薄さ・軽さとコストパフォーマンスを実現したスタンダードモバイルPC
詳細はこちら:
   詳細スペック(PDF)

機能

  • Windows 8 Pro または他のオペレーティングシステムを搭載

高級感ある薄型デザイン

ビジネス用の薄型ノートとしての耐久性と利便性、薄型デザインを高い次元で融合する13.3インチ液晶搭載のモバイルノートパソコンです。

本体側面にはVGAポート、LANポート(RJ45)に加え、HDMI端子や、USB 3.0端子、USB2.0端子も備えます。十分なポートを備え、オフィスでの利用に最適です。本体右側のUSBポート、LANポート、電源ポートは後ろ側に配置することで、マウスの操作をする際にも邪魔にならないデザインとなりました。

映画のデジタル音響システムで利用される「dts」の DTS Sound + テクノロジを搭載。内蔵のステレオスピーカからのクリアな音源の再生に加え、マイク入力時の周囲のノイズやエコーを削減する機能も提供します。Web会議で利用する場合でも快適にご利用頂く事が出来ます。

キー配列は全般的に見直しを行い、JIS配列の日本語キーボードにおいては、Enterキーの大型化や、配列の修正により、ブラインドタッチでのタイプ感の向上にこだわりました。

省電力タイプのプロセッサを採用

省電力タイプの第4世代 インテル® Core™ プロセッサー、またはCeleron®プロセッサーを採用することにより、オフィス機器の省電力化の促進と高いレベルの処理性能を両立することが出来ます。省電力タイプのプロセッサを採用することによりACアダプタの小型化も実現しました。

最新の高速無線LAN規格「AC」対応

ワイヤレスLANには、最新の規格であるIEEE 802.11 acに対応するIntel社製の最新無線LANコントローラを採用。マルチアンテナ仕様の7260とシングルアンテナ仕様の3160の2つのコントローラから選択頂く事が可能です。

高耐久性バッテリを標準搭載

通常のバッテリパックは約300回の充放電が可能です。この製品はその3倍の約1000回の充放電サイクルを設計寿命とした耐久性の高いバッテリを採用しています。

小型ACアダプタを採用

消費電力が低く小型の45WのACアダプタが標準で採用されています。ケーブルも細くなり「アース端子」の無いデザインを採用することで、狭い場所でのケーブルの取り回しや持ち運びに便利です。

日本生産フルカスタマイズ対応

HP ProBook 430 G2 は、お客様のご希望の構成でご注文を承り、日本HP 東京ファクトリー & ロジスティックスパークで1台づつ熟練のスタッフにより丁寧に組立てが行われます。その品質の印として「MADE IN TOKYO」と書かれたシールがディスプレイパネルに貼られます。

プロセッサや、オペレーティングシステム、メモリ構成や多彩なストレージ、サービスからお客様のビジネスに適した一台をオンラインストアでカスタマイズ頂く事が出来ます。

充実のセキュリティ・サービス性

セキュリティ機能の一元管理を容易にするソフトウェア「HP Client Security」を搭載し、生体認証を始めとする認証機能や、接続機器へのアクセス制御、データの完全消去や暗号化等、実用的な機能を豊富に備えます。TPM1.2チップも標準で搭載されます。詳細(http://h50146.www5.hp.com/product/portables/protecttools/)

メモリとハードディスクは1本のネジを外すだけで容易にアクセスすることが出来ます。メモリの増設作業や、ハードディスクのサービスが必要となった場合でも容易に作業することが出来ます。

ハードディスク全体の暗号化(FVE)のソフトウエア「HP Drive Encryption」を標準搭載。WinMagic社のSecureDocを暗号化のエンジンに採用し、FIPS 140-2の認定された高度な暗号化システムを追加の費用なしでご利用いただくことが可能です。また、集中管理に対応するSecureDoc Enterprise Server(SES)へのアップグレードにも対応します。詳細(http://www8.hp.com/jp/ja/ads/winmagic-secure/overview.html)

  • Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。