サヨナラ!アリガトウ!HP Partner News

 

● 振り返り、と、まとめ

みなさま、永らくHP Partner Newsをご愛読いただきまして、誠にありがとうございました。
編集部一同としては大変寂しい限りではありますが、306号でご案内している通り、本号を以って分社前統合版としてのHP Partner Newsは最後の発行となります。
こちらもご案内の通りですが、日本ヒューレット・パッカードは8月1日をもってPC・プリンターを販売する日本HPとサーバー・ストレージ・ネットワーク・サービスなどのエンタープライズ製品を販売する日本ヒューレット・パッカードに分社をいたします。

● パートナー様向けメールマガジンのあゆみ

<昔むかしのReseller News>
<昔むかしのReseller News>

 

歴史をさかのぼると、2002年11月5日「HP Reseller News」として創刊、2007年3月6日発行のvol.106より「HP Partner News」へと名前を変えて、これまで実に12年8か月の間、パートナーのみなさまに情報を発信しご愛読いただけてきました。

振り返ってみると、様々な内容を少しずつ改善・工夫しながら、パートナーのみなさまと一緒に作り上げてきたメルマガでした。アンケートや営業経由でのヒアリングから少しずつ内容を変えながら、増やしながら、少しでもパートナーのみなさまのビジネスにお役にたて、HP製品を販売するうえで参考になるような紙面づくりに努めてまいりました。

その結果と言えるかと思いますが、2015年3月には、みんなで目標としてきた読者1万名に達しました。
配信数の推移を見てみました。

配信数推移

2012年4月頃から、急激に増加していますが、これは過去にないくらいのプロモーションを打った結果だと言えます。イベントやセミナーでの積極的なご紹介、読者ご紹介キャンペーンなどを誌面上で展開したこと、営業協力でのご案内が功を奏し、その後も日常的に露出を心がけ、着実に増やし続けることが出来ました。

そんなPartner Newsの直近4年の実績にしぼって、いろんなTOP3を調べてみました。

● 開封数の多かったメール TOP3

 

HP Partner News Vol.242
HP Partner News Vol.242

  1. 2012年11月 Vol.242
    メールタイトル:Windows 8 搭載タブレット発表
    特集記事:Windows8搭載タブレット発表 ›
  2. 2014年6月 Vol.281
    メールタイトル:コスパと性能、どちらも求められるストレージあります!
    特集記事:ついに出た!HPで最高にリーズナブルなSANストレージ&最新世代NAS ›
  3. 2012年8月 Vol.237
    メールタイトル:驚異の13w未満、HPのゼロクライアントt410 AiO
    特集記事:驚異の13w未満、HPのゼロクライアントt410 AiO ›

☆やはり注目度の高い新製品を取り上げた特集が人気でした。特集記事では新しいもの、気になるものをなるべくみなさまにわかりやすくお伝えすることを心がけ、IT業界にありがちな難解な用語をどのように解説するか、常に編集部一同頭をひねり、また、毎号ネタ探しに奔走いたしました。

● 1か月間の閲覧数が最も多かった特集記事 TOP3

 

HP Partner News Vol.199
HP Partner News Vol.199

  1. 2012年11月 Vol.242 Windows 8 搭載タブレット発表 ›
  2. 2013年4月 Vol.252 迫る!Windows XPサポート終了。提案で使えるリプレイスのメリットとは? ›
  3. 2011年1月 Vol.199 新春企画 「パートナー営業トップが語る、2011年度事業戦略インタビュー」  ›

☆トップインタビューへのアクセス数が予想以上に多く、新春企画として定番化したきっかけのひとつとなりました。そして、われわれHPのビジネスの方向性をいかにご理解いただくか、ということが重要であることを気づかせていただいたきっかけにもなりました。

● ながーい間PageViewを保ち続けた特集記事 TOP3

 

Vol.193特集:Web登録が断然オススメ!「HP Care Pack管理システム」
Vol.193特集:Web登録が断然オススメ!
「HP Care Pack管理システム」

  1. 2010年10月 Vol.193 Web登録が断然オススメ!「HP Care Pack管理システム」 ›
  2. 2011年1月 Vol.199 提案しだいで活用いろいろ!HP ProLiant MicroServerル ›
  3. 2014年6月 Vol.280 新サービス『HPファウンデーションケア』ってなんだ? ›

☆感覚的に、サービスについての記事は長い間ご活用いただける傾向にあると感じております。
それだけご理解いただくのが困難なものだと思い、なるべくわかりやすいように、とりあげる頻度も、表現も考えて掲載した結果が反映されたのではと思います。

● 特集以外のアーカイブ TOP3

 

連載記事 ゼロから学ぶシリーズ
連載記事 ゼロから学ぶシリーズ

  1. FAQ ›
  2. 事例 ›
  3. 連載記事 ゼロから学ぶシリーズ ›

☆FAQは、コールセンターに入るお問い合わせの上位を、実際に受電する担当者にピックアップしてもらい掲載していたため、毎号「ちょうど聞かれることがあり、タイムリーな情報だった」「毎回参考にしている」といったコメントをいただいていました。
過去のFAQは製品ごとに区分けされ、アーカイブされています。


過去のPartner Newsもぜーんぶアーカイブされていて、Unison Partner Portalでご覧いただけます。
HP Partner News アーカイブ 

こうしてみると、本当にたくさんの記事をご紹介し、叱咤激励をいただきながら、なんとかお届け出来てきたという実感があります。
読者アンケートでよくいただいたご意見に「ここでしか読めない記事を掲載してほしい」というものを受け、日ごろあまり人間臭さを交えた文章を表に出すことのない製品部や企画部門の担当者に“コラム”の執筆を依頼し、みなさまに大変お褒めの言葉をいただきました。
また、HPという企業を身近に感じていただきたく、パートナービジネスに関わる営業や企画部門からのみなさまへのご挨拶“みんなでリレー”や、外資らしさを生かした読み物として“マーク先生の英語なんてコワくない!”といった企画にも、本当にたくさんのコメントをいただき、社内外含め、みんなで作り上げてこられたことを誇りに思います。
カタログや、製品Webページや、広告でもない、『メルマガ』としての読みものの手軽さ、身近さ、販売につなげていただける有意性などを務めてお届けしてきたつもりです。「これはさすがに砕けすぎかなー?」と不安になったこともあります。それでも、表現に詰まったり、締め切りに追われるとき、よりよい特集のネタがなかなかひねり出せず苦労したときも、パートナーのみなさまのお声や、そしてなによりみなさまのビジネスのお役に立てているという自負を胸に、毎号欠かさず配信することができました。


最終号を迎えてみると、言葉や表現の重要さを毎号かみしめ、毎号の配信を無事完了すると本当にホっとしつつ、すぐに次のネタが気になる生活が、永らくの私ども編集部の習慣となっていました。
情報伝達手段として、さまざまな仕事との繋がりや、パートナー様との出会いももたらせてくれた、素晴らしいおシゴトだったと、感謝しています。


こうして無事最終回を迎えることができ、みなさまといったんお別れとなります。
本当に長い間、ご愛読いただきありがとうございました。
8月からは2社それぞれのメールでお会いできることを楽しみにしております。


HP Partner News編集部一同

HP Partner News 2015年7月21日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。