Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

日本HP販売パートナー > 日本HP販売店制度 > HP Partner News Web

ビジネスPC販売の新提案

HPならではの安心をご提供 〜HP Care Pack編〜

HP Partner News Web

最新号
アーカイブ
特集
連載記事
事例
FAQ
昭島工場見学プログラム
HP Unison Partner Portal ログイン
→ニュース/イベント
→HP Partner News
パートナー様向け
お役立ちリンク集
パートナー様向け
営業ツール紹介
日本HP サイトマップ
 
特別価格情報やキャンペーン情報満載 HP ProLiant プレミアムモール
コンテンツに進む
ビジネスPC販売の新提案 タイトルイメージ ビジネスPC販売の新提案 タイトルイメージ
実際のセールスシーンを想定しながら、話題のシンクライアント新製品から最新のCPU、無料セキュリティソフトウェア等をテーマ毎にご紹介し、ビジネスPC販売の新提案としてお役立ていただく本特集。
シリーズ最終回となる今回は、HPならではの安心をご提供するサポートサービス「HP Care Pack」についてご紹介します。

過去の苦い経験から保証内容を再検討

営業の田中さんは、先日先輩から教えてもらった「HP ProtectTools」を含めたPCのリプレース提案を早速実践しましたが、お客様よりそのことで改めてご相談したいとの連絡がありました。
お客様:
「先日、ご説明いただいたHP ProtectToolsがバンドルされたPCを導入する方向で、前向きに検討を進めています。ただし、最終決定をする前に保証内容についてもきちんと確認するようにと上司から釘を刺されておりまして。」
お客様イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「はい。今回ご提案させていただいているPC製品には、1年間の引き取り修理サービスと、1年間のパーツ保証が無償で提供されています*。」
*HP製品に付属の標準保証の内容は、製品別に異なります。
お客様:
「確かにそうですが、導入するPCは3年以上の利用を想定しています。実は以前、購入後3年目のPCが数台、立て続けにトラブルを起こしたことがあって、修理費用が大変高額になったことがあったんですよ。

しかもそのうちの一台は、ハードディスクの障害で重要なデータが消失してしまったため、データリカバリ業者に復旧作業を頼んだのですが、この費用がまた非常に高く、泣くに泣けないといった苦い経験がありまして…。
確か、500GBのハードディスクの復旧で7〜8万円程かかったと記憶しています。今回は、転ばぬ先の杖ということで、先に対策をと考えているんですよ。」
お客様イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「おっしゃるとおり、有償の場合の修理見積りは数万円と、高額になることが多いですね。新規で購入いただく方が安いということになりかねません。
HP製品の標準保証の拡張・延長につきましては『HP Care Pack』という有償オプションがございますので、お見積りを出させていただきます。」
お客様:
「ぜひお願いします。それから、万一ハードウェアが故障した際に保証内容をアップグレードした場合としなかった場合で、コストがどれ位違うのかも教えていただけますか。」
お客様イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「承知いたしました。 その他に何かご心配の点はございますか?」
お客様:
「以前ある社員が、うっかり飲み物をこぼしてPCが使用できなくなってしまった経験があります。その時は、保証期間内でありながら、保証内容が対象外ということでサポートが受けられず、コスト面でかなりの負担を強いられることになりました。
今回導入予定のノートPCですと、さらに落下や衝撃などといった不慮の事故に遭いやすい環境での使用が考えられますので、とても心配です。」
お客様イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「確かに、偶発的な事故の際の修理は、通常サービスでは対象外になりますね。
それでは、今のお話を踏まえて、お客様に必要なサービスを検討させていただき、改めてご提案させていただきます。」

利用形態に合わせた保証が選べる

田中さんは会社に戻ると早速、山本先輩に今回のお客様の相談内容を説明し、該当するサポートサービスについて聞いてみました。
山本先輩:
「まずHPのPC製品には、通常1年、または3年の『標準保証』が付いているけど、『HP Care Pack』」はその内容に対して、ただ単に期間延長をするだけではなく、使うお客様やその使い方によって、豊富なメニューから保証内容をお選びいただけるのが特長なんだ。
つまりHP製品に関するさまざまなサービスをパッケージ化した、いわば保険形式のオプション製品というわけだね。」
山本先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「お客様には、それぞれのニーズに合わせた安心をご提供できるというわけですね?」
山本先輩:
「そうだ。HPでは、お客様により快適にPCを利用いただくためには、その利用形態に合わせた、異なるメニューが必要だと考えている。

そこで、『HP Total Care』という新しいサービス体系の元で、PCのライフサイクルに合わせた様々なサービスメニューを用意し、トータルなサポートを提供しているんだ。Total Careについては、HP Care Packの内容を含め、詳しくまとめたカタログ(PDF)があるから後で目を通しておくといいだろう。」
山本先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「了解しました!」

セキュリティ強化対策に繋がる豊富なサービスメニュー

山本先輩:
「今回のお客様の相談内容に関しては、まず標準保証の内容を、3〜5年の間での延長をお勧めした方が良いだろう。お客様がおっしゃる通り、保証期間外の修理費はかなりの高額になるからね。

ノートPCの場合を例に挙げると、システムボードやハードディスクの交換が必要な場合は、それぞれ4万〜6万円、ファンなどの部品交換では2万〜3万円程度の修理代が、その都度かかってしまうことになる。

これが『HP Care Pack』の長期定額サポートを使えば、5年間(10,500円〜)で、交換パーツの種類や交換回数に関わらず、追加費用なしに修理を依頼できるんだ。」
山本先輩イメージ
● 保証期間外の修理料金とHP Care Pack料金の比較

保証期間外の修理料金とHP Care Pack料金の比較

* トラブル状況や使用パーツの種類・個数により概算料金を超えることがあります。
* 修理拠点までの送料はお客様負担です。
 オンサイト(出張修理)対応は、出張費等を別途ご請求します。
* 詳細は「HPノートブック製品 概算修理料金のご案内」をご覧ください。
田中さんイメージ
田中さん:
「交換回数に関わらず追加費用がないというのは、すごいですね!」
山本先輩:
「まあ、故障しないに越したことはないが、精密機器には思わぬトラブルがつきものだし、使用頻度によってもトラブルの発生度は変わってくるからね。

それから、保証期間を延長するだけではなく、エンジニアによる訪問サービスによって修理を行う『翌日対応』、または『4時間対応』といったオプションの選択も可能だ。 そうそう、ハードディスク障害に対応した『HD返却不要サービス』も用意されているよ。」
山本先輩イメージ
田中さんイメージ
田中さん:
「HD返却不要ってどういうことですか? もう少し詳しく教えてください。」
   
次ページへ続く: HD返却不要サービスとは
   
  Top ⁄ 1 ⁄ 2
HP Partner News 2010年8月3日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡