Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2007年8月24日
<お知らせ>
(APJ報道資料抄訳)

HP アジア太平洋地域および日本 2007年度第3四半期報告

アジア太平洋地域、シンガポール、2007年8月21日 - ヒューレット・パッカード社はこのたび、2007年度第3四半期(2007年5月1日〜2007年7月31日)の業績結果を発表しました。第3四半期の売上高は、前年同期比16%増の254億ドル、通貨為替変動を除くと12%増になりました。 他地域と同様、アジア太平洋地域および日本(以下、APJ)も好調な結果を示し、全ての事業部において成長を達成しました。以下は、APJ担当シニア・バイスプレジデントのトム・イアノッティによる、ビジネス・アップデートです。

(以下、トム・イアノッティによるスピーチの翻訳版です)

トム・イアノッティ です。いつもHPのご支援をいただきありがとうございます。2007年度第3四半期に、HPがAPJにおいてどのような成果をもたらしたか、ビジネス最新データを皆さんにお届けしたいと思います。第3四半期が好調な四半期であったのは大変我々にとって喜ばしいニュースです。APJは今期46億米ドルの収益を上げ、これは四半期収入の新記録となりました。また、この収入が市場の2倍以上の割合で、前年比22%(現地通貨で18%)にまで成長したことを嬉しく思っています。APJにおける全ビジネスグループの成長は二桁に達し、2007年の会計年度で最高の四半期となりました。

そのいくつかの例をご紹介したいと思います。中でもパーソナルシステムズ・グループは際立ったパフォーマンスを見せており、市場占有率を高めながら収益を得、成長新記録をつくりました。ここでは個人向けコンピュータ製品であるノートブックが大きく貢献しました。HPでは、家族のスケジュール表や、TV、音楽、映画、写真やさまざまな情報に、スクリーンにタッチしてアクセスできるTouchsmart PCのような新製品に着手することで、ライフスタイル・コンピューティングを再定義しています。さらに我々にとって重要なのは、企業向けコンピューティングです。ITがどのように営業結果に貢献するか、ということにHPが焦点をおいていることは、皆さんもご存知かと思いますが、こうしたアプローチが、今回良い結果を生んだと言えるでしょう。

またアウトソーシングビジネスはサーバビジネスと同様、成功を収めています。IDCによれば、HP BladeSystem c-Classの導入や、営業・マーケティングに対する投資が、ブレードシェアNo.1に結びついたと言えるようです。企業向けソフトウェア分野では、企業の供給と収益の結びつきを強めるMercuryとOpenViewが重要な役割を果たしました。第3四半期では、HPが単なるプリンタメーカーではなく、プリンティングにおける革新的リーダーであることも示されました。HPのイメージング・プリンティング・グループは、企業やサプライヤーをターゲットとするビジネス複合機Officejet Pro のようなインクジェットプリンタや、LaserJetによって大きな伸びを見せ続けています。今四半期の成長に貢献しているのは、企業のお客様のプリンティングニーズにより対応した、統合されたプリンター技術とサービスです。例えばマネージド・プリント・サービスや、よりリッチでリアルな色彩を出す企業向け複合機「Edgelineシリーズ」などがそれにあたります。

APJでも同様に好成績を出し、15カ国のうち14カ国は、その地域の市場の伸びを超えました。インドや中国での大きな成長ぶりとは別に、東南アジアにおいても二桁成長を達成しました。このように第3四半期は、APJでは好成績な四半期である一方、我々はまだこれからも多くの仕事を抱えており、世界をリードするIT企業としてのポジションを真摯に受けとめています。HPは今後も高いパフォーマンスを提供し、お客様に満足いただけるよう、営業力やリーダーシップ向上のためのトレーニングに投資をし続けるつもりです。 貴重のお時間をいただいたことに感謝申し上げると共に、今後の変わらぬご支援をお願い申し上げます。

以上       

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡