Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

日本HP販売パートナー > 日本HP販売店制度 > HP Partner News Web

BIお薦めのススメ

HP Partner News Web

最新号
アーカイブ
特集
連載記事
事例
FAQ
昭島工場見学プログラム
HP Unison Partner Portal ログイン
→ニュース/イベント
→HP Partner News
パートナー様向け
お役立ちリンク集
パートナー様向け
営業ツール紹介
日本HP サイトマップ
 
特別価格情報やキャンペーン情報満載 HP ProLiant プレミアムモール
コンテンツに進む

BIって?

Business Intelligence(以下BI)をご存知ですか?
業務システムなどから蓄積される企業内の膨大な情報を、自在に分析して、経営計画や企業戦略などに活用する手法や概念を指しています。
たとえば、カレーパンが売れるシーンって?買っている層ってどんな人だろう?

 ・性別の割合は?
 ・年代は?
 ・売れる曜日は?
 ・時間帯は?
 ・一緒に買われているものってなに?

という情報を膨大な売り上げデータの中から分析して把握し、売り上げ拡大のための経営・戦略上の意思決定を行う、というものです。

BIにデータウェアハウスって必要なの?

データウェアハウスは、少なくとも中規模以上の企業のIT基盤において必須とも言える構成要素になっています。企業の方向性を決める意思決定のタイミングを逃がさないためです。膨大な情報を、瞬時に集約し分析することは、ビジネスが求める柔軟性に対応する経営意思決定のスピードアップに繋がります。
データウェアハウスとは、直訳すると「データの倉庫」です。もう少し言うと、処理履歴を消さない、分析専用のデータベースです。
         
 


データウェアハウス
これまでの「固定観念」
クリックで拡大
このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
単なるデータベースとの違いは、多くの情報系アプリケーション向けデータベースでは、ディスク容量節約のため、基本的に最新データを保管しますが、データウェアハウスは長期的な業務系アプリケーションの処理履歴を生データで、複数サブジェクトとして保存することを目的としている点です。
けど、従来なかなかここに踏み切れなかった人が多いのが、データウェアハウス製品が高価なこと、運用に高いITスキルが求められる、という敷居の高さが理由として考えられます。
 

だから、背伸びのいらないデータウェアハウスをご用意しました

初めてでいきなり大規模システムへの投資はちょっと・・。運用の難しい使い慣れないシステムは怖い・・というあなたに、HPとマイクロソフトが最適な製品をご用意しました!
HP Business Data Warehouse Appliance』は、Microsoft® SQL Server® 2008 R2 Enterpriseエディションの運用に最適化された、最大5TB規模の中・小規模データウェアハウスアプライアンスです。HP ProLiantサーバーとMicrosoft SQL Serverという「業界標準」テクノロジーで、かつ小規模からスタートできます。

4Uラック型のHP ProLiant DL370 G6 x1台に、24本のSASディスクと96GBのメモリを搭載、Microsoft® Windows Server 2008® R2 SP1 EnterpriseエディションとMicrosoft® SQL Server® 2008 R2 Enterpriseエディションがプリインストールされています。また、ハードウェアとソフトウェアを包括するサポートも型番に含まれています。HPとマイクロソフトのエキスパートによるナレッジの集大成により、データウェアハウスに最適化されたI/Oスループットを実現するハードウェア構成が選ばれており、データベース構築に付きものの機器の検証やパフォーマンスチューニングが必要ありません。


さらに!文系社員にも使えるBIツールもご用意



HP Business Decision Appliance
クリックで拡大
このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
従来は、ビジネス上の意思決定をするユーザーが、データウェアハウスのデータを分析・集計するには、専門の知識を持ったITプロフェッショナルの介在が必要でした。これを根底から変え、Excelのスキルさえあれば文系社員にも活用できる、これまでにないBIツールが『HP Business Decision Appliance』です。
誰もが使い慣れたExcelを利用してSQLサーバー上のデータにアクセス、分析・集計し、分析結果や集計レポートは、SharePointを使って簡単にシェアできます。 HP ProLiant DL360 G7をパフォーマンスを最大化できるよう最適化し、下記をプリインストール済み。

 ・Microsoft® Windows Server 2008® R2 Enterprise
 ・Microsoft® SQL Server® 2008 R2 Enterprise
 ・Microsoft® SharePoint Server® 2010

SQLやSharePointのソフトウェアテクニカルサポートを含む24×7のサポート付きのアプライアンスです。

ご注文方法



手の届くビジネス・インテリジェンス
クリックで拡大
このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
注文方法は簡単!
『HP Business Data Warehouse』も、『HP Business Decision Appliance』も1つの型番の注文によりHP設定済みのハードウェアとソフトウェアコンポーネント、MicrosoftのOSとアプリケーションソフトウェア、および3年間のHPサポートが含まれる完全なソリューションを購入できます。

ぁ、BIをお薦めする準備ができました!

BI導入の敷居の高さは、『HP Business Data Warehouse』+『HP Business Decision appliance』で解消できました。
とあるSIerさんに聞いたことがあります。
お試しで2ヶ月BIを使用したユーザーからは、もうBIが無かった頃には戻れない!といった声をたくさん頂いていると。まずはデータ解析に頭を悩ませているお客様がいらしたら、一度ご提案してみませんか?もっと手軽にデータ解析を済ませ、今後のアクションを考える時間にシフトしていただけるように! 統計分析が商材のお客様、同業と差別化のカギを探しているお客様などに、HPのBIアプライアンスを是非お薦め下さい。

≫  日本マイクロソフト 「Self - Service BI 体験サイト」

HP Partner News 2011年8月23日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡