ITデバイス購入は、コストから「セキュリティ、管理性」へ。
法人向け新PC、タブレット、プリンター登場

2014年5月15日、日本HPは、業界最小クラスのミニデスクトップPC『HP EliteDesk 800 G1 DM』、10.1型Windows 8.1搭載タブレット『HP ElitePad 1000 G2、HP Pro Tablet 610 G1』、企業向けセキュリティと管理性を強化したインクジェットプリンター『HP Officejet Enterprise Xシリーズ』を発表した。当日の発表会で語られたキーワードは、セキュリティと管理性。本特集では、セキュリティと管理性をキーワードに新製品の魅力に迫りたい。


今回発表された製品は、以下の製品群だ。

  • 業界最小クラスのミニデスクトップPC『HP EliteDesk 800 G1 DM』
  • 10.1型WUXGA(1920×1,200ドット)液晶を搭載するWindows 8.1タブレット『HP ElitePad 1000 G2、HP Pro Tablet 610 G1』
  • 企業向けセキュリティと管理性を強化した最速70枚/分の高速A4インクジェットプリンター『HP Officejet Enterprise Color MFP X585シリーズ(複合機) 、HP Officejet Enterprise Color X555dn(プリンター)』

ITデバイス検討は、コストからセキュリティと管理性へ


プリンティング・
パーソナルシステムズ事業統括
代表取締役副社長
岡 隆史

 

新製品発表会の冒頭に日本HP 代表取締役副社長 プリンティング・パーソナルシステムズ事業統括 岡 隆史氏が登壇し、新製品開発の背景を述べた。

岡氏は、まず、Windows XP移行需要の高まりによる、市場成長に触れた上で、このWindows XP需要のあとのITデバイスの市場動向として、調査会社の結果を引用し、見解を示した。調査結果では、今までITデバイス導入に対して考慮するポイントでは、常に1位にコストが選ばれていたが、今後1年の導入予定では、コストよりも、セキュリティを重要視するユーザーが1位となったという。これは、今までにない初めての動きであり、さらに、セキュリティ、コストに並んで、管理性を重要視するユーザーが急拡大していることを説明した。

さらに、クラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャルによってもたらさせる"New Style of IT" と呼ぶITの新たな潮流が、新しいワークスタイルの変化をもたらし、今後はさまざまなデバイスが利用され、活用される時代になると述べた。

つまり、Windows XPの延長サポート終了に、新しい時代の新しいデバイスに適合したセキュリティへの対応と同時に、効率的な管理性が企業にとって大きな課題であると分析した。

デスクトップPCの可能性を広げる容量約1リットルのコンパクトなデスクトップPC 「HP EliteDesk 800 G1 DM」登場

 


「HP EliteDesk 800 G1 DM」を紹介する
日本HPパーソナルシステム事業本部
村上信武

 


 
優れたセキュリティー・省電力 ・
省スペース・拡張性
クリックで拡大

それらの新しい課題に対応した製品群を見ていこう。

まず、紹介された製品は、当日開催されたパートナー向けイベントにおいても、多くの参加者が「小さい!」とつぶやいてしまうほどの、容量わずか 1.05リットルのデスクトップPC 「HP EliteDesk 800 GM1 DM(以下、800GM1 DM)」(幅34×奥行177×高さ175mm) だ。

業界最小クラスのコンパクトな800GM1 DMの特徴は、セキュリティ、管理性、省電力性、拡張性に優れたデスクトップPCであることである。

日本HPで製品担当マーケティングである岡本さくら氏は、
「他社では、セキュリティ機能を持たないチップセットを採用し、コスト削減を図っている製品も見受けられますが、HPは、800GM1 DMにエンタープライズ向けセキュリティ・管理機能を強化した、インテル® vPro™ テクノロジーに対応するインテル® Q87 チップセットを採用しています。ID保護、デバイスアクセス保護、データ保護といった、別途購入するとなると、数万円相当のセキュリティ機能を持つ<HP Client Security>を無償でプリンストールしているので、インストール工数も削減できます。」と述べ、 「夏に向けて省電力性がユーザーの関心事となりますが、通常消費電力が7.5W(注: Core i3-4130T、SSD搭載時)とラップトップPC並みの省電力性能が高い点も、市場ニーズに合っていると考えます。そのほかにも、超小型の筐体ながら最大3画面サポートを実現するなどの拡張性も実現しています。小さな筐体ながらフルスペックPCであることが、800GM1 DMなのです」と大きく自信を見せる。

この800GM1 DMが持つ省スペース性を活かせば、一般的なOA用途だけでなく新たな領域へデスクトップPCの活用範囲が広がるという。

業界最小クラスのコンパクト筐体である800GM1 DMを、デスクの天板下へ収納することができるHP純正オプション「HP フラットパネルモニターQuick Release」や、モニターマウントキット(6月発売予定) などを活用して、本体の設置スペースを実質ゼロにすることが可能となります。そして、「他社では対応していないか、もしくは追加オプションとなるVESA規格* に標準で対応しているため、さまざまな会社が提供するVESA規格品へも、追加コストなしで対応することができ、設置方法の幅も大きく広がります」と岡本氏は、語る。

「例えば、工場のようなPCの設置場所を確保することが困難な場所に配置する端末、オペレーター用の端末、店舗で使用するPC、デジタルサイネージのような特定ソリューションを組み込むベースモデルとしても利用できます。」(岡本氏)


導入・管理工数を軽減するHPのセキュリティ
クリックで拡大


 
ウルトラスモールPC競合状況
クリックで拡大


すでに、800GM1 DMの持つ高い「省スペース性、セキュリティ、省電力性」を評価し、採用を決定している企業もでてきているそうだ。

「歯科向けレセプトコンピュータシステムのソフトウェア開発、および販売を手がける株式会社ミック様では、ソフトウェア開発・PCへのインストール・納品・保守までをワンストップで提供されています。例えば、従来メンテナンスの際に、担当者がデスクトップPCを持って訪問するには、車の手配等、事前の調整が必要でしたが、800GM1 DMであれば、紙袋に入るほどの小ささなので、手軽に持ち運び、スピーディーに交換修理対応が可能となり、また引き上げてくるPCは暗号化によりデータが保護できるため、ユーザーの安心度を高めることも可能になるだろうと期待されています。」と岡本氏。


用途に合わせた省スペースオプション
クリックで拡大


 
新たな領域へデスクトップPCの活用範囲を拡大
クリックで拡大


岡本氏にパートナーへのメッセージを聞いた。

「800GM1 DMは、他社が提供する同カテゴリーのウルトラスリムPCに対して「あったらいいな」という仕様をすべて備えた、自信を持ってお勧めできる製品です。デスクトップPCの新しい可能性を広げる製品になると考えています。パートナー様を支援させていただくキャンペーン、プログラムもご用意してまいりますので、ぜひご提案ください!」

* VESA規格
パソコンやワークステーション等のビデオ周辺機器に関する業界標準化団体Video Electronics Standard Associationによる規格

HP法人向けデスクトップPCに関する製品情報

劇的に進化した10.1型搭載タブレット「HP ElitePad 1000 G2」と法人向け新スタンダードタブレット「HP Pro Tablet 610 G1」が登場

 

次に紹介する「HP ElitePad 1000 G2(以下、EP1000 G2)」は、昨年登場し、市場の話題を集めたHP ElitePad 900の後継機種だ。EP1000 G2は、薄さ9.2mm、重さ約650gの薄型軽量ボディに、1,920X1,200ドットの高解像度10.1インチIPS液晶タッチパネルを搭載する、Windows 8.1タブレットである。

発表したモデルは、インテルのAtom Z3795を搭載し、 4GBメモリと64GBのSSDを搭載したWindows 8.1 モデルと、128GB SSDを搭載し、Windows 8.1 Proを搭載するWi-Fiモデルに加え、KDDIとNTTドコモのLTE通信モジュールを搭載したモデルを含め、合計4機種の展開だ。

さらに詳しく見ていこう。EP1000 G2の外見は、HP ElitePad 900 と同じであるが、劇的に中身は進化している。

「プロセッサーは、32ビット2コアから64ビット4コアへ、ディスプレイは149ppiから224 ppi、グラフィック性能は4倍、LPDDR3メモリの採用によりメモリ性能も2倍、そしてインターフェースは、USB3.0をサポートすることで10倍の性能向上を図り、大幅な進化を果たしています。そして、ガラス面に薄くて剛性の高いCorning® Gorilla® Glass 3を採用するなど、米軍の調達基準MIL-STD-810Gテストをクリアする優れた堅牢性も備えています。」と、自信を見せるのが日本HPで本製品を担当する白木智幸氏だ。

 
外観は同じ、中身は劇的に進化
クリックで拡大


 
こだわりの設計を継承
クリックで拡大


 
薄くても多機能
クリックで拡大


 
拡張ソリューション
クリックで拡大


EP1000 G2は、ElitePad 900に比べて、ディスプレイの反射の削減(-12%)、輝度のアップ(8%)を実現し、より明るく、屋外での使用でも、さらに見やすくなるように改善を図っている。そして、タブレットには重要なバッテリー稼働時間も最長約13時間の長時間駆動を実現。

この改善を支えるのが、ダイレクトボンディングというテクノロジーだ。

「タッチパネルのディスプレイは、液晶の上にガラスを重ねています。ElitePad 900では、この間に空気の隙間がありました。この隙間があると、ガラスと液晶の両方に映り込み(グレア)が発生し、また乱反射が起こるために、画質向上の余地があると考えました。これを解決するために採用されたのが、ダイレクトボンディングです。これにより、黒がより黒くはっきりと表現できるようになり、色彩表現も豊かになりました。そのため、例えば、電子カタログを見せるタブレット端末としても利用したとしても、豊かな表現力が生きてきます」と白木氏が説明する。

そして、ダイレクトボンディング採用により、筐体内の空間が生まれたことで、バッテリー容量を大きくすることができた。これが、バッテリー稼働時間が、最上位のインテルAtom プロセッサーを採用しながらも、長時間駆動を実現できた背景の一つだ。

また、Windowsボタンは、タッチ式に変更になり操作性が向上。デジタイザータイプのオプションであるエグゼクティブ・ペンを利用する場合に、今まで弧を描くと少しギザギザが出るケースがあったが、EP1000 G2では、認識の精度を上げ、さらに手のひらがタッチパネルに接触したときの誤動作を防止するパーリジェクション機能を強化し、スムーズな書き心地を実現している。

拡張性も、microSDXCとUSB 3.0をサポートしたことで、今まで32GBまでのmicroSDカードしか使えなかったところが、64GB以上のmicroSDカードをサポートし、理論上は、2TBまで利用できるようになった。

外観には変化がないが、そこには法人向け製品としての理由がある。

「昨年のElitePad 900発表後、引き合いが急増し、導入も進んできました。さらに、多くのお客様での導入も検討されています。新製品EP1000 G2は、ElitePad 900とボディが共通化されているため、従来のドッキングステーションやジャケット、ケース、拡張バッテリーなど、既存のオプションを流用できます。そのため、ElitePad 900での検討を活かしつつ、最新のEP1000 G2を採用できるという大きなメリットがあります。」と白木氏は、説明する。



 

Windows8.1 タブレットを拡充
クリックで拡大


 

また、さらに拡大する法人向けタブレット市場に、HPは新たなスタンダードタブレット「HP Pro Tablet 610 G1(以下、610 G1」を発表し、ポートフォリオを強化する。

1,920X1,200ドットの高解像度10.1インチIPS液晶タッチパネルを搭載610 G1は、上位機種と同等の基本性能を備えた、Windows 8.1搭載タブレットのスタンダードモデルだ。4コア/64bitプロセッサー(Atom Z3795)/4GBメモリ/64GB SSDを搭載したWindows 8.1 Pro搭載モデルと、32bitプロセッサー(Atom Z3775)/2GBメモリ/32GB SSDを搭載したWindows 8.1搭載モデルを用意。

白木氏は、「610 G1は、シンプルな構成ながら、microHDMI、microUSB、microSDXCなど本体側によく使うポート類を備えた、リーズナブルな価格なタブレットです。パートナー様には、価格重視のお客様に検討をお勧めいただきたい新製品です」と話す。

最後に、白木氏にパートナー向けにメッセージを聞いた。

「EP1000 G2は、外見はElitePad900と同じですが、中身は劇的に進化した法人向けタブレットです。国内市場に向けて、LTE通信モジュールおよびアンテナ、GPS機能の日本国内でのフィールドテストを繰り返し実施することで、持ち運び時の性能のチューニングを行い、自信を持って投入する製品です。また、610 G1は新たな法人向けタブレット市場を切り開く製品です。法人向けタブレット市場は、まさに立ち上がってきた状況です。パートナー様からも、もっと多くの利用ケースや事例を紹介して欲しいというご要望をいただいています。そのため私たちは、パートナー様がエンドユーザー様にご提案しやすいように、活用事例や利用ケースの動画の提供をさらに強化していく予定です。ぜひ、ご期待ください。」

HP法人向けタブレットに関する製品情報

MFP市場で新たなカテゴリーを創造するHP Officejet Enterprise Xシリーズ登場

 




 



 
HP Officejet Enterprise Xシリーズ新登場!!
~インクジェットの既成概念を打ち破る
新カテゴリ~
クリックで拡大


 
HP企業向けプリンターポジショニング
~高速プリント+管理セキュリティを
大企業からSMBまで~
クリックで拡大


新製品発表の最後を飾るのが、印刷速度が世界最速最速70枚/分の印刷スピードのインクジェット複合機/プリンター「HP Officejet Pro X」シリーズの特長をそのままに、さらに企業向けに高い管理性とセキュリティを実現した高機能HP Officejet Enterprise Xシリーズ(以下、Enterprise Xシリーズ)だ。

「昨年、発売開始したHP Officejet Pro Xは、世界最速印刷速度、低いライニングコスト、そしてレーザープリンター並みの印字品質といった特長が大きくクローズアップされ、SOHO・SMBを中心に、業種としては会計事務所や不動産などのサービス業、クリニックや病院などのヘルスケア、そして大学などの教育分野で導入が進んでいます。市場での注目度が高く、当社のYouTube公式チャネルでの導入事例動画は、企業向け製品にも関わらず20万回近く再生されています。ビジネスインクジェットパートナーに登録いただいパートナー様も、約170社となり、拡大が続いています。今回、その勢いをさらに加速すべく、私たちは企業が求める機能やサービスについて検討を重ねて、製品を開発、販売体制を整え、主に大企業様向けにEnterprise Xシリーズを発表しました」と語るのが、プリンティング統括本部安尾浩誠氏 だ。

今回発表されたラインアップは、プリント/ファックス/コピー/スキャン機能を搭載し、シングルパス両面同時スキャンが可能な複合機「X585z」とその下位モデル「X585f」、プリンター「X555dn」の3モデル。印刷速度はすべて42枚/分(最速70枚/分)となっている。

HP Officejet Pro Xは、SOHO/中小企業をターゲットとしていたが、Enterprise Xシリーズは、大企業の支店や部門での利用を想定したモデルである。これらのユーザーが要望することは、「センター機並みの高機能、高い管理性とセキュリティ、そして低いランニングコスト」と安尾氏は話す。

具体的に見ていこう。まずは、機能についてだ。Enterprise Xシリーズは、世界記録の高速プリンティングはもちろん、8インチVGAタッチパネルによるスキャン文書のプレビューや編集が行えるなど、高い操作性を実現。そして、両面同時読取により高速スキャンが可能なシングルパス・両面ADF、ADFにおける用紙の重送を検知する「HP EveryPage」、OCR(光学式文字認識)機能を搭載し、多彩なフォーマットへのデータ変換が可能であったり、さらにスキャンデータをMicrosoft® SharePoint® 2010に直接送信可能な「スキャンto SharePoint」に対応するなど、スキャン機能を強化した。

セキュリティにおいても、印刷ジョブの暗号化や、PIN入力による暗証番号プリント、Windows/Kerberos/LDAPによる各種ユーザー認証。昨年話題になったコピー機で、プリント・スキャンしたデータが暗号化されていないという点についても、暗号化機能付き320GB HDDを搭載しており安心だ。

管理性については、世界トップのプリンターベンダーとして、評価の高い各種の機能を強化して搭載し、プリンター管理の効率化を実現した。Windows CEベースのファームウェアを組み込んで、PCのOSのように将来の機能拡張を可能にする「HP Future Smartファームウェア」、ひとつのソリューションイメージで対応プリンターすべてをサポートできる開発プラットフォーム「HP OXP(Open Extensibility Platform)」。ユーザー・アプリケーション毎のカラー出力制限が可能な「HP Color Access Control」、無償の高機能デバイス管理ツール「HP Web Jetadmin」への対応など、使いやすい管理機能を多数搭載した。

(HP Future Smart ファームウェア、HP OXPについては、こちらを。1 HP Web Jetadminについては、こちらを参照)

 
高機能レーザーに順ずる多彩なソリューション
クリックで拡大


 
長期使用で差がつくコストサービス
~1台あたり年間約92万円の経費削減~
クリックで拡大


そして、気になるランニングコストは、今回のターゲット市場での利用が高いレーザープリンターや一般的なA4コピー機に比較して、大幅にコストを削減。

安尾氏は、「当社の試算では、月間5000枚印刷(カラー率50%)で5年間運用した場合、本体と消耗品および保守コストは、当社A4カラーレーザー複合機M575cに比べて約44%(年間26.5万円)、一般的なA4コピー機(カウンター課金)と比較すると、なんと約73%もコストを削減できるのです(年間89.4万円)。また、消耗品・メンテナンスパーツも、A4レーザー複合機に比べて、重量で約85%、体積で約93%削減できることもポイントです」と、その低いランニングコストに自信を見せる。

メンテナンスも、HP Officejet Pro X 発表時開始し、「パートナー様にも評価の高いインク定額パックに加えて、今回、大企業のお客様から要望の高かった5年翌日出張修理サービスをインクジェット製品としては国内市場向けに新設」(安尾氏)するなど、強化に余念がない。

「大企業では、支店や部門でセンター機としてコピー機を導入し、高いハードウェア・サービス費用で長期契約しているユーザーがたくさんいます。そのようなユーザーにぜひお届けしたいのが、このEnterprise Xシリーズなのです」と、安尾氏は熱く語る。

最後に、パートナーへのメッセージを聞いた。

「Enterprise Xシリーズは、パートナー様にとって、いままで入れなかった領域に入り込むことができる新しい商材です。今後、製品の販売トレーニグやセールスツール、情報を共有するメールマガジンなどを提供するなど、さらに支援を強化します。そして、パートナー様による自営保守サービスの提供を可能にするプログラムもスタートする予定です。ご期待ください。」

HP法人向けインクジェットプリンターに関する製品情報

今後のITデバイス購入のキーワード「セキュリティと管理性」を機能的に網羅したHPの新しい法人向けPC、タブレット、プリンターは、いかがだっただろうか? パートナーも、ぜひ、「セキュリティと管理性」という新しいキーワードにあわせて、 HP製品をご提案いただきたい。

HP Partner News 2014年5月27日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。