Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年9月14日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ITプロジェクト・ポートフォリオ管理の最新版
「HP Project and Portfolio Management 8.0」を発表

- IT財務情報の管理によりIT予算を可視化し、経営戦略に即した戦略的IT投資を可能に -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:小出 伸一)は本日、ITの戦略立案からプロジェクト管理までをグローバルにサポートし、さらにIT投資の最適化を推進するIT財務管理(IT Financial Management)をサポートするプロジェクト・ポートフォリオ管理ソフトウェアの最新版「HP Project and Portfolio Management 8.0」(以下、PPM 8.0)を発表します。本製品は、従来製品の持つ企業内のITプロジェクトの統合的な管理、投資決定をサポートする機能に加え、統合的に見ることが難しかったIT財務にかかわるデータの可視化を実現します。これにより、多くのIT予算が使われていた保守運用費用の削減と戦略的投資を可能にし、経営戦略の視点からのIT投資の最適化とお客様の事業目標に沿ったビジネスの強化をサポートします。

今日の厳しい経済環境下では、多くの予算が削減され、ITの予算も例外ではありません。また、削減された後のIT予算の多くが、既存のシステムの保守運用費用として使われ、新規の戦略投資に使える予算が少ないというのが現状です。その一方で、この環境下で競争優位を獲得し、景気回復後のビジネスの拡大には、戦略的IT投資が必要です。

削減され、限られたIT予算で、戦略投資を行うには、多くのIT予算が使われる保守運用費用を可視化し、見直しをかけ、効率的な保守運用を行い、戦略的投資を可能にする費用の捻出が必要です。しかし、現状では、ITの企画、開発、運用あるいは財務などの各部門で、IT費用に関連する情報やデータがばらばらに管理されており、これらIT財務管理ができていないのが現状です。

「PPM8.0」は、IT資産管理や構成管理を行う他の運用管理製品との連携により、IT関連の費用を可視化します。また、各製品との連携で取得したデータを一元的に収集、統合し、予算執行状況を把握することができます。「PPM8.0」の詳細は、以下の通り。

製品名 最小構成価格 販売開始日
HP Project and Portfolio Management 8.0 7,104,720円(税抜6,766,400円) 10月1日

本製品の特長は以下の通りです。

<IT財務管理への対応>
IT財務サマリ画面を設定し、予算および実績管理と割り当てられた予算消費ペースの管理が可能になります。これにより、予算消化完了の時期を判明することができます。更に費用対効果の財務管理機能として、コストと効果の予実管理を1つの画面で表示し、IT財務状況把握が容易になります。

<ITの運用系製品との連携強化>
「PPM 8.0」では他のHP Software製品との連携も強化され、ITの購入から廃棄までのライフサイクルを正確に把握管理できるIT資産管理の「HP Asset Manager software」、品質に関するプロセスを管理および統括し、IT とアプリケーションの環境におけるソフトウェアテストを自動化する「HP Quality Center software」、運用でのITILサービス管理製品である「HP Service Manager software」、ITIL v3に基づき、構成情報の一元管理を効率化する「HP Universal CMDB」 との連携が更に強化されます。

<多数の言語に対応した インターフェース>
「HP Project and Portfolio Management 7.5」(以下、PPM 7.5)では9ヶ国の言語に対応していましたが、「PPM8.0」では13カ国語(日本語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語・ポルトガル語・トルコ語・ロシア語・チェコ語・ハンガリー語・中国語・韓国語)へと対応言語が増加します。更に、ユーザーインターフェイス上で、ログイン画面で選択した言語(セッション言語)での入力が可能となり、グローバルプロジェクトにおいて、各ユーザがそれぞれ自分の母国語で表示された画面を使用し、グローバルビジネスを展開する多国籍企業にとっての利便性が向上します。

今回の新製品に関する情報は以下のHP Softwareのホームページを参照してください。
http://www.hp.com/jp/hpsoftware

日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡