Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > プレスリリース

プレスリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2010年1月26日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

<お知らせ>

HP、業界アナリスト調査でMPS (Managed Print Service) のリーダー的存在に

- アジア太平洋地域企業による HP MPSの採用要因は環境面のメリット -

2010年1月13日、アジア太平洋、シンガポール - HPは、アジア太平洋地域におけるMPS (Managed Print Service) のリーダーシップをさらに強化することを発表しました。同時に、IDC社による最近の調査「Managed Print Services - Global Market and Provider Analysis」によれば(*1)、HPはグローバルなMPSのリーダー企業としての地位を確立し、プリンターメーカーの中でMPS契約の最大シェアを獲得しました(*2)。このHPの成功は、お客様のコスト削減、生産性向上、環境フットプリントの削減に対してMPSが果たす重要な役割に注力してきた成果であると言えます。

HP MPSは、企業のイメージング & プリンティングインフラストラクチャを最適化し、イメージング & プリンティング環境全体を効果的に管理し、ドキュメントワークフローの機能向上と合理化を図ることで、ビジネスプロセスを変容させます。

アジア太平洋/日本地域、HPイメージング & プリンティンググループ、Managed Enterprise Solutions担当副社長Pierre Mirlesseは次のように述べています。「MPSによる環境への配慮とコスト削減や生産性向上の組み合わせによって生まれた価値は、アジア太平洋地域におけるお客様が当社を選ぶ上で強力な動因となりました。成長を続けるMPS市場におけるHPの強みは、お客様のニーズを深く理解していることと、デジタルプリントトランスフォーメーションを推進するためのITインフラストラクチャ全体に関わってきた経験の蓄積です」

一連の第三者機関による調査報告の中で最新のIDC社のレポートは、MPS市場におけるHPのリーダーシップを示しています。HPはまた、ガートナー社による「2009 Magic Quadrant for MPS (2009年MPSのマジック・クアドラント)」ではリーダー・クアドラントとして(*3)、そしてPhotizo Group社の「2009 MPS Market Forecast (2009年MPS市場予測)」ではグローバルリーダーとして位置付けられています(*4)

「IDC社による調査報告や、HPをリーダー企業と見なす同様のレポートによって、お客様がMPSに投資し、コスト削減や生産性向上のための新しい方法を模索する場合、HPがベストな選択肢であるということが明確に実証されたのではないでしょうか」HPイメージング・プリンティンググループ担当上級副社長Bruce Dahlgrenは言います。「広範な製品ポートフォリオ、強力なネットワークとサービス、そして高度な専門知識によってリーダー企業としてのポジションを築いており、さらにお客様からはMPSにおいて信頼できるパートナーとして選択していただいていることがその証であると確信しています」

総合的で顧客の観点を重視した調査分析の中では筆頭に挙げられるIDC社の「Managed Print Services - Global Market and Provider Analysis」は、米国、西ヨーロッパ、アジア太平洋、南米の4地域10か国を網羅しています。

この分析では、MPSが採用される際の第一の動因にコスト削減が挙げられ、その他の重要な動因としてプリンティングインフラストラクチャの最適化や環境維持などが示されています。法令遵守やセキュリティ、紙文書の保管、ビジネスプロセスの変換、企業の吸収や合併、サービス契約の延長なども動因として考察されています。

「この調査結果は、MPS市場におけるHPの強みを示すものです。この成長市場において、HPのIT資産とHP Enterprise Services (旧 EDS) は、大きな武器であると言えます」 (IDC社アナリスト兼グループ副社長Angele Boyd氏)

アジア太平洋地域で顧客牽引力を強めるHPのMPS
これらのアナリスト調査の結果に加え、コストやエネルギーの削減から効率性の向上に至るまで、HP MPSはお客様それぞれのビジネス目標達成の支援を継続しています。オーストラリアでは、大手建設会社のLeighton Contractors社がHP MPSの契約を更新しました。

Leighton Contractors社のCIOであるDiane Fernley-Jones氏は語ります。「当社は採用しているHPインフラストラクチャによって、オーストラリアおよびニュージーランド全域の社員9,000名をサポートしています。当社がHPとのManaged Print Services契約の更新を決断したのは、既存のHPプリンティングインフラストラクチャによってプリンティングコストが削減され、社員の生産性が向上し、環境フットプリントが削減されてきたからです。これは主に、組織全体で使用しているプリンティングデバイスに備わっている多様なソフトウェアソリューションツールや機能のおかげです」

Leighton Contractors社は、HP MFP (複合機) および HP LaserJetのデバイスに搭載されているさまざまな環境に配慮したプリンターソリューションを活用しています。更新後の契約では、HPによるアクセス制御ソリューションを実装することになりました。これによって、社員によるオフィス内のプリンターへのアクセスを制御できるようになります。また、IT部門が使用状況を監視してレポートできるようになるため、最適化や制御の必要な領域を特定し、生産性を向上させ、環境への影響も軽減されます。Leighton Contractors社は、HP Web JetadminやプルプリンティングなどのHPプリンティングソリューションも組織全体で使用していくことにしています。

また同社では、HP MPSの配備により、プリンターフリートが1台のプリンターに対して7人のユーザーという比率から、1台のプリンターに対して10人、場合によっては15人のユーザーという比率に削減されました。HPプリンターは、ENERGY STAR(*5)に適合しており、15% (温暖な気候条件下では最大30%) のエネルギー消費削減を達成しています。HPプリンターの消費電力は他社のレーザープリンターの約半分で、つまり電力費も半分に抑えられ、Leighton Contractors社の組織全体での継続的な環境維持の達成を後押ししています。

お客様のフィードバックを通じた成長
HPは、お客様とのパートナーシップに基づき、MPSを使用して企業のイメージング & プリンティングインフラストラクチャを最適化し、イメージング & プリンティング環境全体を効果的に管理し、ドキュメントワークフローの機能向上と合理化を図ることで、ビジネスプロセスの変換をリードしています。HPは、お客様のコスト削減、生産性向上、環境フットプリントの削減を支援します。

HPでは、Enterprise Advisory Council (EAC) などのプログラムを通して非常に有益なフィードバックを収集しており、これらはアジア太平洋地域に限らず全世界において短期的/長期的な視点で行う重要な意思決定に影響を与えています。HPでは、アジア太平洋地域のお客様と効果的なパートナーシップを構築するために、中国とインドの2か所でEACミーティングを実施しています。

2009年には、中国でEco Solutions Printing Awardを開催し、イメージング & プリンティング環境におけるお客様の環境責任への取り組みやベストプラクティスを認定しました。この賞は、2009 Greater China EACからのフィードバックに基づいて作成されたものです。

EACミーティングにはHPの主要エグゼクティブが出席し、さまざまな市場を代表する重要なお客様からの戦略、方向性、ポートフォリオ、ソリューションに関するフィードバックに直接耳を傾けています。HPでは、世界中のお客様のフィードバックを基に、ビジネスの合理化と紙文書ベースのプロセス統合を支援する、グローバルテクノロジーを推進しています。中でも、アジア太平洋地域のお客様向けのテクノロジー採用と開発については特に重視しています。収集されたフィードバックは、アジア太平洋地域でのHPの主要な意思決定に影響を与えます。この会議のメンバーから寄せられる意見の1つ1つが、お客様重視の強力な製品やソリューションを生み出していくのです。

HPと環境
HPは過去数10年もの間、製品デザイン、再利用、リサイクル、省エネ、省資源を対象とするHP Eco Solutionsプログラムを通じ、環境リーダーとしての企業責任を果たしてきました。HPは業務およびサプライチェーンにおいて厳しい環境基準を定め、お客様が環境負荷を容易に軽減できる実用的なソリューションを提供し、また、低炭素経済を実現するための持続可能なソリューションに関する調査を行うことで、業界の取り組みをリードしています。詳細は、http://www.hp.com/ecosolutions (英語) をご覧ください。

*1: 「IDC Multiclient Study, MPS Global Market & Provider Analysis」(2009年9月)。この調査では、MPSとは1台以上の単機能プリンターまたは複合機 (MFP) によるフリート管理のアウトソーシングに関する、サードパーティプロバイダーとの単年度または複数年度の契約と定義されています。ここには、故障修理やインク/トナーの交換や補給以上の付加価値サービスを含む必要があります。付加価値サービスには次のようなものが含まれます。設置サービス (プリンター、スキャナー、MFPなど)、プリンター、スキャナー、MFPなどのライフサイクル管理、ハードコピー機器の使用量の監視とレポーティング、ハードコピー機器のヘルプデスクサポート、サービスプロバイダーの担当者によるハードコピー機器やユーザーに対するオンサイトサポート、サービスプロバイダーによるハードコピー機器の所有、ドキュメントインフラストラクチャ、生産、ワークフロー、その他の紙文書ベースでのビジネスプロセスの効率化に対するコンサルティング/実装ソリューション。

*2: 調査サンプルのみを反映した結果です。主要なプロバイダーとの契約を調査対象としています。

*3: ガートナー社「Magic Quadrant for Managed Print Services Worldwide」(K. Weilerstein他) (2009年8月24日)

*4: 2008年におけるMPSのグローバルな提供メーカー全社の収益シェアに基づいています。

*5: ENERGY STARは米国環境保護庁による登録商標です。

本マジック・クアドラントは、2009 年よりガートナー社が著作権を有しており、その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、特定の時点や期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナー社の採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガートナーが分析したものです。ガートナー社は、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨せず、また「リーダー」クアドラントに位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言することもありません。マジック・クアドラントの用途はリサーチツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有していません。ガートナー社は、明示的または暗示的を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行いません。


日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡