Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2008年10月1日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

2万円台で購入可能なモデルなど
シンクライアント2機種を発表

- セキュアなLinuxベースの新OS「HP ThinPro」を搭載するエントリーモデルと
Windows® XP Embedded搭載の多機能スタンダードモデル -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、ブレードPCなどと組み合わせて提供する「HP Remote Client Solution(以下 HP RCS、*1)」やサーバ・ベースド・コンピューティングのアクセス端末、また、単体で利用するネット端末として最適なシンクライアントの新製品2機種を発売します。

新製品は、外部から攻撃されにくい独自の新OS「HP ThinPro」を搭載したエントリーモデル「HP t5545 Thin Client(以下t5545)」と、対応アプリケーションの多いMicrosoft® Windows XP Embeddedを搭載したスタンダードモデル「HP t5630 Thin Client(以下 t5630)」です。

両製品は日本HPの直販営業および日本HP販売代理店を通じて10月2日から販売を開始し、「t5630」は10月上旬より、「t5545」は11月上旬より出荷を開始します。また、「t5630」はHP Directplusオンラインストア(http://www.hp.com/jp/directplus/)でも、10月中旬以降に販売します。

日本HPは他社に先駆け、2005年6月からシンクライアント、ブレードPCなどを用いたRCSビジネスを展開しており、業界を問わず多くの導入実績を残しています。今後も拡大するシンクライアント市場に対し、積極的にビジネスを進めていきます。導入事例詳細については以下のURLを参照してください(http://h50146.www5.hp.com/products/desktops/cci/user/)。

*1: HP RCSの詳細については、以下のURLを参照してください。
http://www.hp.com/jp/rcs/

製品名 販売価格 販売開始日
HP t5545 Thin Client 29,400円(税抜 28,000円) 10月2日
HP t5630 Thin Client 48,300円(税抜 46,000円) 10月2日

シンクライアントソリューションは、端末にデータを保持しないためウィルス感染や情報漏洩などの危険性が低いほか、各クライアントの情報をIT管理者が一元管理できるため、企業のITインフラにおけるセキュリティの強化と管理コストの削減を実現します。また、ハードディスクドライブや光学ドライブなどの駆動部品を搭載していないため故障率が低いこと、PCほどのスペックを必要とせず、低価格で運用可能なことから、近年はネットカフェを始めとしたネット端末としての利用用途も増大しています。

HPのシンクライアントは、リモート管理ツールによって管理者が各クライアントの設定を一括して行えるので、スムーズな導入が可能です。また、経験豊富なHPリセラーやWeb通販などお客様に最適な販売ルートが選択できます。

新製品共通の特長は以下の通りです。

2画面同時出力対応かつ高速なパフォーマンス
プロセッサにVIA Eden® 1GHz、チップセットにVIA Chrome9 HC3グラフィックスを内蔵するVIA VX800を搭載し、低消費電力ながら高速なパフォーマンスを実現します。また、グラフィックス出力端子としてDVI−D(デジタル)とDsub(アナログ)の2種類を備え、2画面の同時出力が可能です。

安全性の高いセキュアUSBなど、充実のインタフェース
レガシーデバイスが使用できるシリアル/パラレル、6ポートのUSBなど、充実のインタフェースを備えています。2ポートのUSBは、ユーザのみアクセス可能な「セキュアUSBコンパートメント」に収納され、無線LANモジュールやUSBメモリなどを安全に利用できます。

省スペース化を実現するコンパクトで傷に強い筐体
筐体の表面処理に傷が付きにくい「DuraFinish」を採用し、長期間新品のような美しい外観を保つことが可能です。コンパクトサイズの筐体は、別売オプションの「Quick Release」を利用することで、ディスプレイの背面や机の裏側など様々なオフィス環境に合わせた設置が可能です。また、ファンレス設計となっているので、静音かつ壊れにくいという特長も備えています。

<シンプル×バリュープライス −新OS「HP ThinPro」を搭載するエントリーモデル「t5545」>
「t5545」は、2万円台のお求めやすい価格を実現したコンパクトなデスクトップ型シンクライアントです。Linuxベースの独自の新OS「HP ThinPro」の搭載により、ネットワーク越しのモジュラーアップデートが行えるなど優れた管理機能を備え、軽快な動作を実現します。従来機の「HP t5135 Thin Client」では非搭載であったターミナルエミュレータ「TeemTalk」を搭載したほか、ブラウザにFireFox3を搭載し、RDP、ICAプロトコルに加え、Windows、Citrix、メインフレーム、UNIXの各サーバや、Webアプリケーションなど幅広く対応します。また、利用するアプリケーションや各種設定をあらかじめ定めておくことができるため、不特定多数のユーザが使用する特定用途向けの専用機(Kiosk端末)として利用することも可能です。

<スタンダード×多機能 −多彩なアプリケーションが使用できるスタンダードモデル「t5630」>
「t5630」は、OSにWindows XP Embeddedを搭載するデスクトップ型シンクライアントのスタンダードモデルです。Windows XPと共通の操作性を備え、多くのXP対応アプリケーションが動作するので、スタンドアローンPCとしても利用可能な、幅広い用途での運用が可能です。また、転送データを170:1の高圧縮率で高速にエンコードする「HP Remote Graphics ソフトウェア(HP RGS)」に対応し、動画などの大容量データも高速転送が行えます。

■ 添付資料
     新製品スペック一覧表 ( PDF:118KB )

■ HP t5545 Thin Clientに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/t5545/

■ HP t5630 Thin Clientに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/t5630/

■ HP RCSに関する情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/rcs/

■ HP Remote Graphicsソフトウェアに関する情報は以下のURLを参照してください
     http://www.hp.com/jp/workstation_remote/

■ 製品写真ライブラリ
     (画像データは以下のURLからご覧になれます)
     http://www.hp.com/jp/desktop_pr/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡