HP Partner News年始企画「事業トップが語る、2012年度事業戦略インタビュー」

HP Partner News年始企画「事業トップが語る、2012年度事業戦略インタビュー」
  HP Partner News恒例「事業トップが語る、2012年度事業戦略インタビュー」企画。日本HPより、新年度の事業戦略、注力製品などをご紹介させていただきます。


【インタビュー回答者】
岡 隆史 パーソナルシステムズ事業統括 取締役 副社長執行役員
杉原 博茂 エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 執行役員
挽野 元 イメージング・プリンティング事業統括 取締役 執行役員
 
パーソナルシステムズ   エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク   イメージング・プリンティン

 

パーソナルシステムズ事業(以下、PSG)の展開について、取締役 副社長執行役員の岡 隆史よりパートナー様へのメッセージです。

 

 
 
パーソナルシステムズ
事業統括
取締役 副社長執行役員
岡 隆史
 

■2011年のビジネス概況について教えてください。

昨年は、東日本大震災、原発問題に加え、世界経済の不透明化、さらにタイの洪水など、過去に無い要因が重なりました。しかし、この厳しい環境下においてもPSG事業は1年をトータルで見ると、堅調に推移する事ができました。これはパートナーの皆様に私どものビジネスを支えて頂いた結果です。深く感謝し、御礼を申し上げます。大変ありがとうございました。
個々に振り返ると、震災後の節電ニーズに応える「省エネPC製品のフルラインアップ化」、災害対策や在宅勤務など新しい働き方トレンドに合わせた「クライアント仮想化の推進」など、市場環境に合わせた製品提供に努めてきました。これにより、例えば<シンクライアント製品>は前年比倍増の勢いで成長を続けています。また、HPにとって新分野である流通ソリューション<HP rPOSシリーズ>の導入が予想を上回るペースで進むなど、従来のクライアントPCに加え、その隣接市場でも事業が拡大しています。

■では、そんな2011年でのビジネストピックをご紹介ください。

グローバルでは、やはりPC事業の再編検討が大きな出来事でした。結果的に、HP全社におけるPC事業の存在意義や価値が明確となり、今後も中核事業の一つとして積極的な投資対象に位置付けられた事は大きなプラスです。PSGの売上は約400億ドル/年、営業利益率も5.9%と健全です。出荷台数は6,400万台/年に達し、企業PC、個人PCとも、それぞれ世界No.1シェアを獲得し続けています。業界最多の顧客インストールベースを保有するHPブランドの代表事業として、この資産を生かし、他の事業グループとの連携を強めていく事で、HP全体ビジネスでのシナジー効果の最大化を図っていきます。
また、PSGのグローバル戦略の一環として、製品の差別化とHPらしさの創造を狙いとするプレミアム製品開発グループが新設されました。今年は、その成果を「ワクワクする、面白い新製品」という形で皆さんにご紹介できると思います。
日本国内では、ノートPCの「東京生産」への移行決定が最大のトピックスです。2011年8月から段階的に生産を海外から日本に移し、今年1月には企業向けPC製品のほぼ全てを東京生産とします。これにより、ノートPCでも「短納期」、「フルCTO(カスタマイズ)」、「高品質」を実現し、パートナー様に安心で手離れの良い製品を競争力ある価格で、素早くご提供できる体制を整える事ができます。今後のHPのノートPCに、ぜひご期待下さい。

  製品写真

■2012年度のビジネス動向についてどのようにとらえられていますか?

今後も当面は、グローバル経済と国内市場の不透明感は続くでしょう。しかし、今年の国内PCビジネスそのものは成長性が高まると考えています。特に、2008年のリーマンショック以降から停滞を続けてきた企業PCのリプレース需要が顕在化してきます。企業PCの更新は、節電やITセキュリティ強化のニーズを満たす上で重要な対応アクションであり、国内企業のお客様がグローバル競争で勝ち抜く為に必要となる効率改善にも避けて通れない動きです。実際に、この2~3月以降の導入を前提とした案件の引き合い件数は増加傾向にあります。

■では、そのような中、2012年度のPC事業戦略をどのように推進されますか?

モバイル、セキュリティ、節電、仮想化、最適化というキーワードへの対応が大事な一年です。
まず、HP PSGのコアビジネスは企業向けPCです。グローバル展開での強みの元である広範な製品ラインアップを活かし、それぞれのお客様毎の使い方、ニーズに最適な製品とソリューション、サービスを、パートナーの皆様と一緒になって提供していきたいと考えています。東京生産による品質向上、円滑な納期対応に加え、お客様単位でのソフトウェアやシステム環境の設定を含む、きめ細やかなカスタマイズにも対応が可能です。
コンシューマPCでは、我々HPの市場シェア、認知度ともまだまだ限定的ですが、それだけに大きな成長余地があると言えます。まず、HPブランドを多くの方に、より正しく認知してもらう為に、宣伝/広告活動に今後も注力していきます。また、コンシューマPCビジネスの成長は企業向けビジネスに対してプラス影響を与えてくれます。HPブランドを知って頂き、親しみを感じてもらえる事はPSG事業全体にとっても必要な基本要素であると信じています。

新規ビジネスの創出にも注力します。サーバ仮想化と同時に、急速に立ち上がるシンクライアントソリューション(クライアント仮想化)の推進をはじめ、潜在的ニーズを新テクノロジーで刺激し、市場に切り込んでいきたいと考えています。例えば、最大15人で1台のホストPCをシェアできる<HP MultiSeat コンピューティング>という製品では、その圧倒的なコストパフォーマンスと優れた運用性で、HPが従来弱かった公共/教育分野への参入を進めています。先述の<HP rPOS製品>も同様に、食品スーパーやコーヒーショップなどの小売り業や各種サービス業への製品提案が可能となりました。また、業界最軽量のビジネス向けタブレットPC<HP Slate 2>も、この1月から出荷開始しますが、急成長するタブレット市場において、従来のWindows環境そのままに高いセキュリティと使い勝手が得られるという特徴からさまざまなビジネス用途での検討が進んでいます。これら新製品群を、新規顧客へのアプローチに際してのドアオープナーとして活用し、ぜひパートナーの皆様と共に新しいビジネスを獲得していきたいと思います。

 

■これらの戦略を踏まえて、パートナー様に期待するものはどのようなものでしょうか?

「ベストプラットフォームベンダー」を目指すHPビジネスの基本は、パートナー様との協業です。そして、ビジネス拡大には、既存のお客様の深掘り、新規ビジネス開拓、の2つのアプローチがあります。
HPの特長は、パートナーの皆様それぞれが強みとするソリューションと組み合わせ頂けるプラットフォーム製品を業界で最も広く網羅している事です。お客様の要求に合わせ、PSGクライアント製品からサーバ、ネットワーク、プリンタまで、最適なHP製品/サービスのソリューション提案頂く中での協調を通じ、お客様の深堀と満足度の向上を皆様と共に目指していきます。
また、より広範な地域、業種のお客様とお付き合いさせて頂く上で、そこに強みを持つパートナー様とのリレーションとサポートが必須と認識しています。HPでは、各種セミナー、トレーニング、イベント等を通じた情報共有に加え、お客様向け広告プロモーションのカバーレッジ拡大など、需要喚起に向けた施策を強化する事で、新規ビジネス創出の一助とさせて頂きたいと考えています。

最後に、「ベストプラットフォームベンダー、HP」として、パートナーの皆様のお役に立ちたいと強く願っています。相互に共通目標を持ち、「業界最高」を合言葉に皆様と良いビジネスを展開していきたいと思います。今年も宜しくお願いします。

HP Partner News 2012年1月17日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。