楽々設定、安心と便利が簡単に手に入るHP StorageWorks X510 Data Vault

 

 

楽々設定、安心と便利が簡単に手に入るHP StorageWorks X510 Data Vault
 タイトルイメージ 楽々設定、安心と便利が簡単に手に入るHP StorageWorks X510 Data Vault
 タイトルイメージ

HP StorageWorksのニューフェイス、SOHO向けのNASシステム「HP StorageWorks X510 Data Vault」(以下、X510 Data Vault)にはどのような魅力があり、どのように使っていただけるのでしょうか。
その魅力に気付いた秋本さんが、営業仲間の園田さんに説明しています。彼らの会話をちょっとのぞいてみることにしましょう。

小規模オフィスのNASに必要なこと、それはまず簡単であること

秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「なぁ 日経トレンディネットの記事  見た?またX510 Data Vaultが紹介されていたよ。」

     
HP StorageWorks X510 Data Vault  
     

園田さん:
「だよね。デザインもいいし。
SOHOユーザーにおすすめのNAS、といった感じなのかな。」

     
園田さんイメージ


HP StorageWorks X510 Data Vault

秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「X510 Data Vaultのキモは簡単さにある。データバックアップに誰でも使える簡単さを求めるのは、個人よりもむしろSOHO、小規模オフィスなんだよ。NASに手を出すようなユーザーはわりと自分で何でもやっちゃうけど、小さい会社だとそうでもないでしょ。」

     
     

園田さん:
「大事なデータを扱っているわりにはデータバックアップが手薄で、だけどなんとなく不安で、ってやつだね。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「その通り。かといって、専任の管理者がいるわけでもないし、かならずしもハードウェアにくわしくない。規模が小さいからどこかと保守契約を結ぶところまでの余裕はない。」

     
     

園田さん:
「キミのお客様にはそれくらいの規模の会社がいくつかあったよね。
そういうところではどうしているの?」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「ちょこちょこCDやDVDに焼くか、なんとなく誰かのマシンでバックアップツールを動かしているか、何もしていないか……。いずれにせよ大変だよ。
そこで、ボクとしてはこのX510 Data Vaultをすすめたいと思っているんだ。」

     
     

園田さん:
「ふぅん。そんなに好感触なの? X510 Data Vaultは多機能で拡張性が高いって触れ込みだろ。“多機能で拡張性が高い”っていうと、なんとなく、パワーユーザーにとって簡単ってだけで、実際はややこしいんじゃないかなって思っちゃうんだけど。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「ありがちだよね。でもX510 Data Vaultは違う。
本当に簡単なんだよ。

なんせWindows Home Server搭載だ。 だからほら、設定画面も見たまま、すぐに操作できる。」

  X510 Data Vaultでできることがひとめでわかる

X510 Data Vaultでできることがひとめでわかる
※クリックで拡大

     
     

園田さん:
「へ―――!これが設定画面なんだ。ここでやりたいことを選んで設定していけばいいんだね。なるほど・・・上に『コンピュータとバックアップ』や『ユーザーアカウント』、『共有フォルダ』なんてボタンがあって普段のPCを操作している感じで使えそうだな。これなら画面を見ながら簡単に操作できるね。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「そうだよ。システム全体のバックアップもできるし、指定したフォルダだけバックアップ、ってのもできるから“マイドキュメントに入れたファイルは全部バックアップされる”っていう使い方でもいいよね。」

     
     

園田さん:
「それも、この画面で全部設定できるんだね? これなら、SOHOにありがちな“仕事で使うソフトにはものすごくくわしいけどシステム方面はてんで苦手”という人でも自分でメンテナンスできるかな。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「問題ないよ。画面を見ながら設定すればいいから簡単だし、X510 Data Vaultには『速攻! HPホームサーバー』っていうガイドブックもついているんだ。こういうのがあると、わかりやすいし、安心でしょ。」

     
     

園田さん:
「堅苦しくてめんどくさそうなマニュアルじゃなくてムックがついているんだね。面白いな。雑誌によくあるハウツー記事のように設定方法が1画面1画面出ているし、用語集もある。要は自分がやりたいところだけ見ればいいんだ。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「そうなんだ。SOHOでやることって言ったらまずは大事なマシンのシステムバックアップだよね。ここは特に何も見なくてもできる。そして、他のことをしたくなったらガイドブックをぱらぱらとめくればわかるようになっている。」

     
     

園田さん:
「なるほどね。Windowsユーザーなら画面見ればなんとなくわかるし、ガイドもあるから問題なし、か。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「そうそう、WindowsだけじゃなくてMacでも大丈夫だよ。」

     
     

園田さん:
「え、Macも大丈夫なんだ?」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「SOHOだもの、Macユーザーも当然いるさ。イマドキのSOHOは両方使っているところも多くて、でも、大抵はどっちかのシステムが得てして手薄だ。」

     
     

園田さん:
「わかるなぁ。Macメインで仕事しているけどWindowsも一応、とか、メインはWindowsだけどiPhoneやiPadのアプリ開発にMacも入れてみた、とか。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「X510 Data Vaultならどっちでも大丈夫なんだよ。たとえばMacユーザーなら誰しもが使えるかどうか絶対に気になるTime Machineにも対応している。」

     
     

園田さん:
「へぇ! Time Machineにも対応しているんだ。NASにはめずらしいんじゃない?」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「そうだね。まぁ、対応ってだけなら実は他社製品にもなくはない。
だけど、実際にやろうとすると、Mac側でいろいろ準備しなきゃいけないとか、NASに固定IPアドレスを設定しなきゃいけないとか、何かと面倒なんだよ。サポートに問い合わせてもわかってなかったりする。」

     
     

園田さん:
「あ、ボクもMacの細かい設定はわからないから突っ込んだ質問をされたら困るな。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「その点X510 Data Vaultなら、ただ“対応してます”ってだけじゃないから大丈夫。
設定画面だってこの通り用意されていて、簡単にバックアップのセットアップができるんだ。」

  Time Machineでのバックアップ

Time Machineでのバックアップ
※クリックで拡大

     
     

園田さん:
「ほんとだ! これならMacユーザーにも何の違和感もなく使えるね。買っていただいた後はお客様に自分でやってもらえるのは、営業マンとしては実にありがたいよ。」

     
園田さんイメージ
秋本さんイメージ
     

秋本さん:
「これでバックアップを確実にとってもらえるようになれば、システムのほうのトラブルで悩まされることも減るしね。」

     

次ページへ続く: NASで大事なこと、それは信頼性と拡張性

 

Top ? 1 ? 2 ? 3