Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年3月22日

プロ・フォトグラファー向けハイエンドプリンタ分野に参入

- 新開発8色顔料インク採用のA3プラス対応インクジェットプリンタ新製品 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、多彩な用紙への正確な色再現と圧倒的な長期保存を可能にする、新開発のHP Vivera顔料インクを採用したプロフェッショナル・フォトグラファー向けA3プラス対応インクジェット・フォトプリンタ「HP Photosmart Pro B9180(エイチピー フォトスマート プロ B9180、以下B9180)」を、HP Directplusオンラインストア(http://www.hp.com/jp/directplus/)、HP Directplusコールセンター(03-6416-6777)および日本HP販売代理店にて6月中旬より販売を開始します。

製品名 HP Directplus販売価格 販売開始日
HP Photosmart Pro B9180 69,930円(税抜66,600円) 6月中旬

B9180はHPが1,500億円の開発費と5年の歳月を投入し開発した、新プリンティングシステムSPT(スケーラブル・プリンティング・テクノロジー)を搭載しています。プロフェッショナル写真およびグラフィックス市場のお客様向けにインク/カートリッジ、インク供給システム、プリントヘッドを最適化した新世代の製品です。プロの写真やグラフィックスの分野では、業務用として必須となる色再現の安定性と信頼性とともに、多彩な用紙へのギャラリー品質の写真出力性能が求められています。HPはデジタル時代におけるプロフェッショナルのワークフローに着目し、キャリブレーションされたモニタの色をそのまま出力できる製品を目指して本製品を開発しました。B9180は、新開発のHP Vivera顔料インクの採用で、長期保存が可能なギャラリー品質のプロフェッショナル写真や、ファインアートのプリントを実現します。また、業務用の大判プリンタで採用されているカラーキャリブレーション機能やドロップ検出システムを搭載し、常に安定した作品の出力を実現します。日本HPでは9色インクシステム採用の「HP Photosmart 8753」を2005年2月に発表し、アマチュア・フォトグラファーを中心に高い評価を得ています。今回、新顔料インクを採用したプロ仕様のB9180を市場に投入することにより、プロフェッショナル・フォトグラファー向けフォトプリンタ分野への本格参入を図ります。

<新開発HP Vivera顔料インクで実現する、200年間色あせしない(*1)ギャラリー品質の写真>
顔料インクを使用することで、プロが求める、多様な用紙に対する安定した印刷品質と高い耐久性を両立することができました。しかし、染料インクに比べると、安定した性能を発揮させるためには高度な技術が必要となります。B9180のために新開発されたHP Vivera顔料インクには、以下のHP独自の高度なテクノロジーが投入されています。

大容量の8色独立インクカートリッジを採用
効率的にインクが使用できる新開発の8色(フォトブラック、ライトグレー、マットブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、ライトマゼンタ、ライトシアン)独立インクカートリッジを採用しました。フォトブラックとマットブラックの同時装てんが可能なほか、A3プラスで80〜100枚程度のフチ無し写真印刷が可能なインクが充填されているため、カートリッジ交換の頻度も低く、作業中断時間を短縮します。

HP独自の電気立体カプセル化テクノロジー
ベース顔料粒子の周囲に、マイナス電荷をもつレジンコートを施した、HP独自の電気立体カプセル化テクノロジー「EET(Electrosteric Encapsulation Technology)」を採用しています。コートにより高光沢性を実現し、さらにマイナス電荷により大きく重い顔料の粒子が沈殿しにくくなり、インク内部の顔料の均質化も実現しています。

多くの用紙で200年以上の耐光性を実現
新HPアドバンスフォト用紙、HP Hahnemuhle(ハーネミューレ) Smooth Fine Art Paper、HP Hahnemuhle Watercolor Paperで、200年以上(*1)の耐光性を実現しています。また、汚れに強く、防水性(耐水性よりも上)とともに優れた速乾性も実現しました。さらにファインアート紙を含む様々な用紙に対応しています(*2)

*1:Wilhelm Imaging Researchによる、ガラス下における耐光試験において、HPアドバンスフォト用紙、HP Hahnemuhle Smooth Fine Art Paper、HP Hahnemuhle Watercolor Paperを使用して、200年以上の耐光性が得られるとの結果が得られました。
*2:HPプレミアムプラスフォト用紙等、膨潤型用紙には非対応です。

ギャラリー品質のモノクロ
第3世代となるグレーインクにより、高品質なモノクロ出力が可能です。高いニュートラル性により、カラーインクによる調整を行わずに、優れたグレーバランスを実現しています。フォトブラックインクによる引き締まった黒と、ファインアート用紙に最適なマットブラックインクが、モノクロ作品を引き立てます。また、優れたグレーのニュートラル性は建築に例えると構造部分に相当し、カラー表現でも色相のコントロールや階調表現などにおいて絶大な効果を発揮します。

<繰り返しプリントをしても、常に正確なカラーマネージメント>
業務用大判プリンタ「HP Designjetシリーズ」に搭載されているカラーキャリブレーション機能をはじめ、本格的なプロ仕様のカラーマネージメント機能を搭載しました。プロの出力作業のワークフローに焦点をあて、モニタとプリンタのカラーマッチングに注力し、常に正確な色再現と高い信頼性を達成しました。各機能の特長は以下の通りです。

カラーキャリブレーション機能を標準搭載
HP独自のテクロノジーである「濃度式クローズループカラーキャリブレーション(CLC = Densitometoric Close Loop Color Calibration)」を搭載しました。本体だけでプリンタ本体のカラーキャリブレーションをすることが可能です。これにより、プリンタの個体差や経年変化による色のズレを調整します。プロフェッショナルの現場に要求される常に正確な色再現性の確保を実現します。

安定した出力を約束するドロップ検出システム
センサー上にインクを吐出することで、ノズルの不良や目詰まりを検知する「新静電式ドロップ検出システム」(NEDD = New Electrostatic Drop Detector )」を装備しました。万一、ノズルが目詰まりしていた場合、有効なノズルで不良ノズルを自動バックアップすることで常に安定した出力を実現するとともに、クリーニング回数の最小化を図ります。ノズルの目詰まりによる、かすれた印刷に悩まされることも無くなります。

<豊富なソフトウェア・ソリューションが付属>
プロフェッショナル・フォトグラファーのデファクトスタンダードであるAdobe® Photoshop®プラグインはじめ、カラーマネージメントのためのツールなどが標準付属しています。また、プロフェッショナルが多用するICCプロファイル・ソリューションに最適化しているので、様々な用紙への対応が可能です。プロ向けのカラーマネジメント・ソフトウェア「EFI Designer Edition for HP」も別売で用意しました。各ソフトウェアの特長は以下の通りです。

HP Photosmart Pro Printプラグイン
Adobe Photoshop用のプラグインで、Adobe Photoshopからの出力を、瞬時に、かつ簡単に行うことができます。従来は7画面の使用が必要だったプリントプレビューからのフローを、カラーマネージメントを含み1画面に集約します。設定の簡略化とともに設定ミスを防止するとともに確実な設定が行え、作業時間を節約します。Adobe Photoshopがインストールされている場合、自動インストールが可能です(*3)

*3:Windows®版のAdobe Photoshop 5/6/7/CS/CS2、Macintosh®版のAdobe Photoshop 7/CS/CS2に対応します。

カラーマネジメントツールHP Color Center
簡単なステップバイステップの手順で、ICCプロファイルを含む各種用紙設定の追加と管理が行えます。Adobe RGBや他のカラースペースでも、さまざまな用紙において最適な色再現が可能となります。また、作成したユーザー定義用紙設定をインポート・エクスポートすることが可能なので、ビジネスパートナーと設定を共有することができ、カラーマネージメントを簡便にします。Windows®とMacintosh®に両対応で、インストールはドライバと同時に行われます。

EFI Designer Edition for HP(別売)
プリンタドライバの代替としてハーフトーン情報を生成しプリント指示を行う、ソフトウェアRIP(ラスタライゼーション・イメージ・プロセッサ)です。CMYKデータの出力が可能で、グラフィックデザイナーやプリプレスなど、プロフェッショナル向けのカラーマネジメントソリューションに最適です。

<プロフェッショナルのプリント業務に求められる多彩な用紙をラインアップ>
HPは、用紙の開発も自社で行っています。Pro B9180のためにリフレッシュされた新HPアドバンスフォト用紙のセラミックコーティングには、マイクロ・ポーラスを超えるHP独自のナノ・ポーラス技術が使われています。HP Vivera顔料インクとの組み合わせで200年以上の耐光性を実現しています(*1)。さらに、B9180用として、HPブランドにてファインアート用紙をICCプロファイルとともに用意します。また、それ以外にも、世界各国で人気の他社製用紙数十種類に対しても順次ICCプロファイルをウェブダウンロードにて提供する予定です。

*1:Wilhelm Imaging Researchによる、ガラス下における耐光試験において、HPアドバンスフォト用紙、HP Hahnemuhle Smooth Fine Art Paper、HP Hahnemuhle Watercolor Paperを使用して、200年以上の耐光性が得られるとの結果が得られました。

■ 添付資料
      「HP Photosmart Pro B9180」仕様表
      サプライ、オプション品一覧

■ HP インクジェットプリンタに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/inkjet/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時のお問合わせ先もこちらでお願いいたします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡