Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

日本HP販売パートナー > 日本HP販売店制度 > HP Partner News Web

マイクロソフト担当者に訊く、Windows 7企業導入のメリット (1/2)

HP Partner News Web

最新号
アーカイブ
特集
連載記事
事例
FAQ
昭島工場見学プログラム
HP Unison Partner Portal ログイン
→ニュース/イベント
→HP Partner News
パートナー様向け
お役立ちリンク集
パートナー様向け
営業ツール紹介
日本HP サイトマップ
 
特別価格情報やキャンペーン情報満載 HP ProLiant プレミアムモール
コンテンツに進む
マイクロソフト担当者に訊く、Windows 7導入のススメ
Windows 7の一般発売が10月22日にスタート。日本HPでも、Windows 7対応のビジネス向けデスクトップPCとして、新ブランド「HP Compaq Pro」シリーズ2機種を発表するなど、早くも販売代理店様、HP Directpartner様経由の販売を開始しています。

業界では早くからWindows 7の話題で盛り上がり、「完成度が高い」との評判も上々で、PC買い換え需要の起爆剤としての期待も大変高まっています。しかし、お客様に導入を勧めるパートナー様の立場からすると、未だ不安な声も拭い切れていないというのが実情なのではないでしょうか。

そこで、HP Partner News 誌面にてパートナー様からお寄せいただいた質問事項を基に、Windows 7に関する疑問点や課題点などの不安材料を取り除いていただき、今後、Windows 7のビジネス及びPC拡販を積極的に行っていただくため、マイクロソフト社のコマーシャルWindows本部プロダクトマネージメント部シニアエグゼクティブプロダクトマネージャーの細井 智氏に当編集部がインタビューをさせていただきました。 細井 智氏

マイクロソフト株式会社 細井 智氏

Windows 7の疑問にお答えします

● Windows 7導入のメリットとは
--Windows 7 のビジネス・ユースでの必要性やユーザー側のメリットを、機能例と合わせて教えてください。
導入のメリットについてまず申し上げたいのは、作業効率に影響する操作が非常に早くなり、快適に使っていただけるという点です。『快適さ』については、タスクバーの機能強化やウィンドウの整理機能の充実など、ユーザーインターフェイスの変更を大々的に行っており、従来3〜4クリック掛っていたものが1〜2クリックで済むようになっています。
検索機能においては、デスクトップ上からだけではなく、インターネットやファイルサーバー、企業内ドキュメントの管理サーバーなどから、統合的な検索が可能になっています。体感していただかないと伝わりにくいのですが、“圧倒的”なスピード感を持って仕事の効率性を上げることができる、というのがユーザー側の一番大きなメリットになると思います。
 
--管理者側のメリットについてはいかがでしょうか。
集中管理機能の強化、セキュリティ対策、コンプライアンス対策や情報漏洩対策に繋がる機能をOS標準機能として搭載していることにあります。
 
--具体的には?
エンタープライズエディションで提供される『ダイレクトアクセス』は、モバイル環境による企業内ネットワークへのアクセスが、VPN接続を必要とせずにインターネット経由で、確実かつセキュアにアクセスできます。セキュリティ面では、IPv6の技術を使い、「IPSec」(アイピーセック)という暗号・認証の仕組みと完全にラッピングさせているため、限りなく安全性の高いものとしてご利用いただけます。Windows 7でのファイアーウォール設定は複数可能となっているので、予めモバイルや企業内、ワイヤレスなどに設定を掛けておきアクセスを切り替えて活用いただくことも可能です。
 
また、大幅にヘルプデスクの時間軽減に貢献する機能を追加しています。『トラブルシューティングプラットフォーム』は、単純な障害に対する解決をするための機能として搭載されており、プログラムの互換性、ネットワークにつながらない、PCの音が出ないといった問題に対して、Windows 7が自己解決もしくは解決方法を提示してくれる機能になります。
一般的にヘルプデスクに掛かっている質問の40%は『トラブルシューティングプラットフォーム』によって解決すると見込まれています。
トラブルシューティングプラットフォーム

<トラブルシューティングプラットフォーム>
※クリックで拡大

問題ステップ記録ツール

<問題ステップ記録ツール>
※クリックで拡大
さらに、『問題ステップ記録ツール』は、問題が発生した操作をステップごとに画面撮りし、ソフトウェアの構成情報も含めてレポートを作成するツールで、ヘルプデスクにそのまま送信すれば、問題を視覚的に判断できるため、解決までの時間を短縮することができます。
このツールは、Windows 7 を開発する際のバグ修正のためにも使用していたツールです。全エディションに搭載されていますので、利用シーンに合わせて、問題点解決のステップとして活用いただけると思います。

≫ 問題ステップ記録ツールの使用例はこちら
「音声が出ない」というトラブルシューティングのステップを記録
 
情報漏えいに対する対策においても、Windows Vistaではハードディスクのみの暗号化であった『ビットロッカー(BitLocker)』を、SD カードや USB メモリなどのリムーバブルデスクなどにも適応させており、企業のデータを保護するのに活用いただけます。
Windowsアップデートやバックアップ状況などの情報が集約された『アクションセンター』機能では、頻繁に警告やステータス情報を受けることなく、通常の作業の効率化にも繋がりますので、ユーザーと管理者共にメリットがあると思います。
 
● 乗り換えない場合のリスクとは
--Windows 7に乗り換えを行なわず、Windows XP/Vistaを使用していた場合、困ることは起きますか。
現在、(企業のWindowsユーザーの)約78%がWindows XPを活用いただいているという現状があります。XPは、8年前に市場に出たものですが、設計は1999年のものです。パッチでの対応などを行ってきていますが、企業においてウィルス対策などでコストが掛っているのが現状です。運用・管理費用の面で見ても、またサポートの観点でも今後 Windows XP を使い続けていくのは現実的ではありません。

また、皆さんが買い換えで一番心配されているのは、互換性の部分ではないかと思います。80%弱のWindows XP率から見れば、新しいOSでそのアプリケーションを動かすというのは、もちろん労力を伴うものですので、そこは、改編のお手伝いを私たちも積極的に行っていきます。
 
● 互換性、XPモード、仮想化機能に関して
--互換性への取り組みというのはどのようなものでしょうか。また、「XP モード」や「Microsoft Application Virtualization」への期待がある一方で、不安視する声もありますが。
マイクロソフトとしては、基本的に、技術の進化と共に新しいものを使っていただきたいという想いはあります。企業ユーザーの、既存の資産を利用したいというニーズを汲みながら、次のステップへも進んでいただきたい。
そこでWindows 7では、互換性に関する対策へはかなり強力に取り組んでいます。互換モードや互換機能、仮想化技術など、様々な段階に応じてスムーズに導入していただくための機能を用意しています。仮想化技術と合わせて使用する『XPモード』に関してはかなり高い割合で、従来のアプリケーションをそのまま使っていただけます。

エンタープライズ環境での仮想化技術の利用という意味では、管理面で機能を提供している、Microsoft Enterprise Desktop Virtualization (MED-V)*の利用を推進しています。MED-Vは、Microsoft Desktop Optimization Pack に含まれる1つのツールになります。

*App-V(Microsoft Application Virtualization)
 MED-V(Microsoft Enterprise Desktop Virtualization)

Windows 7 Enterpriseのソフトウェアアシュラランス契約ユーザーに提供される追加用サブスクリプションライセンス「Microsoft Desktop Optimization Pack (MDOP)」に含まれる、アプリケーションを仮想化するソフトウェア。「App-V」はアプリケーションを仮想化し、ネットワーク経由で配信するソフトウェアであり、アプリケーション間の互換性問題の解消やアプリケーション利用の管理が可能。また、新旧異なるバージョンのアプリケーションを同時に実行することもできる。「MED-V」は、Windows Virtual PCを拡張し、レガシー アプリケーションを仮想アプリケーションとして活用できるソリューション。
 
--仮想化技術を活用する際の注意点はどのようなものでしょうか。
あくまでも仮想環境での作業となりますから、やはり導入前の検証部分は、しっかりやっていただきたいとお願いしています。ハードウェア、ソフトウェアの互換性については、『互換ツール』や『ロゴプログラム』といった互換支援のためのツールや情報もご活用ください。
『このアプリケーションが動かないから使わない』というのではなく、パフォーマンスも含めてトータルとしてどうなのかを見ていただきたい。(Window 7の導入によって)今後のITの戦略的な活用を考えていただければと願っています。
 
● 対応製品、ロゴプログラム認定
--対応認定ロゴの取得製品は、どのくらいあるのでしょうか。どこで確認できますか。
11月4日時点のアップデートでは、対応アプリケーションが1,807製品(180社)、対応ハードウェアが4,652製品(62社)となっています。これは市場に出回っていて、よく使われているソフトウェアの90%をカバーしている数字です。

過去のOSでは、最初の1〜2年は対応製品が少なく、この数字に到達していたのはOSの提供開始1年後だったため、コンシューマ系だけではなく企業系の初速も相当良いという手応えを感じています。
尚、この情報は、弊社サイト『Windows7対応製品を調べよう 日本HP外のウェブサイトへ』で最新情報を確認いただけます。
細井 智氏
 
   
  Top ⁄ 1 ⁄ 2
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡