Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社の共同リリースです。2社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承ください。

2007年8月28日

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
<お知らせ>

CTCと日本HP、ニューヨーカー全店舗にシンクライアント導入を開始
国内初、全国規模で多店舗展開している大手小売店がシンクライアントを採用

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)と日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:小田 晋吾)は、株式会社ニューヨーカー(以下:ニューヨーカー、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福井勝光)が展開する全国約250ヵ所の「NEWYORKER」店舗に、シンクライアントシステムを導入するプロジェクトを開始しました。まずは、2007年7月に都内4ヵ所の店舗にパイロット導入し、8月から全国展開を開始しています。2008年3月迄の期間を目処に順次展開する予定です。導入台数は、各店舗に一台ずつ、合計250台を予定しています。

■ニューヨーカーのシンクライアント導入の取り組み
紳士服、婦人服の企画・販売を行う株式会社ニューヨーカーは現在、全国主要百貨店を中心に多くの直営店を展開しています。「お客様第一」「品質本位」をスローガンとし、お客様の望まれる商品を企画、開発、生産に結びつける体制を作るため、早くから店舗のIT化に取り組んできました。中でもとくに注力していたのが、各店舗システムの情報セキュリティ対策です。各店舗では、顧客情報や売上データをはじめ各種重要情報を取り扱っています。さらに2004年に個人情報保護法が施行されて以降、百貨店内での店舗展開が多い同社は、百貨店の高いセキュリティ要件への対応が急務となっていました。
そこで同社は、従来各店舗にて使用していたパソコンの刷新にあたり、運用性とセキュリティ性に富んだシンクライアントシステムを選択しました。

■高いセキュリティと運用性を実現するHP CCI
今回、ニューヨーカーが採用したシンクライアントシステムはHP CCI(Consolidated Client Infrastructure)です。HP CCIは、ユーザ側の端末にシンクライアント、データセンター側に演算処理を行うブレードPCやサーバ、そしてストレージを配置します。Windows XP Professionalが稼働するブレードPCを使用し、ユーザ側には一切データを持たせない仕組みなので、高いセキュリティレベルを維持したまま、運用管理コストの削減も実現します。
HP CCIはこれまで、百貨店や大学、公共機関などで多数採用されてきましたが、アパレル業界に導入されるのは今回が初めてです。
システムの特長とシンクライアント導入のメリットは以下のとおりです。

1) 管理運用負荷を低減しTCO削減を実現
これまでニューヨーカーでは、各店舗のクライアント端末としてノートPCを採用していました。しかし、OSやセキュリティソフトのアップグレード、各種障害対応など、システム管理者の運用負荷が問題となっていました。
HP CCIは、データセンター側で一括運用管理できます。東京都内にあるCTCのデータセンターにてサーバやブレードPCを一元管理することで、システム管理者の負荷を大幅に低減しています。
   
2) 情報セキュリティの強化
通常、店舗端末には顧客情報や売上データなど、多くの機密情報が格納されています。店舗には不特定多数の人が常に出入りしているため、こうしたクライアント端末の情報漏えい対策が課題となっています。HP CCIはクライアント端末に情報を一切持たない構造となっており、情報漏えいのリスクを大幅に軽減します。
   
3) 既存アプリケーションとも容易に連携
店舗のクライアント端末は、レジやバーコード、プリンターなどの各種店舗システムと連動しています。HP CCIは、クライアントとサーバが1対1の関係にあるブレードタイプのため、既存のWindows アプリケーションと高い親和性があります。店舗で使用していたアプリケーションの検証作業も大幅に軽減できます。
   
4) 販売員の負荷を削減し接客の時間が増加
パイロット店舗の販売員からは、従来のパソコンに比べてシンクライアントは、立ち上げが早く、数十分かかっていた起動が10秒でできるようになったとの報告があります。

<システム構成図>

シンクライアント導入 システム構成図
拡大表示

シンクライアントは、運用負荷の低減や情報漏えいの防止対策の一環として、大企業を中心に導入が活発に進んでいます。こうした中、今回の事例は、全国規模で多店舗展開している小売店に導入される事例としては国内でも初めてのものとなります。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡