HPの教育業界へ向けた取り組み

HPの教育業界へ向けた取り組み

HPが教育業界で目指すもの

技術革新の進歩やグローバル化の進展など急激に社会が変化する21世紀。
未来を担う子どもたちには自ら問題意識を持ち、解決策を考え、実行する力と、グローバル社会で通用するコミュニケーション能力が必要となります。
すべての子どもは、その能力を高めるための教育を受ける権利があり、その教育は、最適な学習内容と学習方法を組み合わせることで、より高い効果を生み出すことができます。HPは、世界 170カ国でグローバルに事業を展開し、新たなITの価値を次々と生み出しています。最先端のテクノロジーの提供を通じ、進化する教育と子どもたちの未来に貢献します。

>

教育情報へのアクセス

テクノロジーの進化により、現代のすべての子どもたちは必要な時に必要な教育コンテンツやカリキュラム、学習コミュニティなど、様々な情報にいつでもどこからでもアクセスできる時代になりました。

最適な端末

生徒一人ひとりが用途にあわせて最適な端 末を使い学習をすることで、より高い学習 効果を生み出すことが期待できます。それ ぞれの環境や用途、利用者に適切な端末を、 HPは提供いたします。

教育を最適化する環境整備

さらに生徒一人ひとりに最適化された教育を提供できるよう、HPはセキュリティサービスや導入支援サポートを実施します。先生と生徒の関わり方を変え、生徒たちの将来の可能性を拓く取り組みを行っています。

 

>

本物の学習

生徒一人ひとりが必要としている学習内容は常に異なります。紙教材だけではできなかったパーソナライズされた学習内容の提供が、教育ICT化によって実現します。

ハイブリッド学習の価値

デジタル化された学習内容が提供されるよ うになっても、紙教材は重要な役割を持ち 続けます。紙教材は理解と記憶を促進し、 個々の能力の向上に効果があります。HPは この紙教材とデジタルコンテンツを組み合 わせたハイブリッド学習こそ、生徒一人ひと りの学習効果を高める最適な方法だと考え ています。

学習方法の変革

HPでは教育ICT化に適した最新の端末、プリンターなどを用いた検証を行い、学習方法の変革を提案しています。

 
 

>

意味のある成果

HPは生徒それぞれの学習の成果だけでなく、将来もたらされる社会的・経済的な成果も指標として、教育ICT化の効果を検討する必要があると考えています。

学習の成果

効果的な端末やツールを利活用した学習 は、個性やその能力を効果的に伸ばすだけ でなく、21世紀を生きる力として必要なスキ ルや知識につなげることができます。

社会的・経済的成果

生徒一人ひとりがその個性に合ったスキルを身につけることで、さまざまな人材育成ができ、あらゆる領域で高い貢献度を生み出します。グローバル社会に通用するコミュニケーション能力や問題解決力は、国 際化、多様化、企業間の競争力とともに、経済の発展へつながります。

日本の学校が抱えている10の課題

2015年前期に日本HPが独自に行った調査結果から、日本の教育業界が現在直面している10の課題を整理しました。
その中で特に多くの回答が集まった3つの課題をハイライトしています。

予算不足

予算不足国内課題 第1位

投資のリターンを説明しづらく、予算の獲得が難しい。

報告業務

報告業務

忙しい教員が状況報告をするために、どうしたら手間をかけずにできるか。

技術活用

技術活用国内課題 第2位

教員・生徒が学習機器を使いこなすにはどうすれば良いか。

資源効率

資源効率

コピー用紙やインク、電力などを無駄遣いを防ぐには、どうすればよいか。

評価作業

評価作業

生徒の学習成果を瞬時に把握し評価する為に活用できるものはないか。

卒業率

卒業率

卒業率を高めるために、生徒に対して、どのようにして適切なフォローを実現するか。

安全&セキュリティ

安全&セキュリティ

安全に使える機器やネットワークが確保できるか。

先生の教育

先生の教育国内課題 第3位

教員のICTリテラシー習得と向上をどう実現するか。

スケジュール管理

スケジュール管理

行事の予定や施設運用、教職員のスケジュール管理の改善を図りたい。

施設管理

施設管理

学校施設に合ったICT機器の導入や、環境の構築、運用ができるか。

HPがご提供する教育業界向けデバイス

教育業界専用設計 タブレットと関連製品

教育業界専用設計
タブレットと関連製品