提案しだいで活用いろいろ!HP ProLiant MicroServer

~AMD Athlon™ II Neo N36Lプロセッサを採用した省スペース・省電力サーバー~

 

お客様のデザイン事務所から相談を受け、サーバーの設置を思いついた中林さん。同僚の村岡さんに相談を持ちかけたところ、小型で低価格の省スペースサーバーを薦められました。
それが今回ご紹介する「HP ProLiant MicroServer」です。

その魅力にふれる二人の会話をちょっとのぞいてみましょう。
HP ProLiant MicroServerのプレゼント企画もご用意していますので、ぜひ最後までご覧ください。皆さまのご応募をお待ちしております。

  提案しだいで活用いろいろ!HP ProLiant MicroServer

小さい、静か、低価格。オフィスに溶け込むコンパクトサーバー

中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「お客様のデザイン事務所から省スペースなスキャナーについて相談を受けたんだけど、運用についての話をうかがうと、どうもあまり効率的ではないんだよ。

たとえば、スキャナー導入時に接続していた古いPCが、今となっては実質スキャナー専用機になっていてさ。“スキャンデータが大きいのでディスクがすぐ一杯になってしまうんですよね”なんて言っていたけれど、そもそもディスク容量の問題だけではないようなんだ。

たとえば、全員がスキャンデータを使えるようにファイル共有設定をしているからという理由で、スキャナーとは関係ないファイルまでそのPCに置いてあるんだ。結果として常に電源を入れておかなければならず、スリープにすらできない。
“スキャナーを使っているとファイルアクセスが遅くなると文句を言われちゃうんです”なんて話まで出ているんだけど、何かいい提案ができないものかなぁ?」

     
     
 

村岡さん:
「パソコンの台数が徐々に増えていった環境にはよくある話だけど、非力な古いPCがなんとなくサーバー役になっているんだよね。
それなら、『HP ProLiant MicroServer(以下、会話文中はMicroServer)』はどうだろう。価格も非常に手ごろだし、小型でどこにでも置けるデザインだから扱いやすいよ。」

     
村岡さんイメージ
中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「確かに、専用のサーバールームがあるわけではないから、仕事をしている机にすべて置けるのなら最高だね。MicroServerは安くて小さいという評判は知っているけれど、実際のところどうなのかな。小型の製品って廃熱が心配だし、サーバーだとファンの音もけっこうやかましかったりするよね。」

     
     
 

村岡さん:
「MicroServerは、省スペース型の製品にありがちな“スリム”に固執したものではないんだ。“オフィスの机に置ける形”から考えたデザインで、卓上に置くような書類ケースと変わらないくらいの、圧迫感のない大きさなんだよ。実機が手元にあるからテーブルに載せてみようか。

ほら、安定感があるから単体で置いても大丈夫だろう? それに空気の流れが前面から背面だから、書類を脇にぴったりくっつけて置いても問題ないよ。」

 

W210×H267×D260mmのコンパクト設計
HPプロダクトセレクションと比較してもこの大きさ

     
村岡さんイメージ
中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「なるほどね。スリム型と違ってファンの口径が大きいから静かというわけか。
へえ、電源を入れるとさりげなくロゴが光るんだね。
それにしても驚くほど静かだなぁ。」

     
     
 

村岡さん:
「音の大きさは21.4dBAで、”木の葉がふれあう音のレベル”と言われているよ。」

     
村岡さんイメージ
中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「確かに、これならデスクにあっても気にならないね。」

     

最大8TB、必要になったら簡単に追加できる気配り設計

     
 

村岡さん:
「MicroServerはコンパクトな筐体だけど、サーバーとして十分な拡張性も備えているんだ。メモリは標準搭載が1GBで、最大8GBまで拡張できる。

 

それからハードディスクは2TBを4基、つまり最大8TBまで拡張できる。増設の仕方もこのとおり、前面の蓋を開けて押し込むだけなんだ。必要なネジや工具は蓋の裏に全部備え付けてあるというのもちょっと嬉しい気配りだよね。」


HDDは蓋を開けて差し込むだけ。拡張用の工具とネジも備え付けている
※ホットプラグ非対応のため、HDDの増設・交換時にはサーバーの電源を切る必要があります

     
村岡さんイメージ
中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「ケーブルがすっきり配線されていて、増設作業もしやすそうだ。低価格で購入できるサーバーなのに、メンテナンスのしやすさも配慮されているんだね。」

     
     
 

村岡さん:
「内蔵ディスクのほかにも、eSATAコネクターや合計7つのUSB 2.0ポートを備えているから、外部ストレージの接続も簡単なんだ。大きなサイズのスキャンデータでも容量の心配なく保存できるだろう。」

     
村岡さんイメージ

低消費電力の秘密はAMD Athlon™ II Neo N36Lプロセッサ

中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「ところで、お客様のデザイン事務所にはあまり消費電力の大きな機器は置けないのだけど、サーバーを提案しても大丈夫かな。」

     
     
 

村岡さん:
「MicroServerなら大丈夫。ポイントはCPUだ。MicroServerは『AMD Athlon™ II Neo N36Lプロセッサー』を搭載しているんだけど、ノートPCでも利用されている、とても電力効率の優れたデュアルコア プロセッサーなんだ。

消費電力が低いから発熱が少なく、安定して稼動するし、また静音性にも一役買っている。MicroServerが消費電力を抑え、かつ小型化できた秘密がこのプロセッサーというわけなんだ。」

  AMD Athlon™ II Neo N36Lプロセッサー
     
村岡さんイメージ
中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「なるほど。サーバーでも消費電力が低いなら安心だ。それに電力コストの面でもプッシュしやすいね。」

     

ファイルサーバーや部門サーバー… あなたならどう活かす?

中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「お客様のところは、まずはファイルサーバーからスタートするのがよさそうだから、ディスクを1TBに変更して、彼らでも扱いやすいWindows Server 2008 R2 Foundationと組み合わせる形で提案してみようかな。

現状では古いWindowsマシンをサーバー代わりにしているから、移行もスムーズだろう。ファイルサーバーならばアクセス制限もコントロールできるし、なによりも、ファイルアクセスが高速になって快適になる。

さらに、MicroServerにスキャナーを接続すれば、サーバー代わりにしている古いPCを起動する必要もなくなるよね。Windows Serverと組み合わせるのなら、今の環境をそれほど変えることなくスキャナーやプリンターまで含めたネットワークを簡単に構築できるから、MicroServerを中心にスキャナーも含めたプリンティングソリューションとして提案すると喜んでもらえそうだ。」

     
     
 

村岡さん:
「実は、僕のお客様にも興味を持ってくれそうな方がいるんだよ。部署内にサーバーを1つ立てたいけど、予算が厳しくて・・・という話だった。

でも、MicroServerなら価格的に導入しやすいし、WindowsだけでなくRed Hat Enterprise Linuxと併せても予算内に納まるんだよね。OSの選択肢が豊富だから、お客様に合わせた提案ができそうだよ。」(参考:MicroServerの対応OS[英語]

     
村岡さんイメージ
中林さんイメージ
 
     

中林さん:
「部門サーバーには、MicroServerは良い選択となるね。今までにないサーバーだから、いろいろ面白い提案ができそうだ。ほかにどういうことができるか、僕もちょっと考えてみよう。」

     

あなたの考える「HP ProLiant MicroServer活用法」をお聞かせください!
HPパートナー様1名に「HP ProLiant MicroServer」プレゼント


上記の中林さんと村岡さんのように、HP ProLiant MicroServerの特長を活かした活用法やご提案のアイディアをぜひお聞かせください。
応募いただいた方の中から抽選で1名様に、HP ProLiant MicroServer 1台を進呈いたします。斬新なアイディアも大歓迎ですので、たくさんのご応募をお待ちしております。


◎プレゼント対象者:HPパートナー様


◎プレゼント締切:2011年2月9日(水)まで


◎応募方法:
HP Partner News読者アンケートフォームの「その他、HP Partner Newsに対するご意見・ご要望などを、ご自由にお寄せください」欄に、HP ProLiant MicroServerの活用法、ご提案アイディアをご入力いただき送信ください。


◎応募に際してのご注意事項:

 

1.

プレゼント品はHP ProLiant MicroServer本体のみ(OSなし)となります。
本体を受け取り後、OSのセットアップ等については当選者様にてご対応いただく必要がございます。

 

2.

応募いただいたアイディアは、Webやカタログ等に予告なく掲載させていただくことがございます。

 

3.

当選者にはHPパートナーシップ事務局よりご連絡をさせていただきます。


 
  コンパクトサーバー 「HP ProLiant MicroServer」  

コンパクトサーバー 「HP ProLiant MicroServer」
○プロセッサー:AMD Athlon™ II Neo N36Lプロセッサ(1.3GHz、15W、2MB)
○メモリ:標準 1GB(1×1GB)PC3-10600E DDR3 UB ECC
○ハードディスクドライブ:250GBノンホットプラグLFF SATA
○HP Directplus 通常価格:¥35,700(税込)~
その他、詳細な仕様はこちらをご覧ください。

 
 

HP Partner News 2011年1月25日号 特集記事]
本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、
閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。