Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年10月27日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

導入が拡大するLinuxおよびオープンソース関連ソリューションを強化

- Linux、オープンソースの統合管理を可能にする監視ツール、
クラスターソ リューションおよびJBossの販売開始でトータルソリューションを強化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、導入の拡大するLinuxおよびオープンソースを利用したシステム向けのソリューション強化を発表します。

現在の厳しい経済環境の中、Linuxおよびオープンソースを利用したシステム構築が増加しています。これらのシステムが増加し、サーバーの台数が増えるにしたがい、いかに効率的にシステム管理を行うのかということが課題になっています。また、Linuxの普及にともない信頼性の求められるミッションクリティカルのシステムをLinuxベースで構築するという事例が増えています。さらに、Linuxでシステムを構築するお客様の間には、ミドルウェアもオープンソースを利用し、1つの窓口から購入したいという要望が強まっています。

日本HPは、これらのニーズを満たすために、Red Hat社のエンタープライズ向けLinuxプラットフォームRed Hat Enterprise Linux および Red Hat Enterprise Linux Advanced Platform (以下、RHEL AP)向けに以下の製品、ソリューションを提供開始します。

  • HPのx86サーバーを利用したLinux環境をハードウェア、OS含めトータルに統合監視できる「HP Insight Control スイート for Linux (以下、HP ICE-LX)」をRHEL APにバンドルして提供開始
  • RHEL APの一機能であるクラスタリングソリューション Red Hat Cluster Suite(以下、RHCS)のインストール、構築支援およびクラスターシステムのミッションクリティカルサービスを提供開始
  • Red Hatの提供するオープンソースのJava ミドルウェア であるJBoss Enterprise Middlewareの販売を開始

<「RHEL APとHP ICE-LX」のバンドル製品>
日本HPのx86サーバーの統合運用管理製品HP ICE-LX は、ハードウェアの自動検出や動作状況の監視といった基本的機能に加え、遠隔地からのサーバーアクセス、制御、消費電力の正確な測定と最適化なども可能です。また、オープンソースの統合監視ソフトウェアであるNagios® をはじめとして、多くの実績のあるオープンソースをHP Systems Insight Manager (HP SIM) に統合し、OSやファームウェアの配布、インストールやサーバーの管理が可能となります。今回、RHEL APにHP ICE-LXをバンドルして提供することでハードウェアからOSまでワンストップでのLinuxサーバーの管理が可能となり、サーバー管理コストの削減を実現します。

製品名 希望小売価格 出荷開始
Red Hat Enterprise Linux AP + ICE-Linux
(1年間 平日標準時間帯ソフトウェアサポート付)
221,550円(税込)
(税抜211,000円)
10月27日
Red Hat Enterprise Linux AP + ICE-Linux
(3年間 平日標準時間帯ソフトウェアサポート付)
590,100円(税込)
(税抜562,000円)
10月27日
Red Hat Enterprise Linux AP + ICE-Linux
(1年間 24時間年中無休ソフトウェアサポート付)
325,500円(税込)
(税抜310,000円)
10月27日
Red Hat Enterprise Linux AP + ICE-Linux
(3年間 24時間年中無休ソフトウェアサポート付)
882,000円(税込)
(税抜840,000円)
10月27日

<「Red Hat Cluster Suite」向け新ソリューション>
RHEL AP の一機能であるクラスタリングソリューション RHCSを使って信頼性の求められるシステム構築をサポートするためのサービスおよびミッションクリティカルサービスを提供開始します。各種システムの設計、インストールを行う定型サービス「テクノロジーエクスプレス」にRHCSを利用したシステム構築サービス「Red Hat Cluster Suite 構築コンサルティング」をメニューとして追加します。また、技術専門チームが24時間年中無休でお客様のコールを受け付けるハードウェア保守、ソフトウェア保守に加え、システムの可用性を向上させるためのプロアクティブサービスを組み込んだ保守サービス「クリティカルサービス」や「プロアクティブ24」の対象サービスとしてRHCSを追加します。

ソリューション名 希望小売価格 発売開始
Red Hat Cluster Suite 構築コンサルティング 1,260,000円〜
(税抜1,200,000円〜)
10月27日
クリティカルサービス 個別見積 10月27日
プロアクティブ24 個別見積 10月27日

<「JBoss Enterprise Middleware」の販売>
ミドルウェアもオープンソースを利用したいというお客様向けにオープンソースのWebアプリケーションサーバーであるJBoss Enterprise Application PlatformおよびJBoss Enterprise Web Server1.0をはじめとしたJBoss Enterprise Middlewareの販売を日本HPにて開始します。当初はRHELとの組み合わせによる販売となります。JBoss Enterprise Web ServerはJ2EE1.4準拠のJ2EEアプリケーションサーバーで、JBoss Enterprise Web Server1.0は企業向けウェブサーバのスタンダードパッケージです。JBoss Enterprise Web Server1.0のライセンスは無償で、テクニカルサポート、製品アップグレード、修正プログラムの提供を含む年額のサブスクリプション価格となります。RHEL 5に統合されたOpenJDKとJBossの組み合わせは、フルオープンソースのエンタープライズJava実行環境を提供可能となります。

製品名 希望小売価格 発売開始
JBoss Enterprise Application Platform オープン価格 10月27日
JBoss Enterprise Web Server1.0
(4CPUあたり)
312,900円(年額)
(税抜298,000円)
10月27日

レッドハット株式会社からのエンドースメント
レッドハット株式会社 代表取締役社長 廣川裕司様

レッドハットは日本ヒューレット・パッカード株式会社が本日発表した、Linux ソリューション強化策及びJavaミドルウェアであるJBoss Enterprise Middlewareの販売開始を心より歓迎致します。
厳しい経済環境の中で増加するLinuxおよびオープンソースを利用したシステム構築において日本HPが、システム管理の効率性とミッションクリティカルシステムレベルの信頼性を求め、その解としてRed Hat Enterprise LinuxおよびJBoss Enterprise Middlewareを基軸ITソフトウェアとして選択されたことは、たいへん喜ばしいことです。
これからもレッドハットは日本HPと協力し、市場の要求に適合したOSS製品を市場に投入し、OSSソリューションの拡大に努めて参ります。

今回の新製品および新ソリューションに関する情報は以下のURLを参照してください。
http://www.hp.com/jp/linux

日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡