Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年3月2日

デスクトップPCのハードディスク非搭載モデル2機種

- クライアントPCの高い生産性や、アプリケーション、周辺機器などの既存
資産をそのまま利用しながら、高いセキュリティと管理性を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、ハードディスクドライブを搭載しないデスクトップPC「ディスクレスPC」2機種を、本日から日本HP直販、および日本HP販売代理店経由で販売します。 ベースとなるPCは「HP Business Desktop PC dx5150 SF(エイチピー ビジネスデスクトップ)」と「HP Compaq Business Desktop PC dc5100 SF(エイチピー コンパック ビジネスデスクトップ)」です。

これらのディスクレスPCは米国Ardence™(アーデンス)社が提供するネットブートシステムに対応し、OSやアプリケーションソフトウェアなどをネットワーク経由で管理サーバから起動します。
ストレージ機能を外部に持つ以外は通常のデスクトップPCと変わらない運用が可能で、最新プロセッサの高い生産性を用い、アプリケーションや周辺機器などの既存資産をそのまま利用しながらセキュリティの向上を実現します。また、OSやアプリケーションを含む複数のブートイメージを仮想ディスクとして1つの管理サーバ上で一元的に管理できるため、運用コストを大幅に削減できます。
日本HPは情報漏えい対策のソリューションとして、シンクライアント、ブレードPC、ディスクレスPCを全てラインアップし、お客様の業種や用途に合わせて最適なソリューションを提供します。

製品名 販売価格 販売開始
HP Business Desktop
dx5150 SF ディスクレスモデル
73,290円(税抜69,800円) 3月2日
HP Compaq Business Desktop
dc5100 SF ディスクレスモデル
88,200円(税抜84,000円) 3月2日


セキュリティ対策のニーズが高まるにつれ、お客様の業種、規模などに適したソリューションの提供が求められています。今回発表のディスクレスPCはArdence社のネットワークブートシステムの利用を前提とした「ネットブート方式」のクライアントPCです。
シンクライアントを利用した「サーバ・ベースド・コンピューティング」や「HP CCI (ブレードPC)」ではサーバ側で処理した情報を端末に転送し、シンクライアントでは画面の表示のみを行います。ネットワークを介すのは画面データの転送のみのため、ネットワーク帯域の狭い環境にも適しています。
一方、「ネットブート方式」では、ネットワークを通じて、管理サーバ上の仮想ディスクからOSを立ち上げ、その後の演算処理は全てディスクレスPC上で行います。起動時にOSやアプリケーションをネットワーク経由で読み込むため、広帯域のネットワークが必要(*)となりますが、十分なネットワーク環境が整っている環境では、これまでの資産や運用方法などをそのまま利用できるため、既存環境からの移行が簡単です。

*:ネットワーク環境は最低100Mbps以上、ギガビットイーサネットを推奨

ディスクレスPCを用いた「ネットブート方式」は、セキュリティ対策を考える上で、以下のようなニーズを持つお客様に最適です。

  • クライアント端末に情報を持たせたくない。ソフトウェアは管理者側で一括管理したい。
  • 高い演算性能やグラフィックス処理能力をもつクライアントPC環境をそのまま使いたい。
  • アプリケーションやプリンタなどの周辺機器も、特別な設定変更をせずにそのまま使用したい。
  • 導入費用を抑え、既存のシステムから順次移行したい。
  • 複数のOSやアプリケーションのイメージを利用者や時間毎に使い分けしたい

具体的には、広帯域のネットワーク環境が整備されている大学や小中学校などの教育現場、官公庁・自治体、システムの一元管理が効果を発揮するコールセンターなどでの利用に適しています。

<ディスクレスPCを用いたネットブート方式の仕組みと特長>

「ネットブート方式」では、ネットワーク上のサーバにクライアントPCのCドライブに相当する仮想ディスクを持ちます。サーバからクライアントOSを配信するためのソフトウェア「Ardence™」を用い、OSはネットワークを介して仮想ディスクから起動します。アプリケーションの利用や処理作業は通常のクライアントPCと同様、全てディスクレスPC上で行います。

既存のクライアントPCそのままのハイパフォーマンス、使用感を維持
ディスクレスPCは、ハードディスクドライブを内蔵していないことを除けば、機能や使い勝手は通常のデスクトップPCとほぼ同じです。ハイパフォーマンスな最新プロセッサなどを活用できるため、動画や3D画像なども快適に扱えます。OSやアプリケーション、プリンタなどの周辺機器も特別な制限無く利用でき、既存資産を引き続き利用できます。また、ハードディスクドライブが物理的に存在しないため、障害率が低く、万一の故障時も容易に代替機に交換できます。

OS、アプリケーション環境の更新が容易
仮想ディスクは管理者によって一元管理され、アプリケーションの追加や削除、OSのアップデートなども一括して行えます。従って、全ユーザ分の更新を一度に実行できます。またUSBポートなどのデバイスの使用制限といったセキュリティ対策を、全てのクライアントに一括して行えます。
OSはMicrosoft® Windows® XPを始め、以前のバージョンのWindowsオペレーティングシステムやLinuxなどを最大10個まで設定でき、起動時に指定するだけで簡単に利用可能です。

低価格で簡単に導入でき、その後の拡張も容易
ネットワークブートシステムは、クライアント端末としてのディスクレスPCのほか、「Ardence管理サーバ」と「I/Oサーバ」の2台のサーバと1台のPCという小さなシステム構成で構築でき、安全なシステムを安価で実現します。また、ディスクレスPCはハードディスクドライブを追加すれば通常のクライアントPCとして利用できるため、通常のクライアントPCへの転用、再配置に柔軟に対応できます。

※ライセンス及びサポートに関する注意事項
ディスクレスPCでは、PCメーカーが提供するWindowsのOEMライセンスは使用できません。ネットワークブートシステムに使用するWindows OSは、別途Microsoft社の正規販売代理店を通じて別途購入する必要があります。また、Ardenceシステムの販売及びサポートは、Ardence販売代理店が行います。(ディスクレスPCのハードウェア部分の保守はHPが行います。)

■ 各社からのエンドースメント

米国アーデンス社 副社長 Mark Yohai(マーク ヨーハイ)様
世界的にコンピュータシステムのセキュリティが強く求められてきています。一方、ブロードバンド型のシステムに対して従来型のシンクライアントシステムでは制約が大きくなってきました。このようなブロードバンド環境に最適な新しいシンクライアント型のシステムとして、アーデンスは驚異的な成長をしています。それは、お客様のPCやソフトをそのまま使用して、シンクライアン型のシステムに移行できるからでもあります。今回、HPが発表したディスクレスPCはこのアーデンスシステムに最適なディスクレスPCです。アーデンス社もこの製品の発表を歓迎し、この製品を全面的にバックアップすることをお約束いたします。

株式会社アディ 代表取締役社長 石川 純生様
ネットワークブートシステムであるアーデンスは国内でも大きく成長しています。従来実績のあった大学にとどまらず、証券会社や自治体などでの採用が相次いでいます。アディは、アーデンスの国内の一次代理店として今回のHP製品の発表を大歓迎いたします。国内のリセーラ様共々この製品の全面的な支援を行う事をお約束いたします。

■ 参考資料
     ディスクレスPCスペック一覧表」(PDF:95KB)

■ 「ディスクレスPC」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/disklesspc/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時のお問合わせ先もこちらでお願いいたします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡