Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

日本HP販売パートナー > 日本HP販売店制度 > HP Partner News Web

ビジネスPC販売の新提案

〜Thin Client 編 (超小型シンクライアント HP t5325 Thin Client)〜

HP Partner News Web

最新号
アーカイブ
特集
連載記事
事例
FAQ
昭島工場見学プログラム
HP Unison Partner Portal ログイン
→ニュース/イベント
→HP Partner News
パートナー様向け
お役立ちリンク集
パートナー様向け
営業ツール紹介
日本HP サイトマップ
 
特別価格情報やキャンペーン情報満載 HP ProLiant プレミアムモール
コンテンツに進む
ビジネスPC販売の新提案 Thin Client 編 (超小型シンクライアント HP t5325 Thin Client)
話題のシンクライアント新製品から最新のCPU、無料セキュリ.ティソフトウェアなどのテーマごとに、実際のセールスシーンを想定してご紹介し、これからのビジネスPC販売の新提案としてお役立ていただく本特集。 前回のHP MultiSeat Computing 編に続いて取上げるのは、「シンクライアント」です。

課題は管理の負荷とセキュリティ対策

営業の田中さんは、あるアパレルメーカーのお客様からオフィス用PC 250台のリプレース提案を求められました。
お客様:
「国内の店舗で使用している全デスクトップPCのリプレース期間が迫っているんですが、新店舗が増えると共に、システム管理の負荷も相当大きくなっています。
セキュリティパッチやソフトウェアのライセンス管理など、その都度システム部の担当者が各店舗へ出向いて、PCの設定を行なわなければならないので、大変不便を感じているんですよ。」
お客様イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「たしかに、店舗ごとに対応しなくてはならないとなると管理も非常に大変ですよね。」
お客様:
「さらに、コンプライアンス上、顧客の情報漏洩やデータ損失を防ぐ必要性にも迫られているので、単純に新しいデスクトップPCに入れ替えるわけには行きません。
しかしながら、大規模なシステム構築する予算もないので、なにか良いソリューションのご提案をいただけないでしょうか?」
お客様イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「わかりました。ひとまず自社に持ち帰り、ご要望にお応えできるプランをあらためて提案させてください。」

シンクライアントならではのメリットとは

田中さんは、以前、福沢先輩が似たような案件を抱えていたことを思い出し、さっそく相談してみました。
福沢先輩:
「なるほどね。そういった課題ならば、シンクライアントソリューションがうってつけじゃないかな。」
福沢先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「シンクライアントソリューションですか?」
福沢先輩:
「そう。同様の悩みを抱える企業が、その施策としてPCのリプレースにシンクライアントを導入する例が最近増えているんだよ。」
福沢先輩イメージ
【解説】成長するシンクライアントソリューション
「運用管理」と「セキュリティ」、この2つの課題を解決し、費用対効果が高いクライアントソリューションとしてシンクライアントが大きく注目されてきました。国内のシンクライアント化端末と合わせた出荷台数は、2013年に34万台超まで拡大する*と言われています。
また、関連サービスを合わせたシンクライアントソリューションの市場規模は、2013年には676億円規模に達すると予測されている*ほど、今後さらに成長が期待されています。
*出典:IDC Japanプレスリリース「国内クライアント仮想化市場規模予測を発表」 2009年11月
福沢先輩:
「システム導入の要件や環境によって導入後の効果はそれぞれだけれど、実際に扱った案件の中で、Web系の自社アプリケーション利用のPC環境をシンクライアント化して、運用コストを30%削減した事例もあるよ。」
福沢先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「それは大きいですね!」

集中管理&低消費電力でTCO削減!

福沢先輩:
「ちなみにお客様はどういったアプリケーションを利用されているのかな?」
福沢先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「各拠点で共通の営業管理用アプリと一般的なオフィスアプリを使うとのことでした。」
福沢先輩:
「それなら、HP t5325 Thin Clientを使ったSBC方式のシンクライアントソリューションがいいんじゃないかな。定型業務や一般業務で利用するアプリケーション管理を一本化できるから、管理側の負担が一気に解消できる。」
福沢先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「SBCですか?」
福沢先輩:
「業務ソフトウェアは全てサーバ上で動作させ、クライアント側では画面表示や入力など限定された機能のみを使うソリューションなんだ。」
福沢先輩イメージ
【解説】成長するシンクライアントソリューション
SBC方式とは:
サーバーベースコンピューティングといい、サーバー上のアプリケーションを複数のユーザーで共有して利用する方式のこと。「Citrix XenApp」や「Windows Terminal Server (WTS)」などがある。サーバー上にアプリケーションの仮想環境を提供し、安全性や利便性、管理性を向上させる。

SBC方式のメリット:
定型業務/一般業務のアプリケーションの一元管理が可能。レガシー資産を活用可能。導入コストを抑えることができる。

HP t5325 Thin Client を使用したSBC構成イメージ

HP t5325 Thin Client を使用したSBC構成イメージ
※クリックで拡大
このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

福沢先輩:
「そして、肝心のシンクライアントだけど、t5325は、他社の同等クラスの製品と比べても、最大のパフォーマンスと低消費電力を実現しているんだ。大きさは手のひらサイズというコンパクト設計。何よりも、一台2万円台という魅力的な価格となっている。」
福沢先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「すごい! それはお客様に喜んでいただけますよ!」
福沢先輩:
「シンクライアント側にはデータが保存されないので、セキュリティが保たれる上に作業も快適だ。生産性が確実に上がる。しかも、t5325は、クライアントの初期設定や集中管理をさらに容易にする様々な管理機能を搭載しているんだ。

プレインストール済みのアプリケーションや、無償で提供されているAdd-Onツールと合わせて確認しておくといいね。これらのツールを活用することで導入/運用時共に作業がかなり簡素化されるはずだよ。」
福沢先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「はい、分かりました。それにしても文庫本を一回り大きくした程度の筐体に、これだけ機能が充実していて2万円台とは驚きです。予算面も含めて魅力的な提案ができそうです。」

【まとめ】

◎圧倒的な性能を保持しながら、1台2万円台というコストパフォーマンスを実現
◎多彩な管理機能を搭載し、運用管理工数を削減
◎優れたセキュリティと耐障害性
◎コンパクト設計で設置も自由に
田中さんは、再度細かいヒアリングを行い、お客様に適した機能やAdd-Onも含めて提案しました。必要な管理ソフトウェアが標準装備されたt5325によるSBCソリューションの提案内容に、シンクライアント化のメリットをあらためて納得いただき、無事発注となりました。

次回は、「ビジネスPC販売の新提案:Core i 5/7編」と題して、お客様へのセールストークtipsをお届けします。

HP t5325 Thin Client を1万円台の特別価格で!「マイクロクライアントキャンペーン」

HP t5325 Thin Client を1万円台の特別価格で!
「マイクロクライアントキャンペーン」

【キャンペーン期間】2010年6月24日(木)〜2010年10月29日(金)
本特集でもご紹介した、Citrix XenApp / XenDesktop端末として最適なHP t5325 Thin Clientを、“単体”と“100台以上”の二つのキャンペーン特別価格にてご用意しました。
≫ キャンペーン詳細はこちら
HP Partner News 2010年6月22日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡