Inland Engineering Services社 導入事例 - HP DesignJetプリンター

“ HP DesignJet T2500 MFPの最大のメリットは、時間を管理できることです。誰でも人の手を借りることなく操作でき、現場にいる人はリモートからアクセスして、ファイルを印刷できます。非常に大きな時間の節約になります。”

− Inland Engineering Services社 (以降、IES社) プロジェクトコーディネーター Debbie Garcia氏

IES社、新しいHP DesignJet T2500 MFPを使用して、
作業の迅速化および効率化を実現

課題

課題

IES社は、経済的な方法で大判プランを社内でスキャンし、複数の拠点にいるチームメンバー間で効率的かつ正確に詳細な技術プラン情報をやり取りする必要がありました。

時間とコストを節約するため、プラン情報の共有手段として、電話、電子メール、郵送の使用を減らしたいと考えていました。また、大型のCAD図面であっても繊細なライン、微小なテキスト、細部が明確な高品質のプリントをクライアントに提供したいとも考えていました。

ソリューション

ソリューション

IES社は、Web接続が可能なHP DesignJet T2500 MFP、およびHP DesignJet ePrint & Share※1を採用しました。これにより、1台のデバイスで社内およびリモートからプラン情報を効率的かつ正確にスキャン、印刷、共有できるようになります。

成果

Inland Engineering Services (IES) 社

HP DesignJet T2500 MFPを使用して、同社は時間、コスト、設置面積を節約し、無駄を減らしつつ生産性を向上させることができました。

タッチスクリーンのインターフェイス、ダブルロールのフロントローディング方式、排紙スタッキングトレイにより、スキャン、印刷、コピーが簡素化され効率的になりました。

マップやプランの印刷品質が高く、細部やテキストが鮮明に印字されるため、IES社はエラーを減らすことができました。

IES社のチームメンバーは、HP DesignJet ePrint & Share※1によるクラウドベースのファイル共有を使用することで、自治体、建設現場、IESオフィス間でプラン作成にかかる時間を短縮できました。

IES社 導入事例の全文はこちら[英語] (PDF:701KB)

HP DesignJetプリンティングに関するその他の情報

HP DesignJetの歴史

HP DesignJetの歴史

1970年代のペンプロッターの発明以来、
HPは、大判印刷の分野をリードする
革新的な製品を開発してきました。
HP DesignJetプリンター のこれまでの軌跡を
一挙にご紹介します。

HP Designjetの歴史の詳細はこちら

HP DesignJet プリンターで節電

HP DesignJet プリンターで節電

HPの大判プリンターと
一般的な大判プリンターとを比較し、
どれだけ電力消費量に差があるのかを
紹介します。

HP DesignJet プリンターで節電の
詳細はこちら

  • ※1 HP DesignJet ePrint & Shareアカウント、プリンターとのインターネット接続、インターネット対応デバイスとの接続が必要です。
    HP DesignJet ePrint & Shareモバイルアプリケーションを使用する場合は、互換性のあるApple® iOSまたはAndroid™デバイス、およびインターネット接続が必要です。
    データや接続の利用料金が発生する場合があります。印刷時間は条件によって異なります。