Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、1月13日(米国時間)に米国で発表されたリリースの日本語抄訳です。また、日本ヒューレット・パッカード株式会社とマイクロソフト株式会社の共同リリースです。重複して配信される場合がありますが、あらかじめご了承ください。

2010年1月14日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社

HPとマイクロソフトがシステム基盤からアプリケーションまで統合する
新ソリューションでテクノロジ環境を簡素化

- 世界最大のテクノロジ プロバイダーと、世界最大のソフトウェア企業が
業界で最も統合されたテクノロジでクラウド コンピューティングを推進 -

ヒューレット・パッカード カンパニー(本社:米国カリフォルニア州パロアルト)とマイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州レドモンド)は、米国時間1月13日(水)、あらゆる規模の企業におけるテクノロジ環境の大幅な簡素化に向け、今後3年間に2億5000万ドルの投資を行うことに合意しました。

  両社は、以下の特徴を備えた新たなソリューションを共同で提供する予定です。

  −システム基盤からアプリケーションまでを統合する次世代モデルをベースに構築

  −アプリケーション展開の迅速化によるクラウドコンピューティングの推進

  −既存のシステムの複雑さを解消し、マニュアル作業を自動化することでIT全体のコスト削減

本日発表された両社の合意は、システム基盤からアプリケーションまでを網羅する、現在の業界で最も包括的なテクノロジの統合を目的としており、両社は本合意に基づき、ITシステムの開発や展開、管理におけるカスタマーエクスペリエンスを大幅に改善することを目指します。

両社は、今回の戦略的な合意により、データ管理、統合されパッケージ化されたアプリケーション、包括的仮想化ソリューションおよび統合管理ソリューションの開発ロードマップ作成に向け共同で取り組みます。今回の取り組みにより実現されるダイナミックなITソリューションは、業界最大の営業、販売パートナーネットワークを通じてお客様に提供され、以下のような利点をもたらします。

  • 高度に自動化されかつ自己管理された環境において、サーバー、ストレージ、ネットワークおよびアプリケーションなどのリソースをシームレスに統一することにより、ビジネス ニーズの変化への柔軟な対応が可能となり、結果としてビジネス効率の向上をはかることができます。

  • 最適化されたシステムの提供により、Microsoft® Exchange ServerやMicrosoft SQL Server®など業界で利用されている、有力な企業向けアプリケーションのパフォーマンス、信頼性、そして可用性を向上させることができます。これらは、すぐに利用可能な、予め統合されたサーバー、ストレージ、ネットワークおよびアプリケーションパッケージによって実現されます。これらのデータ管理、電子メールアプリケーションは、「プッシュボタン」を押すようなシンプルな環境を開発および管理において提供します。

  • テクノロジ環境の自動展開や自動管理、および連続的な自己調整を可能にする、テクノロジ環境を可能にする統合された相互運用可能な仮想化および管理ツールにより、運用環境の強化をはかることができます。また、HP Insight Software、HP Business Technology OptimizationソフトウェアならびにMicrosoft Hyper-V™を含むMicrosoft System Centerの統合により、システム基盤からアプリケーションまでの監視に加え、アプリケーション開発の自動化を実現する統一された管理環境をエンタープライズのお客様に提供します。また、この運用ソフトウェアの統合は、異機種混在のデータセンター環境の相互運用性を確保するとともに、電源およびパフォーマンスの最適化も実現します。

  • 投資の保護や、TCO(総所有コスト)の削減が可能となるため、お客様は安心してステムを展開することができます。両社の協力により実現されるソリューションは、業界標準をベースにするとともに、データセンターにおける既存投資の有効活用、ならびに共通フレームワークによる全システムの管理を念頭において設計されます。こうした手法を採ることで、お客様の要望に応じてプライベートあるいはパブリッククラウドモデルの統合が可能になります。さらにHPとマイクロソフトは、Microsoft Windows® Azure®上で提供する両社のサービスで協調するとともに、マイクロソフトはWindows Azureシステム基盤向けHPハードウェアへの投資を継続します。

HPの会長兼最高経営責任者であるマーク ハード(Mark Hurd)は、「“革新”が競争優位性をもたらします。今回のHPとマイクロソフトの協業によりコストを削減し、ビジネスの成長を生み出し、革新を加速する柔軟なテクノロジ環境をお客様に提供できるようになります。」と述べています。

今回の提携を通して、両社により開発されるシステム基盤からアプリケーションまでを統合する新しいモデルは、異機種混在環境の大規模データセンター向けのソリューションとして提供されるだけでなく、中堅、中小規模企業向けのソリューションとしても提供されます。これらのソリューションは、今後3年間にわたり新たなオファリングの提供に併せて利用可能となる予定です。

マイクロソフトの最高経営責任者であるスティーブ バルマー(Steve Ballmer)は、「ハードウェアからソフトウェア、サービスにわたる今回の合意により、企業のお客様は、最低限のTCOで非常に簡単にシステムを最適化することが可能です。今回の提携は、大手企業における顧客サービスの提供手法に変革をもたらすとともに、ITの採用を通じて自社ビジネスの成長をはかろうとする小規模企業の支援にもつながります。マイクロソフトとHPの目標は、相互信頼にもとづく協力関係の下で、IT投資の投機的側面を解消できる仕組みを開発し、お客様に提供することです」

両社と協力関係にあるフロントラインチャネル パートナーのビジネス チャンスを拡大
両社は、今回の提携強化を通して、協力関係にある3万2,000社のフロントラインチャネル パートナーのビジネス チャンスを拡大するため、パートナー企業向けのグローバルでの投資をこれまでの10倍に増やす方針です。パートナー企業は、システム基盤からアプリケーションまでを網羅するソフトウェアとハードウェアを組み合わせたパッケージやサービスの提供を通してお客様のIT環境を最新化します。今回の提携により、以下のような支援策がパートナー企業に提供されます。

  • Smart Bundlesプログラムなど、必要なものが全て含まれたパッケージのほか、アプリケーションのアドオンやサービス販売の機会につながる新たなオファリングが提供されます。これによりパートナー企業は、販売サイクルの簡素化や短縮が可能となり、より短期間で売り上げを計上できるようになります。

  • HP Financial Servicesを通じて、お客様が柔軟な資金調達ができるオプションを提供します。これにより、テクノロジ ソリューションの利用や入手が容易になり、お客様のソリューション導入を支援することができます。

  • プリセールスや幅広いパートナー教育に焦点を当てたリソースの提供など、営業向けのサポートを強化します。

  • 全世界で展開するマーケティング キャンペーン、見込み顧客獲得プログラム、ならびに販売ツールの提供など、両社の共同出資によるパートナー サポートプログラムをwww.hpmspartners.comを通して実施します。

HP Professional ServicesおよびMicrosoft Servicesを通じた顧客支援の推進
両社がこれまで提供してきた総合的なサービス ポートフォリオには、今回の提携を通じて開発されたソリューション向けの、新たなデザイン サービス、導入サービスならびにサポート サービスが加わることになります。これによりお客様の投資回収時期はさらに早まり、IT投資のビジネス価値も一層高まります。具体的には、HP Serviceのマイクロソフトの認定を取得した世界中の専門技術者11,000人が、Microsoft Servicesとのパートナーシップを通じて、簡単な導入から最重要レベルのシステム基盤構築までを含むあらゆる場面において、ハードウェアとソフトウェアが統合化されたソリューションの全体を網羅するサービスを提供します。その内容は以下の通りです。

  • 戦略ワークショップの開催など、ROIやビジネス価値の向上に主眼を置いたサービスを提供します。そのほか、システム設計、パイロットシステムの構築、大規模な展開、サーバーの仮想化や管理ソリューションについてのサポート、クライアントの仮想化、そしてクラウド コンピューティングなどについてのサービスも提供します。さらにあらかじめ設定された固定価格のMicrosoft Exchange Serverのアップグレード、マイグレーションサービスも提供します。

  • 大規模オンライントランザクションシステムのアプリケーションモダナイゼーションサービス

  • アプリケーション価値の顕在化を早めるカスタマイズされたビジネスインテリジェンスソリューション

  • 業務用の完全アウトソース化された、または、クラウド経由でのテクノロジ実装を目指すお客様の支援
以上

日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡