応するコンピューティング環境
急激なアクセスの増加を例にとり、自動的にCPUなどのリソースが追加される様子や、あらかじめ増設するハードウェア部品をシステム内に搭載しておき、不足した時点から利用可能で、かつその時点からの課金となる、HPの自律化、仮想化の仕組みを実機で体感できます。このとき「Oracle Database」も仮想化サーバー上のリソース変動に対応し、リソースに応じたデータベースの環境を自動的に設定することが確認できます。

・仮想化・自動化時代のシステム管理
次世代情報システム基盤では、仮想化システム上で自動的にリソース変更が実施され、「Oracle Database」も自動的にそれに追随して動作を続けます。このときどのようにシステム管理を行うことができるのか、「Oracle Enterprise Manager」を使用したデモを通じて体感することができます。次世代情報システム基盤では、管理者は何が起こっているのか不安を感じる必要がなく、安心して本来の仕事に専念することができます。

日本HPと日本オラクルの両社は「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」での実証を介して、大量のトランザクションやデータ量を擁し、止まることが許されない基幹システムを保有する企業に向けた提案活動を協業して行います。

日本HPについて
HPは世界最大のテクノロジー・カンパニーであり、コンシューマから大企業まですべてのお客様にテクノロジーの活用を容易にするプリンティング、PCおよび関連製品、ITサービス、ソフトウェア、ソリューションを提供しています。HP(NYSE:HPQ)の詳細については、http://www.hp.com/をご覧ください。日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。(http://www.hp.com/jp/

日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数2,226名(2009年 5月末現在)。

#     #     #

* Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問合せ
日本ヒューレット・パッカード株式会社
カスタマー・インフォメーションセンター
電話: 03-6416-6660

日本オラクル株式会社
Oracle Direct
電話: 0120-155-096

■ 本センター利用に関するお問合せ
日本HP
実機体感センターURL:http://www.hp.com/jp/taikan/
問合せメールアドレス:jpn-hp-experience-center@hp.com

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡