Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

HPがモバイルシーンにおすすめする
Microsoft® Windows® XP Tablet PC Edition

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2002年11月7日

Windows XP Tablet PC Edition対応製品

3つのフォームファクタで利用できるCompaq Tablet PC TC1000を発表

−HPの先進テクノロジを凝集したモバイルPCの進化型を具現化 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:高柳 肇)は、「Windows XP Tablet PC Edition」に対応したTablet PC製品「Compaq Tablet PC TC1000」を発表します。新生日本HPの先進テクノロジを凝集した「Compaq Tablet PC TC1000」は1台でピュアタブレット、ノート、デスクトップの3つのフォームファクタでフレキシブルに利用できる"トランスフォーム型"を採用、高精度の手書き入力・認識機能と合わせ、モバイルPCの進化型としてこれまでにない新しい使い方ができる革新的なPC製品です。価格は219,000円、12月中旬から出荷を開始します。また出荷に先駆け明日午後よりhp directplusコールセンター(電話:03-6416-6777)にて先行予約を開始します。なお、今後日本HPのTablet PC製品は「Compaq Tablet PC」ブランドで発売していきます。

<新しいソリューション・ビジネスユースを創出するCompaq Tablet PC>

  高機能・拡張性をそのままにより携帯性を高める―Compaq Tablet PCの基本コンセプトはここからスタートしました。コミュニケーション相手との壁にならないディスプレイ、キーボードを使わない手書き入力、無線ネットワークへの対応、ノートPCそのままの機能・拡張性などさまざまな方面からのリクエストを取り入れ、モバイルPCの進化型として具現化したのがCompaq Tablet PCです。たとえば会議中、タイピングノイズを出すことなく片手だけで操作・入力が可能です。実際の紙にメモを残すように手書きでメモをとったり図を書き入れたり、メモを無線ネットワークで送受信できます。自分のデスクに戻ったらマルチディスプレイ機能を使ってメインモニタとは別にメールやスケジュール専用画面に設定することも可能です。また外出先での営業、倉庫や病院や宅配業者など立ったままでの作業が多い業務、電話を頻繁に使うコールセンターやテレマーケティングなどの特定業種まで、従来にはない新しいソリューションを提供し、ビジネスユースを創出します。

<3つのフォームファクタでフレキシブルに対応する"トランスフォーム型">

  Compaq Tablet PC TC1000はオプションのドッキングステーションとの組み合わせによってノート、デスクトップ、タブレットの3つのフォームファクタに対応しています。ノートスタイルでは取り外し可能なキーボードとの組み合わせにより、ディスプレイの向きを自由に可動することができます。マルチベイドライブやLANポート、4つのUSB2.0ポートを備えたドッキングステーションを装着するデスクトップスタイルでは、縦長のポートレート表示と横長のランドスケープ表示のどちらにも対応、フレキシブルな使い方が可能です。本体にはアップとダウン、Enterの3ファンクションのジョグダイヤルや、ペンタッチで各種機能へアクセスできるソフトウェア「Qメニュー」なども装備されており、タブレットスタイルでの専用スタイラスペン以外でのオペレーションにも対応しています。

<従来のWindows資産をそのまま活用>

  Windows XP Tablet PC Editionは従来のWindows XP Professionalと完全な互換性を確保しています。そのためWindows XP Tablet PC Editionに対応したCompaq Tablet PC TC1000は従来のWindows資産をそのまま活用したり、B5ノートとして使用することが可能で導入時のリスクを最小に抑えられます。

<独自技術でスムーズな書き心地を実現>

  Compaq Tablet PC TC1000はスムーズに手書き入力ができるようパネルとペンの両方に独自技術を採用しています。10.4インチのXGA液晶パネルには日常的な手書き・モバイル用途に耐えるようハードカバーガラスを採用、耐衝撃性に優れ傷が付きにくいうえ清掃も容易です。また高視野角を確保するためのワイドビューフィルムやパネル面を均一平面に保つためのコーティング処理も行っています。専用の電磁誘導スタイラスペン及びデジタイザの組み合わせは毎秒133回のサンプリング、XGA領域を8,417×6,313ポイントに分割する高解像度を実現しています。これらの技術と高精度の手書き入力・認識機能により、紙にペンで書くような自然な感覚でペン入力することができます。

<モバイル環境を支える基本テクノロジ>

  標準でIEEE802.11b対応の無線LANを内蔵、2つのアンテナを使うダイバシティ方式により常に安定した受信状態を確保できます。またPCカードやCFスロットを使ってBluetoothやPHSなどにも対応可能。Tablet PCの機動性をさらに活かすことができます。
トランスメタ社のCrusoeプロセッサをはじめて採用、トランスメタ社としてははじめてのギガヘルツの動作周波数による高速性と低消費電力・静音性・低熱性を両立させました。
バッテリは3.6Ahの大容量リチウムイオンバッテリを搭載、プライマリバッテリで4時間以上のバッテリ持続時間を実現しました。また、別売の交換用バッテリとの交換がスタンドバイモードでも可能なブリッジバッテリ機能に対応しました。
更に、薄さ20mm、1.4kgと軽量性も追及、モバイル環境での自由度を高めました。
一方で、メモリは標準256MB・最大768MB、グラフィックスコントローラにnVIDIA GeForce 2Go VRAM 16MBを搭載、将来に渡って高いパフォーマンスで使いつづけられる拡張性と、モバイル環境においても2次元CADや動画などをストレスなく駆動させるパフォーマンスを提供します。

<ターゲット顧客と販売チャネル>

  弊社では一般オフィスにおけるB5サイズノートPCの置き換え的な需要、これまで既存のノートPCやハンドヘルドPCでは対応できなかった特定業界での新たなソリューションの立ち上げの2つに注力します。ソリューションの提供にあたっては、SIベンダやソフトウェアベンダと協調して市場開拓していく予定です。これらのソリューションは販売店を通じた間接販売と直接販売を通じて提供していきます。
また、ITリテラシーの高いパワーユーザ及び小規模のビジネスコンシューマにはhp directplusおよび、directplus製品を取り扱う各種店舗で展開していきます。なおhp directplusによる先行受注開始にあわせて、BBショップ渋谷店において、今週末よりデモ機の展示を行います。

<Compaq Tablet PCの主な仕様>

 
モデル名 主な仕様 OS 価格

Compaq
Tablet PC TC1000

Transmeta Crusoe TM5800 1GHz、
256MB(最大768MB)、30GB HDD、
10.4インチTFT XGA、
nVIDIA GeForce2 Go 16MB
PCカード Type II×1、CFスロット、
USB2.0×2、VGA、モデム、LAN、
ヘッドホン出力、マイク入力、
IEEE802.11b無線LAN、ステレオスピーカ、
ヘッドセット出入力 216×274×20o / 約1.4kg
(キーボードを除く)
Windows XP®
Tablet PC Edition
219,000円
● 同梱品……本体、専用キーボード、ACアダプタ、バッテリ、ペン、交換用ペン先、モデムケーブル、スクリーンカバー、専用ホルダ、追加用ポインティングキャップ、クイックセットアップポスター、ドキュメント、ヘッドセット

■ Compaq Tablet PCに関する製品情報は以下のURLを参照してください。

  http://www.hp.com/jp/tabletpc/

■ プレスルーム

  (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中記載の社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先:

 
hp directplusコールセンター   TEL:03-6416-6777
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/directplus/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡