Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

パートナー

HP ProLiant サーバー G7 新製品発表会
<同時開催>
新生HP Networkingのご紹介
HP P4000 G2 SAN ソリューション(LeftHand)説明会

HP Partner Portal

お申し込みフォーム
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
コンテンツに進む
HP ProLiant サーバー G7 新製品発表会 同時開催! 新生HP Networkingのご紹介 HP P4000 G2 SANソリューション(LeftHand)説明会
主   催 : 日本ヒューレット・パッカード株式会社
  特別協賛 : インテル株式会社

インテル® Xeon®
プロセッサー 5600番台

ご挨拶

貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社ではパートナーの皆様を対象に、東京・大阪・名古屋にて『HP ProLiant サーバー G7 新製品発表会』を開催させていただく運びとなりました。本製品発表会では、パートナーの皆様に向けて、本製品の戦略、新製品概要、技術情報をお伝えさせていただきます。
また、本イベントでは3Comとの合併が完了した「新生HP Networking」のご紹介、並びに発表から1周年を迎えました「HP P4000 G2 SANソリューション(LeftHand)」の説明会も同時開催させていただきます。

是非この機会に、HPのエンタープライズ製品群についての最新の技術動向や拡充されたHPネットワーク製品ポートフォリオとソリューション、HP P4000 G2 SAN(LeftHand)製品へのご理解を深めていただき、今秋の商談にお役立ていただければと思います。

ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
敬 具
日本ヒューレット・パッカード株式会社

開催概要

開催場所

2010年8月3日(火) 【東京】 東京ミッドタウン・ホール  セミナー本会場:Hall A  日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ
2010年8月6日(金) 【名古屋】 キャッスルプラザ  セミナー本会場:4F 鳳凰の間 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ
2010年8月18日(水) 【大阪】 ホテル阪急インターナショナル セミナー本会場:4F 紫苑 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ

お申し込み方法

【Webでのお申し込み】
≫ お申し込みフォーム

【Faxでのお申し込み】
≫ Faxお申込書 -PDF形式:350KB-
(Faxお申込書は、直接入力できるようになっています。お申し込みの際は、PDFに直接ご入力し、
プリントアウトしてお送りいただけますようお願いいたします。)
Fax送信先:HP パートナーシップ事務局 (03-5214-0771)


当日のプログラム

12:30 受付開始
テクニカルセッション   <同時開催>  新生HP Networkingのご紹介 ↓
HP P4000 G2 SANソリューション(LeftHand)説明会 ↓
13:00 HP ProLiant サーバー G7 最新技術情報
本セッションでは、インテル Nehalem-EXを搭載した新製品を中心に、 HP ProLiant サーバー G7に採用されている各種最新テクノロジー、提案時の勘所を含めてご紹介いたします。
13:45 HP BladeSystem 新技術のご紹介
本セッションでは、HP BladeSystem で近日中に利用可能となる新技術に関する最新情報を御提供いたします。従来技術との比較や実際の動作、実装上の注意点を交えてご紹介いたします。
14:30 ご休憩
ジェネラルセッション
14:45 ご挨拶
14:50 新生HPNetworkingの全貌
〜コアからエッジまで包括的なポートフォリオが完成!〜

ITインフラ構築の基盤として欠かせないネットワーク。エンタープライズネットワークベンダーとして、コアからエッジに至るまでフルラインナップを提供可能に。HPのネットワーク製品で大幅にTCOを削減します。
15:30 急成長のiSCSIマーケットに乗り遅れるな!
国内No.1ソリューション、HP P4000 G2 SAN (LeftHand)とは

いまや急成長しているiSCSIマーケットですが、そのiSCSIを越えた新生代のiSCSI ソリューションであるHP P4000 G2 SAN (LeftHand)について、その特徴や機能をご紹介いたします。
16:00 ご休憩
16:10 新世代機でシステム提案が変わる! HP ProLiant サーバーG7 のご紹介
本セッションでは、旧世代機の良さはそのままに、より管理機能を拡張した新モデルHP ProLiant サーバーG7 についてご紹介いたします。
今夏から盛り上がるリプレース需要を、G7 でいかに捉えるかについてのセールストークも交えてご紹介いたします。
16:50 第3世代ブレードが進化する! CEE/FCoE対応I/O仮想化ソリューションのご紹介
本セッションでは、最近話題のCEE/FCoE の市場動向を交え、今夏に登場するHP BladeSystem c-Class の新製品を中心にご紹介いたします。
今後、サーバーとネットワークビジネスの境界線がなくなる中、どのようにシステム提案を進めていくべきか、HP の秘策も交えてご紹介いたします。
17:30 終了予定
新生HP Networkingのご紹介
13:00-13:45 競合比較から見る“新生HP Networking”
新たに生まれ変わったHP Networking。競合他社製品との比較を中心にNEW HPNのメリットをご紹介いたします。
13:45-14:30 導入事例から見る新製品の売り方指南
新しくHPに加わった旧H3C製品の導入事例を中心に、新製品の特長やメリットを売り方を交えてご紹介いたします。
14:45 ジェネラルセッション(続けてご参加ください)
HP P4000 G2 SANソリューション(LeftHand)説明会
13:00-14:00 iSCSIを越えたP4000 ! iSCSI 4 の時代到来!
HP P4000 G2 SAN (LeftHand)のご紹介

新世代のiSCSIソリューションである、HP P4000 G2 SAN (LeftHand) の基本機能や、簡単に構築できる構成情報、環境に応じた構成例などをご紹介いたします。
14:00-14:30 HP P4000 G2 SAN (LeftHand)の案件獲得方法、アプローチ方法を伝授
HP P4000 G2 SAN (LeftHand)は手離れが良く簡単で、増設ごとに先々も売れる製品です。こんな提案から案件を獲得した、こんなアプローチで商談が成立した、などさまざまな営業提案事例をご紹介いたします。
14:45 ジェネラルセッション(続けてご参加ください)
※セミナー内容などにつきましては、予告なく変更となる場合がございます。 予めご了承ください。
チャレンジ25キャンペーン 日本ヒューレット・パッカードは「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています。 ご来場の際はクールビズ、もしくはビジネスカジュアル等、涼しい服装でお越しください。

お問い合わせ

HPパートナーシップ事務局
受付時間 : 10:00〜12:00/13:00〜18:00 (土日・祝日、年末年始、日本ヒューレット・パッカード指定休日を除く)
住所 : 〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3 麹町中田ビル2F
TEL : 03-3512-4731
FAX : 03-5214-0771
E-mail : partner.seminar@hp.com

個人情報について

ご記入いただきました個人情報を日本ヒューレット・パッカードで利用する場合は、本セミナーのご連絡、及び日本ヒューレット・パッカードからの ご案内(各種セミナー・イベント・キャンペーン情報)と顧客満足度調査でのみ利用します。
日本ヒューレット・パッカードは、個人情報を必要な保護措置を行ったうえで、HPグローバル・マスター・プライバシー・ポリシーに従いお取り扱い致します。
日本ヒューレット・パッカードの個人情報保護方針について : オンライン プライバシー ステートメント
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel inside、Intel Inside ロゴ、Centrino、Centrino ロゴ、Intel Viiv、Intel Viiv ロゴ、Intel vPro、Intel vProロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium Inside、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。引用された製品は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
 
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード (無料) の上ご覧ください。
  ≫ このページのトップに戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡