印刷コストを半減

インクジェットプリンターで、1枚あたりの印刷コスト、電力消費量がカラーレーザープリンターの最大50%オフに

最大50%コスト削減
仕事 さくさく、遊び とことん。Windows

コスト削減のために

さらなる効率化でビジネスコスト削減が実現します。

プリントコストを節約するのに役立ちます

技術のHPだからできた"ページワイドテクノロジー”と“ジェットインテリジェンス"など様々なアプローチでお客様の印刷経費を軽減します。

ビジネスインクジェットプリンター
HP Officejet シリーズ

ビジネスインクジェットプリンター HP Officejet シリーズ

ビジネスインクジェットプリンター HP Officejetシリーズは中堅・中小企業でのインクジェットプリンターのイメージを変えました。私達は次にエンタープライズレベルでのインクジェットを変えていきます。HP独自のテクノロジーによる高品質プリントを維持しながら、印刷コストはレーザーと比較して最大50%減を実現1 2。これまでのオフィスプリンティン グを一新します。

HP レーザープリンター & 複合機

HP レーザープリンター & 複合機

HPは革新的な技術を搭載したレーザープリンター LaserJet シリーズを1984年より、30年に渡り提供し続けています。最新のシリーズでは高速・高品質印刷に加え、スキャニングソリューション、モバイル対応などの先進的なオフィスプリンティング環境をご提案します。

お客様事例

学校法人滋賀学園 滋賀学園高等学校

学校法人滋賀学園 滋賀学園高等学校

インクジェットプリンター HP Officejet Pro X導入後、使って感じたランニングコストの低さ。業務効率への貢献にも期待大!

©Hewlett-Packard Development Company, L.P. 当サイトの内容は、将来予告なしに変更されることがあります。
HP製品およびサービスに対する保証については、当該製品およびサービスの保証規定書に記載されています。
当サイトのいかなる内容も、新たな保証を追加するものではありません。当サイトの内容につきましては万全を期しておりますが、本書中の技術的あるいは校正上の誤り、脱落に対して、責任を負いかねますのでご了承ください。

  1. Officejet Pro X シリーズ: 1ページあたりのコスト(CPP)は、IDC発表による2012年第1四半期現在の市場シェアに基づき、2012年3月現在の希望小売価格1,000米国ドル以下のカラーレーザーMFPと、希望小売価格800米国ドル以下のカラーレーザープリンターの普及モデルにおいて、標準設定で連続印刷した場合の測定値です。レーザーMFP/プリンターのCPP比較は各メーカーが提示する最高容量カートリッジの仕様に基づいています。HP Officejet Pro XシリーズのCPPはHP 970XL/971XLインクカートリッジの2013年11月現在のHP Directplus価格に基づいています。詳細については、次を参照してください。Learn about Original HP Supplies(英語)
  2. Officejet Pro X シリーズ: 比較対象には、2012年8月時点の800ドル未満のカラーレーザープリンターおよび1000ドル未満のカラー レーザーMFPの普及機種が含まれています。HPおよびHPが委託した第三者機関によるテストに基づいた消費エネルギーです。実際のコストおよび消費エネルギーとは異なる場合があります。詳細につきましては、HP Officejet Pro and Officejet printers and all-in-ones(英語)をご覧ください。

Windowsの全てのエディションとバージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。 全てのWindows機能を利用するには、アップグレードされた、または個別に購入されたハードウェア、ドライバまたはソフトウェアが必要です。http://www.microsoft.com をご覧ください。

Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。
Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。
ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、http://www.microsoft.com をご覧ください。