Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年9月28日

世界最速 *1 のフォト印刷スピードを実現したオールインワン・フォトプリンタなど
10機種発売

- インクを無駄にしない新技術を採用、圧倒的な価格対性能比を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、世界最速 (*1) のフォト印刷スピードを実現したオールインワン・フォトプリンタ「HP Photosmart 3310 All-in-One(エイチピー フォトスマート3310 オールインワン)」ほか、インクジェットプリンタの新製品全10機種を9月28日より順次発売します。家庭での写真プリントや、SOHO、中小・中堅企業における普通紙高速プリントなど、様々なニーズに対応する豊富な製品ラインアップを提供します。

ラインアップ上位モデルには、5年の歳月と1,500億円の開発費を投入したHP独自の「SPT(スケーラブル・プリンティング・テクノロジー)」を搭載しました。インクヘッドの多ノズル化、高密度化、インクドロップの高速化などにより、L判フォトプリント1枚約12秒 (*2) という世界最速のフォト印刷スピードを実現しています。さらに、ヘッドとプリントカートリッジを分離したシステムを採用。自動メンテナンスにおいて発生する、廃インクタンクへのインクの吐出を極少化させる新気泡管理技術と併せ、プリンタの効率的な運用を可能にしました。また、HP Viveraインクにより、画質と耐光性に優れています。

なお、新製品は、新販売戦略により従来同等製品に比べ約20〜30%低価格化を図り、画期的な価格対性能比を提供します。

今回発売される製品と価格は以下の通りです。

<コンシューマ向けフォトプリンタ>

 

■ オールインワン・フォトプリンタ (9月28日発売)

製品名 HP Directplus価格
HP Photosmart 3310 All-in-One * 42,840円 (税抜 40,800円)
HP Photosmart 3210 All-in-One * 25,830円 (税抜 24,600円)
HP Photosmart 2575 All-in-One 16,800円 (税抜 16,000円)

■ A4フォトプリンタ (9月28日発売)

製品名 HP Directplus価格
HP Photosmart 8230 * 16,800円 (税抜 16,000円)
HP Photosmart 7830 9,870円 (税抜9,400円)

■ コンパクト・フォトプリンタ (9月28日発売)

製品名 HP Directplus価格
HP Photosmart 475 24,990円 (税抜 23,800円)
HP Photosmart 385 19,950円 (税抜 19,000円)

<SOHO/中小・中堅企業向けビジネスプリンタ>

 

■ A4インクジェット・ビジネスプリンタ(10月上旬発売予定)

製品名 HP Directplus価格
HP Officejet Pro K550dtn * 24,990円 (税抜 23,800円)
HP Officejet Pro K550 * 17,850円 (税抜 17,000円)

■ A4モバイルプリンタ (10月中旬発売予定)

製品名 HP Directplus価格
HP Deskjet 460c 19,950円 (税抜 19,000円)
* SPT搭載、ヘッド・カートリッジ分離型製品

新製品の主な特長は以下の通りです。

【コンシューマ向けプリンタ7機種】

 

<世界最速オールインワン・プリンタPS3310/3210と多機能なPS2575>

 

HP Photosmart(以下PS)3310/3210は、新テクノロジSPTを採用し世界最速のフォトプリントと、フォトラボ品質の出力を実現しました。HP Viveraインクにより、90年以上の写真耐光性 (*3) と200年以上のアルバム保存性 (*4) を有しています。両機種ともフィルムスキャン機能やネットワーク機能(PS3310は無線LAN対応)を装備しています。さらにPS3310は3.6インチQVGA対応の高精細大型カラー液晶を搭載し、操作性を高めています。また、6色インク対応(別売)のPS2575はネットワーク機能内蔵、2.5型カラー液晶搭載などコンパクトなボディに多機能を凝縮しています。HP Viveraインクにより、100年以上の写真耐光性と200年以上のアルバム保存性を実現しています。

<世界最速の単機能フォトプリンタPS8230と1万円を切るPS7830>

 

A4フォトプリンタPS8230はSPT搭載で、ハイエンドのフォト画質と世界最速プリントを実現しました。1万円を切る価格を実現したフォトプリンタPS7830は6色/4色インク同梱で写真も文書も美しくプリント可能です。HP Viveraインクにより、PS8230は90年以上、PS7830は100年以上の写真耐光性、また両製品とも200年以上のアルバム保存性を実現しています。

<ハードディスク内蔵など機能満載のPS475と軽量コンパクトなPS385>

 

2L判までプリント可能なコンパクトフォトプリンタPS475は、1.5 GBのハードディスクを内蔵しているため1000枚以上の写真保存が可能です。また、TV用の接続ケーブルとリモコンが付属しているため、リビングルームでくつろぎながら編集、フォトプリントを楽しめます。L判プリント対応のPS385は2.5 の大型カラー液晶を採用。1.2kgの軽量ボディで、持ち運びにも便利な簡単フォトプリンタです。HP Viveraインクにより、共に80年以上の写真耐光性と200年以上のアルバム保存性を実現しています。

【SOHO/中小・中堅企業向けビジネスプリンタ3機種】

 

<世界最速 (*5) ビジネスプリンタHP Officejet Pro K550/K550dtn>

 

SPT搭載で、レーザープリンタを凌ぐA4モノクロ最高37枚/分、A4カラー最高33枚/分の印刷スピードを実現しました。4色独立の大容量インクでA4モノクロ1枚あたり1.9円(税込)、A4カラー1枚あたり9.5円(税込)というレーザープリンタを約40%下回る (*6) 低ランニングコストで印刷が可能です。K550dtnは自動両面印刷機能、350枚の増設用紙トレイ、ネットワーク機能を標準装備します。ビジネス用途に最適な7,500枚/月の高耐久設計です。

<高速かつ低コストを実現したモバイルプリンタ HP Deskjet 460c>

 

軽量・コンパクトのモバイルプリンタとして2万円を切る価格を実現。限られたスペースへの設置や外出先でのプリントに最適です。1プリントカートリッジあたりA4モノクロ約450枚のプリントが可能で、インク交換による手間とランニングコストを低減します。また、突然のインク切れでも、片方のカートリッジだけで印刷できるインクバックアップ印刷機能を搭載。外出時など、すぐにインクが手に入らない場合もプリントを継続できます。1回の充電で約450枚印刷可能(目安)なバッテリーが標準で同梱された460cbも発売予定です(HP Directplus予定価格: 24,780円 (税抜 23,600円))。

【サプライ品】

 

新開発の染料インクVivera(ビベラ)とHPアドバンスフォト用紙

 

新テクノロジ、SPT用に開発された新6色Viveraインクを採用し、フォトラボ品質の出力を実現しました。黒インクも写真・文字印刷両用の染料インクを採用、写真印刷における滑らかな階調の黒と、テキスト印刷でもシャープでキレのある黒を同時に生成します。新システム用に発売される、速乾性および耐水性の高い新多孔質フォトペーパー「HPアドバンスフォト用紙」と併用する事で、フォトラボ品質のプリントが可能です。

L判1枚19円〜という低ランニングコストを実現するフォトバリューパック

 

L判1枚19円(税込、用紙代含)の低ランニングコストを実現した「フォトパック・6色177シリーズ(HP177シリーズ全6色+HPアドバンスフォト用紙L判200枚、税込価格3,885円)」をはじめ、フォトプリントに最適な、プリントカートリッジとフォト用紙がセットになったフォトバリューパック計3種を10月4日から発売します。

【SPT(スケーラブル・プリンティング・テクノロジー)について】
SPT(スケーラブル・プリンティング・テクノロジー)は、5年の歳月と1,500億円を投じて開発されたHP独自のプラットフォームです。この新技術により印刷スピード、経済性、そしてプリント品質の向上を実現しました。

 

多ノズル、高密度、高速ドロップのプリントヘッドで高速プリントを実現

 

従来機搭載のプリントヘッドに比べ、ノズル数を約3倍に、ノズル密度を2倍に、1ノズルからの毎秒のドロップ数を最大で約1.5倍に向上しました。これにより高速な印刷が可能となりました。

新開発の独立インク供給システムとインクを無駄にしない気泡管理技術を採用

 

PS3310/3210/8230ではプリントヘッドと6色の独立インクカートリッジをインクチューブで結んだ、新開発の独立インク供給システムを採用しました。これまで、インクジェットプリンタにおいては、インクの吐出不良の原因となる気泡を効率的に排除することが、技術的課題となっていました。HP独自の独立インク供給システムでは、インクを気泡と共に廃インクタンクに排出することなく、気泡とインクを分離してインクをプリントにリサイクル利用することが可能なので、インクを効率的に使用することができます。

【新販売戦略について】
HPのPCビジネスを牽引するeコマースモデルをインクジェットプリンタにも適用、従来同等製品に比べ、20〜30%の低価格を実現します。

 

プリンタ製品専用「HP Directplus エクスプレスサービス」を開設

 

プリンタ製品をよりいっそう便利に購入できるサービス「HP Directplus エクスプレスサービス」を10月9日より開始します。「HP Directplus エクスプレスサービス」では、「HP Directplusオンラインストア」をベースに、さらに個人向けに利便性を高めたサービスを提供します。受注後、翌営業日に配送するスピード納品 (*7) や、クレジットカードに加えて代引きでの決済も可能にするなど、個人のお客様に適したビジネスモデルとして展開します。

「HPインクジェットプリンタ お試しキャンペーン」を実施

 

本日より2005年12月27日まで、拡販キャンペーン「HPインクジェットプリンタ お試しキャンペーン」を実施します。キャンペーン期間中に、新製品をはじめとする対象プリンタを購入されたお客様が製品性能に満足できなかった場合、購入から30日以内であれば返品を受け付け、対象製品の購入代金を返金します。HPインクジェットプリンタ製品の購入経験のないお客様やオンラインでの購入経験の少ないお客様も安心して購入できます。同時に「HP 新製品発売記念!101台モニタープレゼント・キャンペーン」を実施いたします。キャンペーン詳細については添付資料をご参照ください。

*1: PCから、最速モードおよび、デフォルトモードによる出力。2005年9月27日時点で発売されている同等コンシューマ向けフォトプリント製品において。日本HP調べ。
*2: Photosmart 3310/3210/8230において。L判写真をPCから最速モードで連続出力する際の、1枚目が排紙されてから2枚目が排紙されるまでの時間。
*3: 写真耐光性年数は全て独立系調査機関Wilhelm Imaging Research調べ。HPプレミアムプラスフォト用紙との組み合わせ。ガラスフレーム下に置いた、写真耐光性加速試験による。
*4: HP調べ。
*5: 500米ドル以下クラスのカラーレーザーならびにインクジェットプリンタとのカラー印刷速度の仕様比較(最速モード時)において。2005年9月27日時点。日本HP調べ。
*6: 10万円以下クラスの他社カラーレーザープリンタ2製品の平均ランニングコストとの比較による。
*7: 祝日を除く月曜から金曜の18時までに受注の場合。九州、中四国、北海道、離島への配送を除く。

■ 添付資料

 
新製品仕様一覧表 ( PDF:296kb )
アクセサリ、サプライ品一覧 ( PDF:82kb )
キャンペーン概要 ( PDF:102kb )

■HP インクジェットプリンタに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/inkjet/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡