Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2009年9月17日

株式会社レスキューナウ
株式会社インターネットイニシアティブ
日本ヒューレット・パッカード株式会社

<ご参考資料>

レスキューナウ、IIJ、日本HP
シンクライアントを軸にした新型インフルエンザ対策で協業

- レスキューナウの感染発生後に特化したインフルエンザ対策BCPオペレーションパック、
IIJの高速通信回線、HPのモバイルシンクライアントをセットにし、感染発覚後の具体的な対策までをサポート -

株式会社レスキューナウ(レスキューナウ、本社:東京都品川区、代表取締役:市川 啓一)、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木幸一、コード番号:3774 東証第一部)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)の3社は、シンクライアントを軸とした新型インフルエンザ対策をはじめとする、パンデミック対策ソリューションの提供において協業します。
本ソリューションは、IIJおよびグループ会社の株式会社アイアイジェイテクノロジー(IIJ-Tech)、レスキューナウの3社を通じ、10月1日から受注開始します。

<協業の背景>
新型インフルエンザA(H1N1)は現在も世界中で感染が拡大しており、日本国内では流行シーズンである秋から冬にかけて、感染者のさらなる増加が懸念されています。感染拡大の影響は社会機能全般に及ぶことが予測され、企業においてはそのリスクを最小限に抑えるための対策が求められています。しかし、従来多くの企業においては、企業内で既に感染が発生している状況下で、感染予防の対策はありますが、感染の拡大を防止しながら事業を継続させる具体策までは浸透していません。新型インフルエンザA(H1N1)は現在のところ致死率も低く、想定されていたH5N1のような大規模な事業縮退オペレーションは必ずしも必要ではないと思われますが、社内での感染者発生や、学校等が休校になった場合に、短期間在宅勤務を可能とするIT環境が必要となります。

今回のレスキューナウ、IIJ、日本HPの3社による協業で、このような背景の具体的な手段として、感染段階に応じた適切な対策を策定する「リスクコンサルティング」、在宅勤務に対応する「通信・ネットワークサービス」、自席と同一のPC環境を自宅や外出先で利用できるセキュアな「IT機器」の3つをパッケージ化し、すぐにでも利用できるソリューションを実現しました。

<3社共同のパッケージ販売により、迅速に導入可能な新型インフルエンザ対策を提供>
感染が拡大しつつある今の時期に合わせ、実際に感染が発生した後の対応計画実行を中心とした、社内マニュアルの作成支援、社内説明会の開催、関連情報の提供などを纏めた「新型インフルエンザA(H1N1)対策 BCP(事業継続計画)オペレーションパック」(レスキューナウ)。「通信・ネットワークサービス」として、外出先で使える定額制の高速データ通信「IIJモバイル」と、自宅から社内PC環境への安全な接続が行えるリモートアクセスサービス「IIJセキュアリモートアクセス」(IIJ)。「IT機器」として端末にデータを保持しないセキュアなモバイルシンクライアント「HP Compaq 2533t Mobile Thin Client」(日本HP)。これらをパッケージ化し、お求めやすい価格で提供します。本パッケージにはモバイルシンクライアントの初期設定サービスも含まれるため、短期間でスムーズな新型インフルエンザ対策の導入が可能となります。

また、より抜本的な対応策として、デスクトップ仮想化ソフトウェア「Citrix® XenDesktop™」をバンドルした日本HPの「HP ProLiant サーバー Ganeration6」を加えたオプションも用意しています。本パッケージを導入すれば、パンデミック対策と同時に、通常時においても効果的なPC運用が可能となり、企業におけるPCのTCO削減とセキュアな環境を実現します。

<パッケージサービスの内容、価格>
BCPオペレーションパック + モバイルシンクライアントパック(*1)

(キャンペーン期間:2010年3月末日まで) 
キャンペーン価格(税込):初期費用 998,000円(約40%OFF)、月額費用125,800円(約10%OFF)

BCPオペレーションパック + モバイルシンクライアントパックの構成内訳は、以下の通りです。

製品名 初期費用
(通常価格、税込)
月額費用
(通常価格、税込)
HP Compaq 2533t Mobile Thin Client(×5台) 425,000円
シンクライアント初期設定サービス(×5台) 100,000円
IIJモバイル:Type-E 定額プランL(2年契約)(×5契約) 35,000円 30,500円
VPN:IIJセキュアリモートアクセス
(50アカウントまで)(×1契約)
205,000円 80,000円
新型インフルエンザA(H1N1)対策 BCP策定支援 670,000円
災害レポートサービス 30,000円 30,000円

*1: モバイルシンクライアントはVPN接続の初期設定済みです

オプション: サーバーパック(*2)
キャンペーン価格(税込):初期費用 3,300,000円〜

*2: サーバーパックには、HP ProLiantサーバー、HP Thin Client、Citrix XenDesktop、環境構築のためのサービス費用などが含まれます。

レスキューナウ BCPオペレーションパックに関する情報は以下のURLを参照してください。
http://www.rescuenow.co.jp/flu_service/bcppack.html 日本HP外のウェブサイトへ

IIJモバイルシンクライアントクイックスタートパッケージに関する情報は以下のURLを参照してください。
http://www.iij-tech.co.jp/thinclient/ 日本HP外のウェブサイトへ

HP HPモバイルシンクライアントに関する情報は以下のURLを参照してください。
http://www.hp.com/jp/mobile_thinclient/

<今後の展開>
今後は、3社共同でのマーケティング活動を推進し、積極的に拡販活動を展開します。まずは、共同プロモーションの一環として、9月25日に日本HPの市ヶ谷本社にて、本日発表の新ソリューションを紹介するセミナーを開催します。

<シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社からのエンドースメント>
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 取締役会長 大古 俊輔 様

シトリックスは、IIJ、レスキューナウ、日本HPによる新型インフルエンザを始めとするパンデミック対策のソリューション提供開始を歓迎いたします。
本ソリューションで提供されるシトリックスの「XenDesktop」は、ユーザーのデスクトップ環境をサーバーに集約化し、デスクトップのイメージをクライアントに配信するデスクトップ仮想化製品です。シトリックスでは、リモートオフィス環境やBCP(事業継続性)の実現の切り札として、「XenDesktop」を提供して参 りました。特に日本HPとは、本年4月24日にクライアント仮想化事業での協業を発表し、協同での検証やプロモーションの実施など緊密な関係を築いております。
シトリックスでは、3社による本ソリューションの提供を通じ、企業におけるパンデミック対策の推進を支援して参ります。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先
株式会社レスキューナウ
事業開発部 TEL: 03-5759-6064
ホームページ: http://www.rescuenow.co.jp/ 日本HP外のウェブサイトへ

株式会社アイアイジェイテクノロジー
経営企画部 TEL: 03-5205-6767
ホームページ: http://www.iij-tech.co.jp 日本HP外のウェブサイトへ

日本ヒューレット・パッカード株式会社
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡