Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  CCI

開発コンセプト


HP RCS

HP CCI
HP MultiSeat Computing
HP Blade Workstation
ソリューション
ブレードPC
HP bc2200 Blade PC
HP bc2800 Blade PC
   
旧モデルの情報
   
シンクライアント
デスクトップ型
t5325
t5565
t5630w
t5570
t5570e
t5730w
t5740
t5740e
t5740ex
t5745
gt7720
   
ノート型
6360t
4320t
   
インターネットアプライアンス
t5740wi
   
旧モデルの情報
HP CCI SI Partner紹介
CCI パートナー
ソリューション
導入事例
イベント・セミナー
カタログ
マニュアル
ビジネスデスクトップ
デスクトップ向けモニター
新聞・雑誌広告
ギャラリー
製品のリサイクルに
ついて
サービス & サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
日本HPサイトマップ
HP Converged Infrastructure
コンテンツに進む
統合化技術、仮想化技術によって散在するPC環境を再構築、企業全体の最適化を実現するHP CCI

企業のITインフラにおいて、管理コストの削減やセキュリティの強化、さらにITガバナンスといった企業ニーズに適合したクライアント環境が求められている現在、ユーザ中心の「パーソナル」な従来型のPCから、企業のニーズに適合させつつ全体的なビジネス効率を最大化する、シンプルで柔軟なクライアント環境への移行が必要です。

HP CCI

CCIとは?
背景
開発コンセプト
構築パターン紹介
CCI Software
 変化するビジネス状況に迅速に対応できる“アダプティブ・インフラストラクチャ”へ
企業のビジネス目標を達成するために、IT管理者は従来の部門レベルでのIT構築から、企業全体レベルでの最適なシステム構築へと、その視点をより広く俯瞰させる必要があります。ビジネスとITのあり方の将来像として、HPは“アダプティブ・インフラストラクチャ”を提唱します。アダプティブ・インフラストラクチャとは、「ビジネスとITが同期して変化を活用できる企業」の意で、アジリティの高いITシステムの構築によって、スピーディかつしなやかに企業を変革させていこうとする手法です。
アダプティブ・インフラストラクチャの実現のために、HPは4つのIT環境の設計指針が必要と考えます。

【シンプル化】
複雑さや冗長性の排除がITのリスクを軽減し、システムの統合を促進させます。ユーザによるカスタマイズを極力排除することで、ITオペレーションも簡略化されます。

【標準化】
TCO削減のため、企業全体のIT管理プロセスを標準化させること、業界標準の技術やインタフェースを採用することが重要です。

【モジュール化】
自己完結型の構造を解消し、モジュール化することで、全てのリソースの利用効率を高め、変更の影響を最小限にし、さらに既存資産の投資を保護します。

【統合化】
モジュール化されたコンポーネントは全体最適の観点で統合化することで、ビジネスとITの同期を向上させます。
これら4つの要素を満たすITソリューションの導入によって、企業はコスト、品質、リスク、アジリティといったバランスの取れたビジネス指針をもって経営を遂行することができます。

image

 クライアント環境は個人最適化から企業全体最適化へ
しかしながら従来型のクライアント環境では、企業全体最適化といった視点でのアダプティブ・インフラストラクチャの実現は困難です。PCはその製品開発思想から、ユーザに対して文字通り「パーソナル」に最適化されたデバイスであるためです。
PCの自由度が高いカスタマイズ性や、必要以上のパフォーマンスは、「パーソナル」に最適化された設計に基づくもので、必ずしも企業全体のビジネス目的の達成へ貢献するとは限りません。そのため企業全体のビジネス目標に合致した、シンプルで管理しやすいシステムへと発想を転換させ、再構築を図る必要があるのです。

 アダプティブ・インフラストラクチャをクライアント環境で実現
HP CCI (Consolidated Client Infrastructure)は、こうしたアダプティブ・インフラストラクチャの概念に基づくクライアント環境を実現した、次世代型のクライアント統合ソリューションです。既存PCの機能を分解することで、シンプル化、標準化、モジュール化、そして統合化といった、経営とITを融合させる要素を全て網羅しました。
最先端の統合化技術、仮想化技術が、分散した個々のPC環境を機能分解し、コンポーネント化された主要機能をデータセンターへ再構築、クライアント環境の集約化を実現します。ユーザ・アクセス部以外の主要機能を共有化されたリソースとして統合することによって、ユーザ数と稼働率に合わせ仮想化されたPC環境を最適に配分することが可能です。

 統合化、仮想化というCCIを実現させる最先端テクノロジー
ブレードPCや大容量ストレージにより、散在したPC環境を物理的にデータセンターへの集約化を実現させたのが、統合化技術。ハードウェアの集中化によって運用管理や保守コストが削減し、キャパシティプランニングが格段に立案しやすくなります。またデータセンターにデータが集中化されるので、一元的なデータ保全管理を実現。さらにデータ漏洩のリスクも軽減されます。
一方仮想化技術とは、分解しコンポーネント化、共有リソース化した各PCの機能を有機的に結合させ、あたかも実体のあるPCとして動作させる技術。必要な時に、必要なリソースを仮想的に統合することで、全てのリソースを効率よく配分します。また、固有のハードウェア技術に依存しないシステム設計が可能になります。

次世代型クライアント統合ソリューション(CCI)の概要
このページのトップへ


戻る 次へ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡