Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年1月23日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

「スカパー!」コールセンターにHPシンクライアントを導入し、
400万件を超える加入者の個人情報を安全管理

- わずか3ヶ月で構築を完了し、独自アプリケーションとの親和性やセキュリティの確保を図る -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、衛星放送事業者スカイパーフェクト・コミュニケーションズの子会社である株式会社データネットワークセンター(以下、DNCC)に日本HPのブレードPCを360台導入し、2008年度末までに合計860台導入することを発表します。DNCCは、420万件を超える「スカパー!」加入者情報を管理し、電話やメールによる顧客対応業務を行うサービス事業者です。

日本HPのブレードPCはセキュリティ対策の実現のみならず、PCの不具合対応といったサポート業務が不要であることもメリットの1つです。特にコールセンターのような人材流動性の高い職場にとって、PCの運用管理は煩雑さを極めます。

DNCCは、新コールセンターでの160台の導入効果を確認後、PCのリプレースを控える第1コールセンターでもシンクライアント導入が決定し、2007年10月に150台を導入しました。また、2007年12月には更に新たなコールセンターを設置し、50台のブレードPCを導入しました。第1コールセンターでは、2008年3月までにはさらに500台をリプレースする予定です。

■スカイパーフェクト・コミュニケーションズ、DNCCのシンクライアント導入の背景
スカイパーフェクト・コミュニケーションズは、個人情報に関する基本方針を制定するとともに、個人情報保護マネジメントシステムを構築し、全社への徹底を図っています。子会社であるDNCCは、420万件を超える「スカパー!」加入者情報を管理し、電話やメールによる顧客対応業務を行っています。

日々増大していく顧客対応業務を円滑に行うため、2007年1月には神奈川にあるコールセンターに加え、都内に新コールセンターを設置しPC160台を導入する予定でした。新コールセンター設置にあたり、求められた要件は以下の4つでした。

  1. セキュリティが万全であること
  2. 2006年秋から2007年1月のわずか3か月で導入を完了させなければならないこと
  3.  
  4. クライアントのサポートに関わる運用コストがかからないこと
  5. 同社独自で導入している顧客管理システム(以下、SMS)が新規システムでも同様に利用できること

こうして、SMSの開発・運用を担当するNTTデータと検討し、上記4つの要件を満たした日本HPのブレードPC 「HP bc 2000 Blade PC」の採用を決定しました。

■約420万件の加入者情報を守るセキュリティ対策を実施
新コールセンターにおけるブレードPC導入のきっかけは、セキュリティの確保にありました。新コールセンターはビルの一部を借りるため、同等の対策を取るのが難しい状況でした。ブレードPCによるシンクライアントソリューションでは、端末自体に加入者情報を保存することがないため、持ち出しなどによる情報漏えいのリスクが軽減できます。

■3ヶ月という短期間でのシステム構築を実現、クライアント管理作業の煩雑さも軽減
同社にとって、年末年始は加入者からの問い合わせが急増する繁忙期です。サービス品質を向上させるためにも、早急に新コールセンターを開設する必要がありました。その結果、システム検証および構築が短期間で終了するブレードPCが採用されました。また、導入後もクライアント管理のサポート要員を配置する必要がなかったことも、コスト面で大きなメリットとなりました。

■独自アプリケーションとの親和性を確保
独自開発のSMSは、加入者データベースと連携しながら、代理店や加入者からの申し込みや問い合わせなどを処理する基幹系システムです。そのため、顧客窓口となる新コールセンターの新規システムでもSMSを操作できることが必須でした。Windowsベースに近いPC環境を実現するブレードPCは、同社の要件を満たす最適なソリューションとなりました。

■「HP CCI」の特長
「HP CCI」は、PCが持つ「表示」「演算」「記憶」の3つの役割をコンポーネントとして分割し、仮想クライアント環境として再構築するクライアント統合ソリューションです。ユーザー数やシステム負荷の変化に合わせて、柔軟かつ迅速に拡張できるのが特長です。

構成:表示部分(シンクライアント「t5720」)、演算部分(HPブレードPC「HP bc2000 Blade PC」など)、記憶部分(ストレージ、管理ツール「HP Rapid Deployment Pack」、「HP Systems Insight Manager」、「HP Session Allocation Manager」)

■HP CCIに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://h50146.www5.hp.com/products/desktops/cci/cci.html

■「HP bc2000 Blade PC」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://h50146.www5.hp.com/products/desktops/bc2000/

■「HP Compaq Thin Client」に関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://h50146.www5.hp.com/products/desktops/thinclient/index.html

■プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡