Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年12月9日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

仮想化されたリソースプールを支える超スケールアウト型
ファイルサーバ製品を投入し、クラウド環境を推進

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、ペタバイトレベルの大容量データを効率的かつ経済的に管理でき、企業の成長に応じて容量とパフォーマンスを自在に拡張することができる企業向けハイエンドNAS製品「HP StorageWorks X9000 Network Storage System」を発表します。今回発表するのは以下の3製品で、本日から販売を開始します。

  • エンタープライズ向けNASゲートウェイ「HP StorageWorks X9300 Network Storage Gateway」(以下、HP X9300)
  • エンタープライズ向けNASアプライアンス「HP StorageWorks X9320 Network Storage System」(以下、HP X9320)
  • エンタープライズ向け大容量NASアプライアンス「HP StorageWorks X9720 Network Storage System」(以下、HP X9720)

近年、あらゆる規模の企業においてファイルベースの非構造型データが増加し、ファイルサーバの大規模化が進行しています。インターネットユーザが作成するデータや、映像・画像・音声などのコンテンツ、解析データなど様々なデータが生成され、ファイルサーバの拡張性の限界から様々な問題が顕在化しています。また、乱立してサイロ化したファイルサーバ全体の管理の複雑化も大きな課題になっております。こうした状況のなか、ストレージシステムを停止することなく、ビジネス状況に合わせて柔軟かつシームレスに容量とパフォーマンスを拡張できるNAS製品が求められています。

日本HPでは、このようなストレージに求められる環境も含め、激しく変化する経済環境に対応する次世代の統合ITインフラ「Converged Infrastructure Architecture」を提供しています。「HP StorageWorks X9300/X9320/X9720」は、「Converged Infrastructure Architecture」を構成する主要要素の一つである「仮想化されたストレージリソースプール」を具現化します。2009年8月に買収を完了したIBRIX社の、高性能並列ファイルシステム「IBRIX Fusion」を搭載し、拡張性のある最適なファイルサーバ環境を提供します。

<「HP StorageWorks X9000」シリーズ>
「HP StorageWorks X9000」シリーズは、複数の異なるタイプのアプライアンス製品を束ねて一つのクラスタファイルシステムを構成し、アプライアンス単位で容量と処理性能を追加、拡張できるスケールアウト型のファイルストレージです。業界標準のハードウェアを採用し、増設時には最新のハードウェアを利用したアプライアンス製品を追加可能です。HP X9000シリーズは、データの階層化管理機能や統合されたリモートレプリケーション機能(複製機能)、自動リバランシング機能など、ファイルサーバに必要な機能が標準装備されています。また、一つの管理画面による集中管理が可能です。X9000の主な特長は、以下の通りです。

・データの階層化管理機能
ファイルの鮮度や属性に基づいてポリシーを設定し、単一の論理空間の中でファイルを一つのストレージ階層から別の階層へ自動移行させるデータライフサイクル管理機能です。使用頻度の低いデータを高性能なストレージから低コストのストレージに簡単に移行することで、オペレーションコストを低減し、ストレージ全体の使用効率を最適化します。

・リモートレプリケーション機能
プライマリサイトから複数のリモートサイトへ継続的にデータの複製を提供するサイト間複製機能です。拠点における障害や災害時にも高速なリカバリーと高可用性を提供します。HP X9000独自のスケールアウト型アーキテクチャにより、データアクセスのないクラスタ内の全てのノードから並行してデータ転送を実施可能であるため、高速でコピーを実施し、時間を短縮できます。

・自動リバランシング機能
ストレージ間での動的なデータの再配置を行い、ストレージを停止することなく利用率を平準化する機能です。これによりストレージの負荷が特定ノードに集中することを回避し、ノード間の入出力の平準化を図り、ストレージ全体のパフォーマンスを改善させます。

・容易な拡張
システムを停止することなくノードとストレージを追加可能であるため、処理性能と容量のオンライン拡張が可能で、ファイルサーバ全体の可用性を向上させます。

<「HP X9300」の特長>
「HP X9300」は、ストレージエリアネットワーク(SAN)環境対応のゲートウェイ型ファイルサーバ製品です。最小2台のHP X9300をHPのSANストレージであるHP StorageWorks Modular Smart Array、HP StorageWorks Enterprise Virtual Array、HP P4000 SANと組み合わせてファイルサーバを構成します。接続方法はFC、SAS、iSCSIから選択可能です。

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP StorageWorks X9300 Network Storage Gateway
およびX9000管理サーバーパッケージ
6,174,000円〜
(税抜5,880,000円〜)
12月9日

<「HP X9320」の特長>
「HP X9320」は、スケールアウト型のファイルサーバアプライアンス製品で、X9300が2台とストレージがパッケージされているため、即時導入を考えているお客様向けです。パフォーマンス重視の場合には21.6TBのSASドライブ搭載の「HP X9320 Performance Model」、容量重視のケースには48TBのSATAドライブ搭載の「HP X9320 Capacity Model」が最適です。

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP StorageWorks X9320 Network Storage System
Capacity ModelおよびX9000管理サーバーパッケージ
18,879,000円〜
(税抜17,980,000円〜)
12月9日
HP StorageWorks X9320 Network Storage System
Performance ModelおよびX9000管理サーバーパッケージ
21,819,000円〜
(税抜 20,780,000円〜)
12月9日

<「HP X9720」の特長>
「HP X9720」は大容量のストレージを必要とする容量単価重視のお客様向けのファイルサーバアプライアンス製品です。2台のブレードサーバ、82TBのストレージを最小構成とし、X9000管理サーバとともに専用ラックにラッキングされています。2010年3月末までのキャンペーン価格で197円/GBから提供します。

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP StorageWorks X9720 Network Storage System一式*
(2010年3月末までのキャンペーン価格)
16,947,000円〜
(税抜16,140,000円〜)
12月下旬
* 最小構成。ストレージの物理容量は82TB。容量単価は197円/GB。

HP StorageWorksに関する情報は以下のURLを参照してください。
http://www.hp.com/jp/storage/

日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡