Express Imaging社 導入事例 - HP DesignJetプリンター

“ 画像品質とスピードの両方が優れているため、
当社は自信を持って注文を速やかに処理できます。
お客様には、半分の時間で処理が終わると
喜んでいただいています。”

− Express Imaging社 アートディレクター Brandon Harrop氏

Express Imaging社、HP DesignJet Z5400 PS プリンターにより、生産性と画像品質を向上

課題

課題

Express Imaging社は、経済的な方法で大判プランを社内でスキャンし、複数の拠点にいるチームメンバー間で効率的かつ正確に詳細な技術プラン情報をやり取りする必要がありました。

時間とコストを節約するため、プラン情報の共有手段として、電話、電子メール、郵送の使用を減らしたいと考えていました。また、大型のCAD図面であっても繊細なライン、微小なテキスト、細部が明確な高品質のプリントをクライアントに提供したいとも考えていました。

ソリューション

ソリューション

Express Imaging社は、高品質の大判グラフィックに対応できるマルチロール型のHP Designjet Z5400 PS プリンターを選定しました。

また、HPプレミアム速乾半光沢フォト用紙、HPエブリデイポリプロピレン粘着光沢紙、HPエブリデイポリプロピレンマット紙も使用します。

成果

Express Imaging社

屋内ディスプレイ向けに高画質の大判カラーグラフィックを追加できるようになり、印刷量が増えました。

高度なメディア切り替えが可能なマルチロールなど、生産性を向上させる機能により、納期は半分に短縮されました。

HPフォトブラックインクの3種類の色調により、滑らかなグレー調や、照明のあたるあらゆる状況で中間色を維持するニュートラルホワイト画像を表現できるようになりました。

提供できる印刷サービスが増えたため、付加価値のあるデザインサービスの売上が約10%アップしました。

Express Imaging社 導入事例の全文はこちら[英語] (PDF:701KB)

HP DesignJetプリンティングに関するその他の情報

HP DesignJetの歴史

HP DesignJetの歴史

1970年代のペンプロッターの発明以来、
HPは、大判印刷の分野をリードする
革新的な製品を開発してきました。
HP DesignJetプリンター のこれまでの軌跡を
一挙にご紹介します。

HP Designjetの歴史の詳細はこちら

HP DesignJet プリンターで節電

HP DesignJet プリンターで節電

HPの大判プリンターと
一般的な大判プリンターとを比較し、
どれだけ電力消費量に差があるのかを
紹介します。

HP DesignJet プリンターで節電の
詳細はこちら

  • ※1 HP DesignJet ePrint & Shareアカウント、プリンターとのインターネット接続、インターネット対応デバイスとの接続が必要です。
    HP DesignJet ePrint & Shareモバイルアプリケーションを使用する場合は、互換性のあるApple® iOSまたはAndroid™デバイス、およびインターネット接続が必要です。
    データや接続の利用料金が発生する場合があります。印刷時間は条件によって異なります。