認定資格をとろう!

4月がやってくる。就職や移動などで、新しいキャリアに踏み出したりする季節だ。これから新しいことを学んだり、あるいはステップアップとして、さらにレベルの高い学習をしたりと、計画している読者も多いだろう。今回の特集では、今春から新コースも始まる、スキルアップに最適なHP認定プロフェッショナル・プログラム ExpertOne を紹介しよう。

HP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertOne】 は、世界最大のテクノロジー企業 ヒューレット・パッカード社(HP)が提供する、提供するワールドワイドな認定制度だ。ExpertOne資格を持つプロフェッショナルは、実践的な知識を持ち、競争力を持ち続ける人材として世界的に評価が高く、HPによれば40万人以上の認定プロフェッショナルが活躍しているという。

本特集では、日本HPでそのExpertOneプログラムをリードする、サーティフィケーション&ラーニング鈴木依子氏に、ExpertOneの特長と、春から開始される新しい認定コースについて話を聞いた。

世界で40万人以上の認定プロフェッショナルが活躍しているそうですが、なぜそのように評価が高いのでしょうか?

それは、ExpertOneがテクノロジーやソリューションの進化にあわせて、常に最新のソリューションにも対応した資格体系として、改善が続けられていること。 そして、その認定資格を持つプロフェッショナルが、即戦力としてユーザー企業・パートナー企業で活躍しているからだと思います。

ご存じのように、企業にとって、ITシステムを抜きにしたビジネスは考えることができません。競争力の高い、あるいは低いITシステムは、その企業の命運を握るとも言えます。そのため世界中の企業で、高いスキルを持つITプロフェッショナルが必要とされています。このとき、優れたITプロフェッショナルであることの証明の1つとして、ExpertOneが活用されています。

では、そのHP認定プロフェッショナル・プログラムExpertOneの特長を教えてください。

 
クリックで拡大

ExpertOneの特長は、エンジニア向けだけでなく、営業プロフェッショナル向けにも、HP製品知識、最新のITテクノロジー、ソリューションを体系的にご用意していることです。そして、常にそれらの情報をアップデートできる仕組みも提供していることです。

現在ExpertOneは、必要となる要件にあわせて、キャリア資格とアフィリエイト資格という2つのカテゴリーに分かれています。キャリア資格は、パートナー様・エンドユーザーやHP社員を含むすべての技術者を対象としています。アフィリエイト資格は、HP製品販売や保守に必要なスキルや製品知識が必要とされるパートナー様・HP社員が対象となった資格です。営業プロフェッショナル向けであるSales Certified は、アフィリエイト資格の中に入ります。

キャリア資格について、もう少し詳しく教えてください。

 
クリックで拡大
   
 
クリックで拡大

キャリア資格は名前が示すとおり、キャリア向上を目指す技術者向けの認定資格です。キャリア資格は、テクノロジーやソリューションに対する専門知識を『役割』に応じて、レベル分けされた知識レベルで体系化されていいます。役割というのは、例えば、「サーバー管理者」や「サポート担当者」といった仕事です。

そのレベルは、4つの段階があります。それぞれ、IT業界を志す学生向けの認定資格であるアソシエイト(日本未導入)、HPの中小規模企業向けソリューションに関する基本スキルに重点を置いたプロフェッショナル、複雑なHPエンタープライズテクノロジーおよびソリューションにフォーカスを当て、高い専門性を問われるエキスパート、そして、最上位レベルであるマスターです。マスターレベルでは、HPの最先端ソリューションにおける高いテクノロジー対する知識だけでなく、エンタープライズIT分野におけるビジネス支援に対する知識も必要となります。

昨年導入されたこの資格ですが、日本でもすでに10名以上の方が、最上位のマスターレベルを持ったスペシャリトとして活躍中です。

すばらしいですね。では、資格取得者へのメリットには、どのようなものがありますか?

一番の大きなメリットは、やはりワールドワイドで認められた認定資格であるということです。資格取得者は、どこの国に行っても、IT分野のプロフェッショナルとして認められ、活躍することが可能です。企業によっては、ExpertOne認定資格者を指定した採用活動も実施しているところもあります。また、世界中にいる40万人以上のプロフェッショナルと、SNS(LinkedIn) を通じてコミュニケーションできるメリットもあります。コミュニティメンバーと、ベストプラクティスやアドバイス、問題解決方法も交換できますから、一歩先行く知識を得ることも可能となります。

その他、認定資格者への特典を用意しています。認定証、名刺への認定ロゴマークの印刷、認定資格者向けニューズレター、HP主催イベントにおける優待などです。

あるパートナー様からは、認定ロゴマークを名刺に印刷できることにより、目に見える形でお客様に価値を提示することができるということで、評価をいただいています。 HP販売パートナーに勤務している認定資格者には、技術的に疑問があるときに、電話ですぐに問い合わせできるテクニカルホットラインをご用意しています。ぜひ、ご活用いただきたいと思っています。

では、資格取得の方法について、どのように行いますか?

全体の資格取得の流れを、HP認定プロフェッショナル・プログラム【ExpertOne】ウェブサイトにまとめています。

必要となる提供資格をご参照の上、提供されているコースやレベルを確認し、適した認定資格を選択していくことから始まります。ここで一番大切なことは、HP Learner ID の取得です。HP Learner IDとは、 ExpertOneの認定やトレーニングを管理するためのキーであり、 ExpertOneのメンバーシップを示すキーでもあります。このIDを使って、認定試験受験の申し込みを行います。また、このキーを使ってアクセスすると、有用な技術文書等をご覧いただくこともできます。

資格取得のための学習は、従来から評価をいただいていますクラスルームを使った講義・ハンズオンに加えて、一部ウェブベースのトレーニングを開始しています。例えば、Networkの技術認定資格のエントリーレベルであるHP AIS - Network Infrastructure [2011]」は、Cisco社の有効な資格をお持ちの方向けに、4-5時間のウェブベースのトレーニングを無償で提供しています。そして、トレーニング受講後、自身のPCからアクセスし、ウェブベースで受験できます。
受験者の皆様のご都合に合わせて、学習・取得いただければと思っています。

今、パートナーにぜひ紹介したい資格はありますか?

 
クリックで拡大
   
 
クリックで拡大
   
 
クリックで拡大

はい、この春スタートする2つの認定資格を紹介したいと思います。

1つ目は、昨今のITソリューションを提案するために欠かすことができなくなった、クラウド関連テクノロジーの資格です。クラウドについては、市場ではさまざまな情報があふれている状況です。HPでは、それらの情報を整理し、体系的な技術スキルを学ぶことができる資格試験・トレーニングを開発し、提供開始しています。日本HPで、この春から認定資格コースを開始します。

2つ目は、昨年発表され好評をいただいている『自働サーバー』HP ProLiant Gen8 に対応する、サーバー向けの認定資格です。従来、HP BladeSystem Solutions 、HP ProLiant ML/DL/SL Serversとなっていたものが、Server Solutions、Rack and Tower Server Solutions Support、に整理されました。

また、認定取得のためのフレームワークが見直され、技術者向け認定として入り口となるATPレベルに対して前提条件なしで試験1つに合格すれば認定されることとなり、より多くのかたにチャレンジいただけるようになりました。さらに、今までのフレームワークに則り準備してこられた方には、多くの前提条件がASEレベルに組み込まれましたので、過去の投資を活かしていただくことが可能です。これらに対応したトレーニングを、この4月から順次開始します。すでに多くのパートナー様からお申込みをいただいております。

今後のExpertOne の展開はどうなりますか?

新しい資格体系に合わせて、今後も新しい製品・テクノロジーに対応した、最先端で役に立つトレーニング・資格を準備中です。

また、パートナー様で資格取得者の方々向けに、特別のセッションを提供していく機会も増やしていきたいと考えています。ワールドワイドではHPプライベートショーなど、資格取得者が集まる特別なコミュニティイベントも開催されています。日本においてもそのエッセンスを展開し、皆様と一体感を作り上げていければと思います。ご期待ください。

最後に、パートナーに一言お願いします。

パートナーの皆様にとって、HP認定プロフェッショナル・プログラムExpertOne資格は、営業・導入サポート能力をさらに強化し、競合力を強化することができるモノと信じています。ぜひExpertOneをビジネス拡大のツールとしてご活用ください。

HP Partner News 2013年3月26日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。