Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年7月1日
最新Itanium®2 プロセッサ搭載64ビット・ワークステーション

「HP Workstation zx6000シリーズ」新モデル発表

− プロセッサ・アップグレードによる大幅な性能向上を価格据え置きで提供 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、64ビット・ワークステーション「HP Workstation zx6000 (ワークステーション ゼットエックス6000)シリーズ」に最新のインテル® Itanium®(アイテニアム)2 プロセッサ搭載モデルを追加することを発表します。
HP Workstation zx6000は、Itanium 2 プロセッサをシングルまたはデュアルで搭載可能な64ビット・ワークステーションです。CAE、シミュレーション、解析などのHPTC(ハイパフォーマンス・テクニカルコンピューティング)分野をはじめ、研究開発、設計製造などの幅広い分野で高いパフォーマンスを発揮します。HP-UX、LinuxおよびWindows® の3種類のOSをサポートしているため、HP-UXを利用するPA-RISCワークステーションからの移行や、32ビット版Windows、Linuxワークステーションからのアップグレードにも柔軟に対応することができます。さらに、PA-RISCとItanium 2アーキテクチャ間での互換性を維持しているため、既存のPA-RISC上の投資を保護します。
日本HPでは、プロセッサのアップグレードによる大幅な性能向上を実現した新モデルを従来プロセッサ搭載モデルと同価格で提供します。全てCTO(注文仕様生産)モデルで、7月1日より受注開始、7月中旬より順次出荷を開始します。

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP Workstation zx6000 1,547,000円〜 7月中旬より

<1.5GHzのItanium 2搭載により最高のパフォーマンスを達成>

 

インテル Itanium プロセッサは、インテル社とHPが共同開発した64ビット・マイクロプロセッサです。今回zx6000に新たに採用されるItanium 2 プロセッサは、Itanium プロセッサ・ファミリの第3世代で動作周波数は1.5GHzおよび1.3GHzとなります。Itanium 2 プロセッサ1.5GHzは、従来のItanium 2とソケット互換性を持ちながら、従来のItanium 2 プロセッサ 1GHzに比べ、クロック周波数を1.5倍に向上させるとともに、3次キャッシュを従来の3MBから6MBに増強させています。
この最新のItanium 2 プロセッサとHPの開発したHP zx1チップセットの組み合わせにより78ナノセコンドのメモリレイテンシ、6.4GB/秒のシステム・バス帯域幅、8.5GB/秒のメモリバンド幅を実現し、浮動小数点演算能力、整数演算能力を大幅に向上しています。これにより1.5GHzのItanium 2では1GHzに比べ1.5倍以上の性能向上を実現すると期待されています。
zx6000は、ハイエンドCAEや科学技術計算、構造解析、流体解析、分子解析などハイパフォーマンスを求める全てのエンジニアリング業務に最適です。

<価格据え置きにより価格性能比を大幅に向上>

  Itanium 2 1.5GHzを搭載する「HP Workstation zx6000」は従来の1GHz搭載モデルと同価格とし、1.3GHz搭載モデルも、従来の900MHzモデルと同じ価格設定としました。プロセッサのアップグレードによる大幅な性能向上を実現した新モデルの価格を、従来プロセッサ搭載モデルと同等の価格とすることにより、日本HPはお客様により価格性能比の高いワークステーションを提供します。

<クラスタリングからオフィスユースまで幅広い用途に対応>

  「HP Workstation zx6000」は、設置場所に応じて、スリムタワー構成、2Uサイズのラック構成のいずれかを選択可能です。スリムタワー構成でのデスクサイド設置を考慮し低騒音のファンを採用しています。ラック構成では、2mラックに最大20台収容でき、スペースを有効に活用できます。シングルシステムでのワークステーションとしての利用はもちろん、クラスタリングによりスーパーコンピュータ並みの大規模解析業務に対応可能です。
そのほか、スリムタイプの筐体でありながら、12スロットのメモリソケット採用により最大24GBの大容量メモリを実現したほか、PCI-Xスロットを3基搭載することで優れた拡張性を提供しています。
また、完全国内生産により、注文から5営業日の短期納品を実現しています。

<3OSサポートと2D/3Dグラフィックス搭載で最適な構成を選択>

  「HP Workstation zx6000」は、HP-UX 11i Ver.2.0、RedHat Linux Advanced WorkstationおよびMicrosoft Windows XP 64bit Edition Version2003の3種類のOSをサポートしています。例えば、解析用のCAEアプリケーションをHP-UXで動作、レポート作成用のオフィスツールをWindowsで利用と言ったように一台のワークステーションを複数のOSで動作させて用途に応じて使いまわしすることも可能です。
グラフィックス機能では、ATI FIRE GL™ X1、Z1の最新AGPグラフィックスをサポートしているほか、ATI RADEON™ 7000、NVIDIA Quadro®4 980XGLをラインアップに揃え、お客様に最適な2D/3Dグラフィックス性能を提供します。

<HP Workstation zx6000シリーズの主な構成例>

 

製品名:HP Workstation zx6000 CTOモデル

■ 構成例

 

CADに最適なモデルの例

  Itanium 2 プロセッサ 1.5GHz シングルCPU構成、36GB SCSI HDD、1GBメモリ、RADEON 7000グラフィックス、DVD-ROMドライブ、10/100/1000BT LAN、タワー筐体、HP-UX 11i TCOEプリインストール
価格: 2,174,000円

 

CAEに最適なモデルの例

  Itanium 2 プロセッサ 1.5GHz デュアルCPU構成、73GB SCSI HDD、2GBメモリ、FIRE GL X1グラフィックス、DVD-ROMドライブ、10/100/1000BT LAN、タワー筐体、HP-UX 11i TCOEプリインストール
価格: 3,974,000円

 

リーズナブルな1.3GHzモデルの例

  Itanium 2 プロセッサ 1.3GHz デュアルCPU構成、36GB SCSI HDD、1GBメモリ、RADEON 7000グラフィックス、DVD-ROMドライブ、10/100/1000BT LAN、タワー筐体、RedHat Linuxプリインストール
価格: 2,457,000円

■ 添付資料

     「HP Workstation zx6000」スペック一覧表 ( PDF:15kb ) *

■HP Workstationに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/workstation/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
ホームページ :   http://www.hp.com/jp/directplus/


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡