Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは日本ヒューレット・パッカード株式会社と松下電工インフォメーションシステムズ株式会社の共同リリースです。両社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承下さい。

2005年6月30日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
松下電工インフォメーションシステムズ株式会社

日本HPと松下電工IS、シンクライアントソリューション事業で提携

- シンクライアントの市場拡大とシェア増大を目指す -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)と松下電工インフォメーションシステムズ株式会社(略称:松下電工IS、本社:大阪市北区、社長:河村 雄良)は、セキュリティと運用管理コスト削減という2つのニーズを背景に、今後急成長が期待されるシンクライアント分野における積極的な市場開拓と、同市場におけるシェア拡大を目指し、シンクライアントソリューション事業で提携していきます。
両社は今後、シンクライアントソリューション事業でのシステム販売について協力体制を構築、松下電工ISが重点事業として展開しているシンクライアントソリューション事業に対し、日本HPがクライアントハードウェア「HP Compaq t5710シリーズ」をはじめ、アプリケーションサーバやネットワークストレージなどのハードウェアコンポーネントを供給し、付加価値の高いサーバベースドコンピューティング構築を行ないます。
また、松下電工ISは、シンクライアントソリューションにおける日本HPの戦略的パートナーに位置づけられ、販売活動における協業にとどまらず、日本向け製品についての製品開発部門へのフィードバックや共同技術検証など、幅広い分野でパートナーシップを構築していく予定です。

昨今、企業からの情報漏洩が大きな社会問題となっています。それに伴い、2005年4月からは個人情報保護法も完全施行となり、組織は自らが持つ個人情報の厳格な管理責任を負うこととなります。情報漏洩の原因として考えられるものは、外部からの不正アクセスよりもむしろ内部からによることの方が多いともいわれており、組織内の個人のモラルに依存しない情報漏洩対策が必要となっています。

上記の理由から端末側にデータを保存しないシンクライアントが注目されており、今後のシンクライアントソリューション事業の継続的な事業拡大が期待されています。この状況に鑑み、日本HPはt5710 Thin Clientを中心にシンクライアント分野での拡販推進、松下電工ISとの戦略的パートナーシップの元で、高付加価値のシステム提案、サポート環境の整備を行ないます。

松下電工ISは、WBT (*1) に始まるシンクライアント専用機器を使ったインテグレータの先駆者としての豊富な経験とノウハウを生かし、日本HPが供給するWindows XP Embeddedをプラットフォームとした次世代シンクライアントを、得意とする製造業、自治体のセキュリティ端末として投入し、シンクライアント事業全体で2006年3月期に40億円の販売を目指します。日本HPと提携することでサーバやストレージを含めた、トータルソリューションとしてサーバベースドコンピューティング環境を構築することができ、付加価値の高いシステムを販売することができます。

(*1) WBT: Windows Based Terminal

日本HPと松下電工ISの両社は、今回の事業提携により、より多くのお客様の要望に更にきめ細かく迅速に対応する体制を確立します。日本HPはハードウェア製品などインフラストラクチャの販売サポートを強化し、共同マーケティング、コンピテンスセンター設置、人材開発の支援を行ないます。松下電工ISは、豊富なシンクライアントソリューションの納入実績とノウハウを活用してお客様へのソリューション提案とシンクライアントシステム構築を行います。今回の提携により、日本HPにとってはHP製品のシェア拡大、また松下電工ISにとってはシンクライアント関連技術力とソリューション開発力の更なる向上が期待できます。

ヒューレット・パッカード カンパニー ビジネスPCマーケティング担当バイスプレジデント  ジェフ・グローダンは、以下のように述べています。

HPのデスクトップPC製品の事業部を代表して、シンクライアントソリューションビジネスにおける今回の松下電工ISと日本HPのストラテジックパートナーシップ発表を心より歓迎します。
松下電工ISが提供するクライアントソリューションの一部として、世界に認められた私どもHPのシンクライアントとその関連製品が日本のお客様に提供されることは日本HPのクライアントビジネスにとって、この上ない機会をもたらすものであると確信します。
松下電工ISは、HPにとって単なるセールスパートナーではなく、今後中長期的な視点から、ユーザーニーズの次期製品へ反映、また日本市場に向けた製品作りに関するアドバイザー機能をもつマーケティングパートナーでもあります。
シンクライアントソリューション技術に精通していることはもちろん、日本市場における長い経験を持つ松下電工ISのシステム構築のノウハウは、これから日本におけるシンクライアントビジネスを立ち上げていくHPにとっても大きな力になると期待しています。

■ 日本HPについて

 

HPはコンシューマ、企業、各種機関等に世界規模でサービスを提供するテクノロジー・ソリューション・プロバイダとして、ITインフラストラクチャ、グローバル・サービスからPC、PDA、プリンタまで幅広い製品、サービスを提供しています。2005年4月締めの年間売上高は833億ドルでした。 HP (NYSE, Nasdaq: HPQ) についての情報は http://www.hp.com/ 米国のサイトへをご覧ください。
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。詳細は http://www.hp.com/jp/

■ 松下電工ISについて

 

松下電工インフォメーションシステムズは、1999年2月に松下電工の情報システム部門が独立した会社です。コンピュータ専用ビル(IDC)と東京・中部・大阪を結ぶ高速ネットワークを核とした2,000ヶ所以上を結ぶ国内ネットワークを保有しています。このインフラ基盤と長年培った情報システムやネットワークの構築・運用の豊富な経験・ノウハウを強みとして、大規模システムから、パッケージソフトにいたるまで幅広いお客様ニーズにお応えしています。シンクライアントには会社設立当初から重点事業のひとつとして取り組んでおり、多種多様なお客様への豊富な実績とノウハウが強みです。
(URL: http://www.naisis.co.jp/

■ 日本HP シンクライアントに関する製品情報は以下のURLから参照できます。
     http://h50146.www5.hp.com/products/desktops/t5710/

■ 松下電工ISシンクライアントソリューションに関する情報は以下のURLから参照できます。
     http://www.naisis.co.jp/product/201/index.html

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡