Windows Small Business Server 2011 Essentials 発売!!

 

 

Error processing SSI file

サーバーをはじめて導入する中小企業向けに設計された、シンプルなハイブリッドサーバーソリューション

 

5月26日、日本マイクロソフト株式会社から中小企業向けのWindows Small Business Server 2011 Essentials(以下SBS 2011 Essentials)が発表されました。
日本HPでも、いち早く同製品に対応したHP ProLiant MicroServerをはじめ、主だったタワー型、ラック型HP ProLiantサーバーへの対応を完了しました。加えてHP Directplusではプリインストールモデルの受注を開始しました。そこで、今回は日本HP株式会社製品マーケティング本部製品企画部 小川竜司をまじえつつ、日本マイクロソフト株式会社Windows Server製品部プロダクトマネージャー の房本亜希氏にSBS 2011 Essentials投入の背景や製品特性、戦略を伺いました。

Q: SBS 2011Essentialsの製品コンセプトとターゲット顧客を教えてください。

日本マイクロソフト株式会社Windows Server製品部プロダクトマネージャ の房本亜希氏

日本マイクロソフト株式会社
Windows Server製品部
プロダクトマネージャ
房本 亜希 氏
 

房本氏(MS):
日本の従業員100名以下の中小企業は、全国に151万社ほど存在します。 そのうち、従業員数10名以上100名以下の企業が約40万社のうち、サーバーをまだ導入していない企業が16万社ほどあり、 加えて、100万社ほどある従業員数10名以下の SOHOや小規模企業のお客様は、そのほとんどがまだサーバーを導入されていないと考えられます。 導入しない理由としては、サーバーは運用が難しい、導入コストが高い、導入のメリットが分からない、などがあげられています。SBS 2011 Essentialsはそうしたサーバー未導入の中小企業、もしくはSOHO、自営業のお客様を想定したサーバーソリューションで、製品コンセプトは「はじめてのサーバー」です。 データストレージ、バックアップ、ファイル共有といったサーバーの基本機能に、リモートアクセス機能、クラウド連携を組み合わせたシンプルな設計で、サーバーの管理コンソールではなく専用の管理ツール「ダッシュボード」で簡単に管理ができる仕組みになっています。 いままでサーバーを導入したことがないお客様でも、抵抗なくお使い頂くことが可能です。

※出典:総務省平成18年事業所・企業統計調査、および Small and Medium
Business Market Study(Nord institute, 2009)をもとに日本マイクロソフト調べ




クリックで拡大
 

Q:セールスポイントが「簡単」ということですが具体的にご説明いただけますか。

房本氏(MS): いくら簡単と申し上げても、サーバー製品ですと、やはり難しいのではないかというイメージをもたれるかと思います。SBS 2011 Essentialsは、製品担当になった当初、サーバーについてはまったくの素人であった私でも、直感的にすぐに操作することがができたくらい、本当に簡単です。普段お使いいただいているPCの延長線上という感覚でご利用いただけます。 以下、主要な6つの便利機能です。

  1. 導入や設定が簡単
    サーバーの管理に関しては、専用のツールである「ダッシュボード」で簡単に設定や管理ができ、専門知識は一切不要です。また、社内のPCには、はじめに、クライアント用ツール「スタートパッド」をインストールすることでで、自動的にバックアップの設定などがされ、サーバー側からPCの監視、設定が簡単にできるようになります。

クリックで拡大
  1. ID管理が簡単
    SBS 2011Essentialsでは、簡単にActive Directoryのユーザーアカウントを管理することができます。
    SBS 2011 Essentialsをインストールすると、自動的にActive Directoryのドメインコントローラが構成され、「ダッシュボード」上で、ウイザードに従って、基本的なログイン名、パスワード、管理者権限などの項目を入力するだけで、ユーザーのアカウント追加や管理ができます。Active Directoryはハードルが高いと思われがちですが、サーバーを初めて導入されるお客様にも簡単にご利用いただくことができます。

クリックで拡大
  1. 共有フォルダの一元管理が簡単
    共有フォルダへのアクセス権付与なども、Active Directoryと連携してウイザードで簡単にできます。専門知識が不要で、コンプライアンス対策にもなります。

クリックで拡大
  1. バックアップ機能が標準搭載
    SBS 2011 Essentialsには、バックアップ/リストア機能が標準で搭載されています。PCに「スタートパッド」をインストールすると、PCのバックアップが自動的に設定され、サーバー側でバックアップを管理することができます。たとえば、業務を妨げない深夜にスケジュールを設定して、自動的にPCのバックアップを取ることができ、バックアップの取り忘れを防ぐことができます。
    このほか、バックアップを取ったサーバー自体のフルバックアップも取れます。データ復元も簡単で、ファイル単位から復元することができ、万が一PCが壊れてしまった場合でも、OSを再インストールすることなく、元の環境を復元できるベアメタル回復にも対応しています。

クリックで拡大
  1. リモートアクセス機能が標準搭載
    SBS 2011 Essentialsでは、インターネット接続さえあれば、Webブラウザを使って簡単に会社の環境にリモートアクセスすることができます。
    BCP対策で、在宅勤務環境を実現するリモートアクセス機能が注目を集めていますが、SBS 2011 Essentialsでは追加コストなしで、自宅や外出先からwebブラウザを使ってサーバーの共有フォルダや会社の自分のPCのデスクトップにアクセスできます。

クリックで拡大
  1. クラウドサービスとの連携に対応
    SBS 2011 Essentialsは、多様なクラウドサービスと連携することで、その機能を拡張することができます。「ダッシュボード」上から、クラウドサービスをシームレスに操作できることに加え、標準で搭載されている、Active Directory Federation Service (ADFS)2.0により、クラウドサービスとIDを同期し、シングルサインオン(SSO)環境を実現することができます。これにより、認証の手間を省き、IDとパスワードの管理を一元化することができます。

クリックで拡大

Q:ライセンス体系はどのようになっていますか。

 

クリックで拡大
 
 

クリックで拡大

房本氏(MS):
SBS 2011製品ファミリーは、25ユーザーのSBS 2011 Essentialsと、75ユーザーのSBS 2011 Standard、それとSQL Server 2008 R2 Standardなどを含む、オプションのライセンスであるSBS 2011 Premium Add-onという3つのエディション構成となっています。 今回日本HPさんがOEM販売を開始したSBS 2011 Essentialsは、25ユーザーが上限で、リモートアクセスのライセンスもそこに含まれていますので、別途CALをご購入いただく必要はございません。

お客様の初期投資を低く抑えるとともに、パートナー様が販売する際の複雑なCALの組み合わせなどの手間が省け、手離れが良いかと思います。 SBS 2011 Essentialsは導入と運用が簡単なうえに、初期投資が小さく収まるお得な買い方ができるライセンス体系となっていますので、中小企業、SOHO、自営業などのお客様には最適かと思います。

すでに、日本HPさんからもHP ProLiant MicroServerなど、多数のサーバー製品でご対応いただき、バンドルプラス(ROK)でご提案いただける体制が整っています。

  日本ヒューレットパッカード株式会社 製品マーケティング本部 製品企画部 小川 竜司

日本ヒューレットパッカード株式会社
製品マーケティング本部 製品企画部
小川 竜司

Q:SBS 2011 Essentialsにいち早く対応したHP ProLiant MicroServerとはどのような製品ですか。

小川(HP):
HP ProLiant MicroServer(以下MicroServer)は、弊社のサーバー製品ラインではエントリーに位置しますが、今までのHP ProLiantサーバーとは視点が少し違い、デスクの上や書類棚などに置いて少人数で手軽に使うことをテーマにしています。手頃な価格、コンパクトな筐体、静音、省電力という要件を満たしたMicroServerは、初心者の方に特化した機能が盛り込まれているSBS 2011 Essentialsでぜひ使っていただきたい製品です。「はじめてのサーバー」というコンセプトにもぴったりです。

Q:HP ProLiant MicroServerの製品特徴についてもう少し詳しくご紹介いただけますか。

 

クリックで拡大
  HP ProLiant Micro Server

小川(HP):
MicroServerの特徴として、音が大変静かなことがあげられます。なぜ静かなのかと言いますと、筐体が箱形というのがポイントです。大型システムファンを採用し、15Wという低消費電力のプロセッサーと組み合わせることで、木の葉がふれあう音と同レベルという際だった静音性を実現しています。サーバーとしての基本機能やオプションも、ECCメモリが最大8GB搭載可能、RAID(0,1)対応、セキュリティ機能など充実していまして、ハードディスクは4台搭載可能で最大8TBまで増設できます。さらに、リモート管理オプションを追加していただくと、リモート環境からの電源オン/オフ、再起動、アラート、アプリケーションやOSのインストールも可能となります。
MicroServerはSBS 2011 Essentialsのライセンス条件や価格とのバランスも良く、はじめてサーバーを導入する小規模事業者、個人経営などのお客様、あるいは大企業の部門などに最適です。 現在は、バンドルプラス(ROK)でのご提案が可能で、パートナー各社様でソリューションとしてお客様にお届けするという流れになります。プリインストールモデルも現在準備中で、秋頃に投入の予定です。

HP ProLiant + Windows® Small Business Server 2011 Essentialsエディション ›

Q:その他のHP ProLiantサーバーシリーズのSBS 2011 Essentials対応状況はいかがですか。

小川(HP):
SBS 2011 Essentialsへの対応は日本HPが一番早く、全20機種と最多です。SBS 2011 Essentialsプリインストールモデルも、タワー型がHP ProLiant ML 110 G6/G7、ML150 G6、ML330 G6の4モデル、ラックマウント型はHP ProLiant DL120 G6、DL160 G6、DL320 G6の3モデルと、計7機種を6月初旬までに提供開始し、その後も順次追加しています。
SBS 2011 Essentials 対応サーバーのうち、ML350 G6、ML370 G6、DL360 G7、DL380 G7、DL370 G6につきましては、今年8月31日までサーバー本体やSBS 2011 Essentialsも含めた主要オプションが30%オフの「サーバーリプレース節電応援キャンペーン」を実施中、 またMicroServerではファイルサーバー用途に最適なスターターパックを提供中です。ご提案の際にはぜひご活用ください。

サーバーリプレース 節電応援キャンペーン ›
HP ProLiant MicroServer(ファイルサーバースターターパック) ›

【関連リンク】
SBS 2011 Essentialsによる中小企業の事業継続対策 

OEM版Windows Server 2008 ダウングレードメディアの販売を開始!

4月21日よりHP OEM Windows Server 2008 StandardおよびEnterpriseエディションのダウングレードメディア(日本語版)が、ROKと同時に一括手配できるようになりました。
そのポイントを担当者(日本HP株式会社 製品マーケティング本部製品企画部 岡野家和)が語ります。

Q:Windows Server 2008ダウングレードメディアの販売について概要を教えてください。

日本ヒューレットパッカード株式会社
製品マーケティング本部 製品企画部
岡野 家和

日本ヒューレット
パッカード株式会社
製品マーケティング本部
製品企画部
岡野 家和
 

岡野(HP):
ご承知の通りWindows Server 2008 R2では64bit版のメディアしか提供されません。32bit環境で使用を継続したいお客様は、ダウングレード権の行使が必要です。従来はHPのOEM版Windows Server 2008 R2をダウングレードする場合、お客様には別途日本マイクロソフトのメディア提供サイトからメディアをご購入してダウングレード権を行使していただく必要がありました。

今般、多くのご要望にお応えして、Windows Server 2008 R2バンドルプラス(ROK)と一緒にWindows Server 2008のダウングレードメディアも手配できる環境を整えました。
これまで、パートナー各社様にはご不便をおかけしてまいりましたが、今後はWindows Server 2008 R2バンドルプラス(ROK)との一括手配にてご対応いただきたいと思います。

 Windows Server 2008ダウングレードメディアの提供開始(PDF 630KB)

Q:Windows Server 2008ダウングレードメディア単体の販売は可能でしょうか。

岡野(HP):
単体での販売は出来ません。ダウングレードメディアは、Windows Server 2008 R2バンドルプラスと同時に販売していただく必要があります。

Q:ダウングレードOSはアクティベーションが必要でしょうか。

岡野(HP):
はい、別途発行されるキーによるアクティベーションが必要です。同時納品されるWindows Server 2008 R2のプロダクトキーは、ダウングレードメディアにはお使いいただけません。

Q:アクティベーションに必要なダウングレードキーはどのように入手するのでしょうか。

岡野(HP):
ダウングレードキーの入手にはWeb サイト、Eメール、FAXという3つの方法が用意されていますが、数分で申請手続きが完了するWebサイトのご利用をお薦めします。HP Insight ControlやiLO Advancedライセンスなどのアクティベーションキーを入手するWebサイトで、わずか5分でキーが発行されます。

 ダウングレードキーの入手の手順(PDF 520KB)

HP Partner News 2011年6月14日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。