Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  CCI

背景


HP RCS

HP CCI
HP MultiSeat Computing
HP Blade Workstation
ソリューション
ブレードPC
HP bc2200 Blade PC
HP bc2800 Blade PC
   
旧モデルの情報
   
シンクライアント
デスクトップ型
t5325
t5565
t5630w
t5570
t5570e
t5730w
t5740
t5740e
t5740ex
t5745
gt7720
   
ノート型
6360t
4320t
   
インターネットアプライアンス
t5740wi
   
旧モデルの情報
HP CCI SI Partner紹介
CCI パートナー
ソリューション
導入事例
イベント・セミナー
カタログ
マニュアル
ビジネスデスクトップ
デスクトップ向けモニター
新聞・雑誌広告
ギャラリー
製品のリサイクルに
ついて
サービス & サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
日本HPサイトマップ
HP Converged Infrastructure
コンテンツに進む
より俊敏な企業経営実現のために、PCを取り巻く環境が問われ始めている

デジタル化された情報コミュニケーションの加速によって、企業のワークスタイルは大きな変革がもたらされました。
IT化されたビジネスの現場において、PCは個人がデジタル化された情報を取得・加工・配信するための必要不可欠なツールになっています。
しかし、めまぐるしく経営環境が変化する中、企業はユーザごとのPC環境の違いや、分散型コンピューティングの副作用を生み出す現状から脱し、次世代型のPC環境へ変革する必要に迫られています。

HP CCI

CCIとは?
背景
開発コンセプト
構築パターン紹介
CCI Software
 ビジネスの拡大がもたらしたPCの分散化や環境の不統一
ITシステムはビジネスの変化とともに進化を続け、その領域を拡大させてきました。PCもまた、その進化に合わせて高機能化し、その普及により、あらゆるユーザがITシステムへアクセスできるようになりました。ユーザにとってPCは、今や企業ITシステムへの入口であり、情報コミュニケーションの不可欠なツールとなっています。
しかし、その恩恵の一方で、PCの複雑な構造やユーザによる自由な設定変更などが、企業インフラ全体としての標準化、最適化を阻む要因ともなっています。また、データ活用はビジネスを成功させる重要な要素ですが、PCが分散して設置されている環境においては、企業の貴重な資産であるデータを拡散させてしまっており、一元活用が困難なばかりかアクセス管理やセキュリティ面での課題が深刻な問題となりつつあります。

 複雑、多機能なPCが散在することによるIT管理面でのデメリット
PCはその高い機能性によって、ユーザの要求に応じた自由度の高いコンフィギュレーションを可能にしてきました。反面、PCをサポートするIT管理者はユーザごとに異なる環境を認識する必要が生じ、サポートに多大な工数を要しています。多種多様な部品によって構成されるPCは高機能であるほど故障リスクも高まり、障害時の修理部品の切り分けにも高度なスキルを要求。遠隔地での障害発生の場合には、修理スタッフの派遣も必要です。またPCのダウンタイムはビジネスの機会損失を招き、データが散在したPCに格納されている状態では、バックアップの労力も相当なものになります。
こうしたクライアント環境が抱えるさまざまな要因が、全体でのPC管理コストを引き上げているのです。

 PCのデータ・ポータビリティによるセキュリティ面でのデメリット
2005年4月からの個人情報保護法の施行に見られるように、今や情報セキュリティの確保は企業情報システムの最優先課題。IT管理者は個人データが社外に漏れないよう適切に管理する義務を負うだけでなく、外部関係者までも含めた従業員や委託先の監督責任が求められています。グローバル企業であれば、米国企業改革法(Sarbanes-Oxley Act:SOX法)に代表される、各種の法規制への対応も急務となっています。
企業にとって情報流出による信頼性の失墜、風評被害などの社会的損失は計り知れません。しかし認識の高まりにもかかわらず、企業内の極秘情報が外部に流出する事故は多発、さらに増加傾向にあります。それは情報がデジタル化され、PCを媒介として簡単に複製し配布できる環境が各所に現存しているためです。
情報漏洩のみにとどまらず、外部からのウィルス攻撃や不正アクセスもPCにおけるセキュリティ面での大きな脅威となります。そのためPCごとの防御対策が不可欠ですが、ユーザに提供している全てのPCに最新のセキュリティ・パッチが施されているか、IT管理者でさえ把握しきないのが現状です。また、ユーザによるアプリケーションの不正導入は企業のITガバナンスの観点から許容できないことですが、こうした導入の現況をPC単位で明確に管理することは困難です。このように今、個人のモラルや管理能力に依存しないセキュリティ対策が施された、新しいITシステムづくりが求められています。

image

このページのトップへ


戻る 次へ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡