こう変わる!HP認定資格制度【ExpertONE】

こう変わる!HP認定資格制度【ExpertONE】


昨年からの円高傾向、また不透明な経済状況を反映し、企業を巡る状況は厳しさを増している。企業がグローバル化の進む市場で勝ち残っていくためには、業務プロセスの効率化、社員の生産性の向上を実現し、かつ、ビジネスの成長や拡大を図るための新規顧客獲得、新規ビジネスの開発も同時に達成する必要がある。企業にとって、これらを実現していくために最適なIT投資が必要であることは、疑う余地はないだろう。そこで重要になってくるのが、ITパートナーの存在だ。日本HPでは、企業の競争力を高め、信頼されるHPパートナー育成をめざし、HP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】をより強化された認定制度として整備していく。

グローバルで展開されるHP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】

昨年末、HPは認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】の資格体系をリニューアルした。日本においては、2012年度より順次リニューアルを進めていく。 グローバルで展開されるこの認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】は、HPパートナーにどのようなメリットをもたらすのだろうか。

企業にとって、ビジネスとテクノロジーが不可分である現在、システム構築にあたって高いスキルを持つITプロフェッショナルを見出すことは、ビジネスの成功への重要なポイントである。しかし、日々革新が進むITテクノロジーにおいて、常に最新かつ確実な知識を独力で学び続けることは簡単なことではない。そのため、企業にとって信頼できるITパートナーを見つけることも容易なことではなくなる。HPではこのような課題を解決するため、認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】を強化していく。

 
【旧体系表】
クリックで拡大

新しいHP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】では、体系的に最新のIT情報、HP製品知識、HPの最先端ソリューションまで学ぶことが可能であり、また、常に情報をアップデートできる仕組みを提供している。そして、従来HPの認定資格といえば、AISやASEといった技術者向けのみと考えられがちであったが、この【ExpertONE】では、営業プロフェッショナル向け資格も整備していく。内容に触れると、ネットワーク製品の営業資格HP Sales Certified - Networking 2012(日本では2012年4月以降リリース予定)は、ネットワークの基礎知識を有し、中小規模顧客のニーズに合ったHPネットワーク製品・ソリューションを選定できることを証明する資格となる。営業職であっても一定のITスキルを証明でき、営業現場で最も必要となる「お客様の信頼を得る」という点で大いに貢献できるだろう。そして企業から見ると、HP認定資格者が多数所属するHPパートナーを指名することが、信頼できるITパートナーを見つける最短の道となるはずだ。

【ExpertONE】: キャリア資格とアフィリエイト資格

 
【ExpertONE 新資格体系】
クリックで拡大

次に、認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】の新資格体系を見ていこう。【ExpertONE】で認定される資格は、キャリア資格とアフィリエイト資格からなる2つのカテゴリーに分類される。

 キャリア資格
   : エンドユーザーをはじめとし、HPパートナー、HP社員を含むすべてのIT管理者が対象。

 アフィリエイト資格
   : HPパートナーならびにHP社員が対象

 
【資格名マトリクス】
クリックで拡大

これまで保有者数が多かったAIS (Accredited Integration Specialist)、ASE (Accredited Systems Engineer) は、新しい体系では、キャリア資格に入ることになる。
キャリア資格は名前が示すとおり、キャリア向上を目指す技術者向けの認定資格となり、下記4つの段階にわかれている。

 アソシエイト
  (IT業界を志す学生向けの認定資格)
 プロフェッショナル
  (HPの中小規模企業向けソリューションに関する基本スキルに重点を置く技術認定資格)
 エキスパート
  (複雑なHPエンタープライズテクノロジーおよびソリューションに焦点を当て、高い専門性を問われる技術認定資格)
 マスター
  (HPの最先端ソリューションにおけるより高い専門性を問われる技術認定資格)

上記を見てわかるように、学生向けの初心者レベルから、高度なスキルを持つITプロフェッショナルへの道筋を見通すことができるロードマップになっている。

アフィリエイト資格は、HP製品販売や保守に必要なスキルや製品知識が必要とされる認定資格である。 例えば、営業職向けであるSales Certified はこの中に入る。 アフィリエイト資格の特徴の1つは、その資格の有効期限が1年(資格取得後)であるということだろう。資格を保持するためには、毎年継続して最新の試験を受験し、資格更新していくことが必要となる。HPでは、受験に備え最新の製品情報を提供するトレーニングを提供していく。これにより、常にITプロフェッショナルの知識が最新に保たれることになる。

ExpertONE 資格体系の変更について ›

【ExpertONE】: 資格取得の流れ

  1. ExpertONEウェブサイトに掲載されている資格を確認する。
    提供資格一覧 ›
    (資格体系の移行完了までは、既存の資格名と新資格名が混在していくことを注意してほしい。)

  2. HP Partner Portal のアカウント作成(現在、保持していない場合)
    パートナー様向けご案内ページページ右上「HP Partner Portal ログイン」部分にある 「>>ご登録はこちら」 より登録が可能だ。登録には2営業日かかり、登録完了次第、事務局よりメールにて案内される。

  3. HP Learner IDを取得。このIDは、取得される資格の種類や数に関わらず、一人に対して一つ発行される。このIDは、認定試験受験やトレーニング受講の際に必要となる大切なものだ。HP Learner ID未取得の場合は、以下サイトに掲載されている手順書を参照の上取得してほしい。
    HP Learner IDの取得 ›

  4. 取得したい資格が前提とする条件を確認する。例えば、AIS - BladeSystem Solutions [2010] の場合、3つの前提条件がある。ハードウェア関連資格、オペレーティングシステム関連資格、ネットワーク関連資格がそれらだ。

  5. 取得したい資格向けに設定されたトレーニングを必要に応じて受講する。

  6. 必要な試験を受験する(2012年2月からピアソンVUE社より、試験配信を開始。基本的には、日本語試験を用意されている。しかし、必ずしもすべての試験が日本語で受験できるわけではない。日本語での試験が用意されていない場合には、英語の試験問題で受験が可能だ)。ピアソンVUEで受験する際は、ピアソンVUEの HP専用サイト にてアカウントを作成する必要がある。アカウント作成手順については、手順書 を参照してほしい。

  7. 試験に合格し、必要な条件を全て満たしていれば認定資格取得となり、認定証交付に関する案内が事務局から登録されているEメールアドレスへ送付される。内容に従って手続きをすると、ウェブサイトより認定証をダウンロードすることができる。

【ExpertONE】: 資格取得者の特典

認定資格者への特典には、以下のものある。

  • 認定証

  • 名刺への認定ロゴマークの印刷

  • 認定資格者向けニューズレター

  • HP主催イベントにおける優待等

認定ロゴマークを名刺に印刷できることにより、目に見える形で、お客様に価値を提示することが可能となる。また、HP販売パートナーに勤務しているAIS/ASE 資格を保持する資格者には、上記に加え、従来から人気の高いサービスであったテクニカルホットラインが、この【ExpertONE】でも引き続き提供される。 技術的に疑問があるときに、電話ですぐに問い合わせすることができる。あらたな資格保持者になった方には、ぜひ活用してほしいサービスだ。

【ExpertONE】: HPパートナーの競争力を高める

今回リニューアルされたHP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】は、営業から技術者、さらに学生までをカバーするあらゆるITプロフェッショナル向けへと発展した。即戦力化が求められる新入社員に対しては、学生時代にアソシエイト資格を取ることも1つの方策だろう。また、技術者としてのキャリアマップが見えにくい人にとっては、修得すべき必須の技術スキルや能力を明確にすることができることで、今後の励みとなることだろう。

HPパートナーとしては、多数の認定資格保持者を有することは、実力の確かな証明となり、他社との差別化が図られ、競争力が増すはずだ。それは、結果として品質の高いサービスを提供できることになり、顧客満足度を高めることにつながることに間違いない。

ぜひ、このあらたなHP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertONE】を活用しビジネス拡大の一助としてほしい。

認定資格HP ExpertONEページ(日本語) ›
認定資格HP ExpertONEページ(英語) ›

HP Partner News 2012年3月13日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。