HP Partner News Web

FAQ - プリンター

FAQ - プリンター FAQ - プリンター

【ご注意】本ページの記載内容は掲載日(各FAQごとに記載)時点のものです。予告なく変更されることがあるため、最新の情報ではない可能性がありますことをご了承願います。その他、製品に関するプリセールスのお問い合わせは、HPパートナーインフォメーションセンターまでお問い合わせ願います。

プリンター【購入前】のよくある質問

項目をクリックすると、詳細が表示されます。

【購入後】のよくある質問へ

◆Officejet 100 Mobile

 

対応インクは以下のとおりです。
記載以外にもお得なパック製品をご用意しております。

 ・HP 129プリントカートリッジ 黒
 製品番号:C9364HJ 可能枚数:約420枚 (A4判)

 ・HP 131プリントカートリッジ 黒
 製品番号:C8765HJ 可能枚数:約480枚 (A4判)

 ・HP 134プリントカートリッジ カラー
  製品番号:C9363HJ 可能枚数:約560枚 (A4判)

 ・HP 135プリントカートリッジ カラー
  製品番号:C8766HJ 可能枚数:約330枚 (A4判)

 ・HP 138プリントカートリッジ フォトカラー
  製品番号:C9369HJ 可能枚数:約180枚 (L判)

※HP129はHP131と比べてノズル数が多く高速印刷が可能です。
※文書や写真の印刷には黒とカラーカートリッジ、高画質な写真印刷ではカラーとフォトカラーカートリッジの組み合わせを推奨します。



 

348 x 175.3 x 84.4 mm(幅X奥行X高さ)、2.3kg になります。
持ち運び可能な軽量・コンパクトボディを実現しております。
詳細はこちらよりご確認いただけます。



 

本製品はUSB、Bluetoothを備えておりますが、これらの接続を通じてAndroid端末からプリント可能なアプリを弊社から提供しておりません。
そのため、残念ながら、【2013年10月現在】において、Android端末からの印刷には対応いたしておりません。



 

本製品はUSB、Bluetoothを備えておりますが、これらの接続を通じてiOS端末からプリント可能なアプリを弊社から提供しておりません。
そのため、残念ながら、【2013年10月現在】において、iOS端末からの印刷には対応いたしておりません。



 

付属しておりません。
バッテリーがあれば、外出先で電源コンセントを確保できない場所でもプリント可能です。
是非「HP リチウム・イオンバッテリ(CQ775A)」をお求めください。



 

持ち出し先の諸外国でも、同一モデルが販売されていれば、そのモデルの対応インクをご使用いただけます。



 

本製品は「シングルカートリッジモード」に対応しており、例えば、カラーインクカートリッジを外して、黒インクカートリッジのみをセットしてプリントする、といったご利用が可能です。



 

本製品はBluetooth2.0を標準搭載しておりBluetooth経由でプリントできます。
尚、接続されるデバイスは以下の条件を満たす必要がございます。

・Bluetooth2.0互換
・OS、各システム要件(下記プリンター仕様)より判断ください。
・Bluetoothプロファイル(HCRP, BIP, OPP,SPP)

プリンター仕様



 

Windows8でご利用頂くには下記WEBからのドライバーソフトウェアのダウンロード、及びインストールが必要です。

インクジェット製品情報



 

Windows XP home/Pro(SP2以降)に対応しております。
最新のプリンタドライバーは弊社Webサイトよりダウンロード頂けます。



 

HP129プリントカートリッジ黒とHP135プリントカートリッジカラーが付属しております。



 

MacintoshOS との対応状況はこちらからご確認できます。



◆Officejet 150 mobile

 

対応インクは以下のとおりです。
記載以外にもお得なパック製品をご用意しております。

 ・HP 129プリントカートリッジ 黒
 製品番号:C9364HJ 可能枚数:約420枚 (A4判)

 ・HP 131プリントカートリッジ 黒
 製品番号:C8765HJ 可能枚数:約480枚 (A4判)

 ・HP 134プリントカートリッジ カラー
  製品番号:C9363HJ 可能枚数:約560枚 (A4判)

 ・HP 135プリントカートリッジ カラー
  製品番号:C8766HJ 可能枚数:約330枚 (A4判)

 ・HP 138プリントカートリッジ フォトカラー
  製品番号:C9369HJ 可能枚数:約180枚 (L判)

※HP129はHP131と比べてノズル数が多く高速印刷が可能です。
※文書や写真の印刷には黒とカラーカートリッジ、高画質な写真印刷ではカラーとフォトカラーカートリッジの組み合わせを推奨します。



 

本製品はUSB、Bluetoothを備えておりますが、これらの接続を通じてiOS端末からプリント可能なアプリを弊社から提供しておりません。
そのため、残念ながら、【2013年10月現在】において、iOS端末からの印刷には対応いたしておりません。



 

複数枚の原稿をまとめてセット頂く事はできません。
原稿は1枚毎、手動でセット頂く必要がございます。
ご使用可能なサイズや種類は以下の通りです。

 原稿サイズ:A4,B5,レター,リーガル
 原稿種類:普通紙(64~90g/㎡)

また、原稿の両面をスキャン頂く場合は表裏の入替えを手動で行って頂く必要がございます。



 

一般的な名刺サイズ(91×55mm)には対応いたしておりません。
本製品の印刷可能領域外となっており給排紙ならびに設定を行えません。



 

本製品はBluetoothを備えておりますが、残念ながら、Bluetooth経由でのスキャンには対応しておりません。



 

本製品はBluetooth2.0を標準搭載しておりBluetooth経由でプリントできます。(スキャンは非対応)。
尚、接続されるデバイスは以下の条件を満たす必要がございます。

・Bluetooth2.0互換
・OS、各システム要件(下記プリンター仕様)より判断ください。
・Bluetoothプロファイル(HCRP, BIP, OPP,SPP)

プリンター仕様



 

Windows RT に標準装備されているプリンタードライバーで対応しております。
ただし、以下の機能に制限ございます。

【主な制限項目】
・フチ無プリント設定の項目はありません。
・最高のプリント解像度は1200x1200までです。
・用紙サイズのリストに非対応のサイズが含まれている場合があります。
・ツールボックスはありません。
・スキャン機能はWindowsストアから[HP Scan and Capture] アプリをダウンロードしてご利用ください。
スキャンはプリンター側から操作はできません。 アプリのインストールには Microsoftのアカウント登録が必要となります。



 

プリンターに接続したUSBメモリ内の写真(JPEG)を、プリンター本体の液晶画面から参照・選択してプリントする事が可能です。
パソコンを使用頂く必要はございません。



 

Windows8でご利用頂くには下記WEBからのドライバーソフトウェアのダウンロード、及びインストールが必要です。

インクジェット製品情報



 

予めプリンターに挿しておいたメモリカードに対し、ダイレクトに保存(JPEG,PDF)できます。
パソコンを使用頂く必要はございません。



 

バッテリーは本製品に標準で付属しております。
別途オプションで追加購入されたい場合は「HP リチウム・イオンバッテリ(CQ775A)」をお求めください。



◆Officejet 4620

 

本製品でファクス送信、及び、ファクス受信を使用するには、必ず電話回線との接続が必要となって参ります。
また、本製品とお手持ちの電話機を接続する事も可能でございます。

ビジネスインクジェットプリンター スペシャルサイト



 

対応インクは以下の通りです。
記載以外にもお得なパック製品をご用意しております。

・HP178 インクカートリッジ 黒
 製品番号:CB316HJ 可能枚数:約250枚 (A4判)

・HP178インクカートリッジ シアン 
 製品番号:CB318HJ 可能枚数:約300枚 (A4判)

・HP178インクカートリッジ マゼンタ
 製品番号:CB319HJ 可能枚数:約300枚 (A4判)

・HP178インクカートリッジ イエロー 
 製品番号:CB320HJ 可能枚数:約300枚 (A4判)

・HP178XLインクカートリッジ 黒 スリム増量
 製品番号:CN684HJ 可能枚数:約550枚 (A4判)

・HP178XLインクカートリッジ シアン 増量
 製品番号:CB323HJ 可能枚数:約750枚 (A4判)

・HP178XLインクカートリッジ マゼンタ 増量
 製品番号:CB324HJ 可能枚数:約750枚 (A4判)

・HP178XLインクカートリッジ イエロー 増量
 製品番号:CB325HJ 可能枚数:約750枚 (A4判)



 

無線LAN、及び、USBでの接続に対応しています。



 

Windows 7に対応しております。
最新のプリンタドライバーは弊社Webサイトよりダウンロード頂けます。



 

Windows8でご利用頂くには下記WEBからドライバーソフトウェアのダウンロード、及びインストールが必要です。

インクジェット製品情報



 

インクカートリッジは一式同梱されております。
予備のインクもお求めの場合、弊社直販のDirectplusであれば、本体とインクの同時購入により10%お得な価格で購入頂けます。是非ご検討下さい。

<オンラインストア HP Directplus> 
 個人のお客様  
 法人のお客様(従業員100名未満)



 

サポートするWindows環境であればスキャンソフトウェアを使用してPDFで保存可能です。プリンタ仕様よりサポートWindowを確認ください。


MacintoshにつきましてはOSによって異なる可能性がございます。
詳細はこちらの窓口までお問い合わせください。



 

本製品は短縮ダイアルとして99件まで登録可能です。
頻繁に利用されるFAX番号などをあらかじめ登録しておくことで、FAX番号の入力の手間を省けます。



 

本製品は電話回線と接続することで、ファクス送信、及び、ファクス受信が可能でございます。
また、ファクス送信、ファクス受信機能につきましては、パソコンとの接続は必須ではございません。



 

対応OS確認中



 

接続例等、詳細は下記を参照下さい。

ビジネスインクジェットプリンター スペシャルサイト



 

受信済みのファクスデータはプリンタ内メモリに保存されており、直近のデーターを最大8件まで再プリントする事ができます。

※[バックアップ ファクス受信]をONに設定しておく必要があります。
※プリンタ内に保存されたファクスデータは再プリント用となります。



 

プリンター自体に電話(通話)機能はございません。
プリンターをお手持ちの電話機と接続頂く事で、電話機能付きのファクス機としてご利用頂けます。

ビジネスインクジェットプリンター スペシャルサイト



 

ADF(自動原稿送り装置)を搭載しており、 普通紙を約35枚※迄、自動でスキャンできます。
また、原稿の読み取りは片面のみの対応となります。

※普通紙は坪量(厚さ)60~75g/m2にて計測



◆Officejet 6100

 

AirPrint機能を使用してのプリント手順につきましては
下記URL内の「AppleのAirPrintから印刷する方法」をご参照ください。

※iOS 4.2以降のiPad・iPhone4・iPhone3GS・iPod touch(第3世代以降)が必要です。
※HP Officejet 7500AでAirPrint機能を使用するには、2010年12月27日以降のファームウェアへ更新する必要があります(要インターネット接続)

Appleモバイル機器から印刷する方法



 

対応インクは以下のとおりです。

・HP 932 インクカートリッジ 黒 
 製品番号:CN057AA 可能枚数:約400枚(A4判)

・HP 932XL インクカートリッジ 黒(増量) 
 製品番号:CN053AA 可能枚数:約1000枚(A4判)

・HP 933XL インクカートリッジ シアン(増量) 
 製品番号:CN054AA 可能枚数:約825枚(A4判)

・HP 933XL インクカートリッジ マゼンタ(増量) 
 製品番号:CN055AA 可能枚数:約825枚(A4判)

・HP 933XL インクカートリッジ イエロー(増量)
 製品番号:CN056AA 可能枚数:約825枚(A4判)



 

Android version 2.2以降の端末からであれば、HP ePrintというアプリをGoogle Play からご入手頂く事で、プリント可能でございます。
詳細は下記URLよりご確認いただけます。

[アプリ]HP ePrint



◆Officejet 6700 Premium

 

一枚当たりのランニングコストは以下のようになります。
(2013年9月現在のHP Directplusでのインクカートリッジの価格を使用して算出。用紙コストは含まれておりません。)

・A4カラー文書(普通紙):約8.8円
・A4モノクロ(普通紙):約3.2円




 

2013年9月現在、Officejet 6700 premium に代わる後継・代替推奨製品は発表されておりません。



 

Android version 2.2以降の端末からであれば、HP ePrintというアプリをGoogle Play からご入手頂く事で、プリント可能でございます。
詳細は下記URLよりご確認いただけます。

[アプリ]HP ePrint



 

下記の封筒サイズに対応しております。

封筒長形 3 号 (120 x 235mm)
封筒長形 4 号 (90 x 205mm)
米国 10 号封筒 (105 x 241mm)
Monarch 封筒 (98 x 191mm)
カード封筒 (111 x 152 mm)
A2 招待状用封筒 (111 x 146mm)
DL 封筒 (110 x 220 mm)
C5 封筒 (162 x 229 mm)
C6 封筒 (114 x 162 mm)



 

Windows8でご利用頂くには下記WEBからドライバーソフトウェアのダウンロード、及びインストールが必要です。

インクジェット製品情報



 

「はがき」「往復はがき」サイズへのプリントに対応しております。

※郵便はがき、インクジェット郵便はがきを推奨します。
※往復はがきへのフチなしプリントには対応しておりません。
※はがきの自動両面プリントには対応しておりません。



 

本製品は無線LAN(IEEE802.11b/g/n)接続に対応しております。
接続されるパソコンがシステム要件を満たしているかどうかは、こちらよりご確認いただけます。

>>製品仕様 を選択後、PC環境の欄をご参照ください。



 

本製品は有線LAN(10base-T/100base-TX)接続に対応しております。
接続されるパソコンがシステム要件を満たしているかどうかは、こちらよりご確認いただけます。

>>製品仕様 を選択後、PC環境の欄をご参照ください。



 

写真用紙へのプリントに対応しております。
弊社の純正用紙でもご用意いたしております。

HP純正用紙一覧



◆Officejet 7110

 

'一枚当たりのランニングコストは以下になります。
(2013年9月現在のHP Directplusでのインクカートリッジの価格を使用して算出。用紙コストは含まれておりません。)

・A4カラー文書(普通紙):約8.8円
・A4モノクロ(普通紙):約3.2円



 

別途、自動両面ユニット(C7G18A)が必要でございます。



 

A3,A3+サイズのプリントに対応しております。また、フチなしの設定も可能でございます。



 

USBケーブル、LANケーブルが付属しております。



◆Officejet 7500A

 

AirPrint機能を使用してのプリント手順につきましては
下記URL内の「AppleのAirPrintから印刷する方法」をご参照ください。

※iOS 4.2以降のiPad・iPhone4・iPhone3GS・iPod touch(第3世代以降)が必要です。
※HP Officejet 7500AでAirPrint機能を使用するには、2010年12月27日以降のファームウェアへ更新する必要があります(要インターネット接続)

Appleモバイル機器から印刷する方法



 

本製品は、ADF(A4まで)、又は、ガラス面(最大リーガル、手動操作でA3まで)へ読み取り原稿をセットしてスキャンする事が出来ます。
ガラス面からA3原稿をスキャンする際は、原稿を二回に分けてスキャンを行う必要がございます。
実際のスキャン手順につきましては、ご使用のOSによって異なって参ります。

スキャン/取り込み

参考:A3 サイズ原稿のコピー
※こちらはコピー手順となりますが、A3原稿のセット手順としてご参考ください。



 

最大A3+まで、普通紙なら最大150枚までセット可能な給紙トレイを、本体の前面に一つ備えております。



 

対応インクは以下の通りです。

・HP920インクカートリッジ 黒 
 製品番号:CD971AA 可能枚数:約420枚 (A4判)

・HP920XLインクカートリッジ シアン
 製品番号:CD972AA 可能枚数:約700枚 (A4判)

・HP920XLインクカートリッジ マゼンタ 
 製品番号:CD973AA 可能枚数:約700枚 (A4判)

・HP920XLインクカートリッジ イエロー
 製品番号:CD974AA 可能枚数:約700枚 (A4判)

・HP920XLインクカートリッジ 黒 増量 
 製品番号:CD975AA 可能枚数:約1200枚 (A4判)



 

本製品はパソコンで作成したデーターをプリントせずにダイレクトにファクス送信を行う「PCファクス送信」に対応しております。
また、受信したファクスをパソコンへデーターとして保存する「PCファクス受信」にも対応しております。尚、「PCファクス受信」はWindowsのみの対応となっており、プリント機能のオン/オフが可能です。

「PCファクス送信」「PCファクス受信」どちらの機能の場合でも、プリンタ本体は電話回線と接続されている必要がございます。



 

A3、A3+サイズのプリントに対応しております。また、フチなしの設定も可能でございます。



◆Officejet 7610

 

本製品は、ADF(A4まで)、又は、ガラス面(最大A3まで)へ読み取り原稿をセットしてスキャンする事が出来ます。実際のスキャン手順につきましては、ご使用のOSによって異なって参ります。

スキャン/取り込み



 

ガラス面(最大A3まで)へ読み取り原稿をセットしてスキャンする事が出来ます。
実際のスキャン手順につきましては、ご使用のOSによって異なって参ります。

スキャン/取り込み



◆Officejet Pro 8100

 

月間耐久枚数は【20,000 ページ/月まで】となります。
目安値となり用途や環境にも左右されます。
あらかじめご了承ください。



 

「はがき」「往復はがき」サイズへのプリントに対応しております。

※郵便はがき、インクジェット郵便はがきを推奨します。
※往復はがきへのフチなしプリントには対応しておりません。
※はがきの自動両面プリントには対応しておりません。



◆Officejet Pro 8600

 

本製品でファクス送信、及び、ファクス受信を使用するには、必ず電話回線との接続が必要となって参ります。
また、本製品とお手持ちの電話機を接続する事も可能でございます。

ビジネスインクジェットプリンター スペシャルサイト



 

ファクス送受信につきましては、公衆一般回線でのご使用をサポートしております。
光回線、IP電話回線でのファクス送受信の可否につきましては、ご契約中のIP(インターネットサービスプロバイダー)様までご相談ください。




 

一枚当たりのランニングコストは以下になります。
(2013年9月現在のHP Directplusでのインクカートリッジの価格を使用して算出。用紙コストは含まれておりません。)

・A4カラー文書(普通紙):約6.5円
・A4モノクロ(普通紙):約1.5円



 

本製品はパソコンで作成したデーターをプリントせずにダイレクトにファクス送信を行う「PCファクス送信」に対応しております。
また、受信したファクスをパソコン上のネットワーク共有フォルダへデーターとして保存する「PCファクス受信(デジタルSEND)」にも対応しており、プリント機能のオン/オフも可能です。
ただし、ネットワーク接続環境である必要がございます。

尚、「PCファクス送信」「PCファクス受信」どちらの機能の場合でも、プリンタ本体は電話回線と接続されている必要がございます。



 

プリンタドライバーから、黒インクのみを使用したプリントを設定可能です。
ただし、インクカートリッジはすべて装着されており、インク残量が完全に切れていない状態である必要がございます。



 

本製品は電話回線と接続することで、ファクス送信、及び、ファクス受信が可能でございます。
また、ファクス送信、ファクス受信機能につきましては、パソコンとの接続は必須ではございません。



 

操作および見やすいように角度を変更可能です(仰角)



◆Officejet Pro 8600 Plus

 

一枚当たりのランニングコストは以下になります。
(2013年9月現在のHP Directplusでのインクカートリッジの価格を使用して算出。用紙コストは含まれておりません。)

・A4カラー文書(普通紙):約6.5円
・A4モノクロ(普通紙):約1.5円



 

対応インクは以下の通りです。

・HP 950 インクカートリッジ 黒 
 製品番号:CN049AA 可能枚数:約1000枚(A4判)

・HP 950XL インクカートリッジ 黒(増量)
 製品番号:CN045AA 可能枚数:約2300枚(A4判)

・HP 951XL インクカートリッジ シアン(増量)
 製品番号:CN046AA 可能枚数:約1500枚(A4判)

・HP 951XL インクカートリッジ マゼンタ(増量)
 製品番号:CN047AA 可能枚数:約1500枚(A4判)

・HP 951XL インクカートリッジ イエロー(増量)
 製品番号:CN048AA 可能枚数:約1500枚(A4判)



 

一般的な名刺サイズ(91×55mm)には対応いたしておりません。
本製品の印刷可能領域外となっており給排紙ならびに設定を行えません。



 

本製品はパソコンで作成したデーターをプリントせずにダイレクトにファクス送信を行う「PCファクス送信」に対応しております。
また、受信したファクスをパソコン上のネットワーク共有フォルダへデーターとして保存する「PCファクス受信(デジタルSEND)」にも対応しており、プリント機能のオン/オフも可能です。
ただし、ネットワーク接続環境である必要がございます。

尚、「PCファクス送信」「PCファクス受信」どちらの機能の場合でも、プリンタ本体は電話回線と接続されている必要がございます。



 

本製品は電話回線と接続することで、ファクス送信、及び、ファクス受信が可能でございます。
また、ファクス送信、ファクス受信機能につきましては、パソコンとの接続は必須ではございません。



 

本製品はデジタルSEND機能の一つである「ファクス to Eメール」に対応しております。
当機能により受信したファクスデーターを、メールに添付して、予め指定しておいたEメールアドレス宛へと自動送信する事が可能です。
メールに添付されるファイル形式としては、PDF、TIFFをご選択できます。

尚、「ファクス to Eメール」はモノクロファクス受信時のみの対応となります。



 

ADF(自動原稿送り装置)に最大50枚までの原稿をセットすることで、連続スキャン/連続コピーが可能でございます。
又、ADFは自動両面スキャンにも対応しているため、両面原稿の両面コピー/両面スキャンも可能でございます。



プリンター【購入後】のよくある質問

【購入前】のよくある質問へ

各種オンラインサポートツールへのアクセス方法や、活用方法のご紹介(まとめページ)をご用意しました。
オンラインサポート ›


製品購入後のお問い合わせ窓口(電話番号)一覧を入手するには?
回答はこちら ›