Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  CCI

SAM接続プロセス


 

HP RCS

HP CCI
HP MultiSeat Computing
HP Blade Workstation
ソリューション
ブレードPC
HP bc2200 Blade PC
HP bc2800 Blade PC
   
旧モデルの情報
   
シンクライアント
デスクトップ型
t5325
t5565
t5630w
t5570
t5570e
t5730w
t5740
t5740e
t5740ex
t5745
gt7720
   
ノート型
6360t
4320t
   
インターネットアプライアンス
t5740wi
   
旧モデルの情報
HP CCI SI Partner紹介
CCI パートナー
ソリューション
導入事例
イベント・セミナー
カタログ
マニュアル
ビジネスデスクトップ
デスクトップ向けモニター
新聞・雑誌広告
ギャラリー
製品のリサイクルに
ついて
サービス & サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
日本HPサイトマップ
HP Converged Infrastructure
コンテンツに進む
ユーザ情報をもとに仮想的PC環境を提供ユビキタス環境に対応したCCIの高い先進技術

Windowsプラットフォームをベースに、CCIのコンセプトをより高度に実現するダイナミックアロケーション機能を実装。ここではCCIシステムの中でも、ダイナミック接続型の中核技術となるSAMの特長や役割、その運用イメージについて解説します。

HP CCI

CCIとは?
背景
開発コンセプト
構築パターン紹介
CCI Software

SAMの特長

HP PC SAM(Session Allocation Manager)は、CCIの主要な要素である「リモートデスクトップ接続」を管理するためにHPが開発したソフトウェアです。シンクライアントからブレードPCへのリモートデスクトップ接続のセッション情報を一元的に管理し、ダイナミック(動的)にブレードPCとのセッションをユーザへ割り当てることができます。(ダイナミックアロケーション機能)
また、ユーザとブレードPCのセッション情報を保持することができる「再接続、再表示機能(フォローミーローミング機能)」を備えています。一度接続を切断したユーザのセッション情報を保持し、別のシンクライアントから再度接続しなおしても、以前の状態から作業を継続することができます。また、各ブレードPCの利用状況のログを管理し、稼働状況を把握することが可能なため、効果的なリソースプランニングを行うことができます。
特長1  ユーザ名をキーとしたブレードPCへのデスクトップ接続を自動割り当て(ダイナミックアロケーション)
特長2  ブレードPCのロール化(グループ化)
特長3  フォローミーローミング機能をサポート
特長4  リモートデスクトップ接続オプション設定の集中管理
特長5  ブレードPCの利用ログを収集し、稼動状況からのリソースプランニングへ活用

SAM構成コンポーネント

HP SAMは論理的に次の4つのコンポーネントに分割されます。
 ■ユーザ側
  • SAM Client
    ・ 各クライアント上で稼動
    ・ HTTPにより「セッション要求」をSAM Web Serverへ送信
SAM Client
 ■データセンター側
  • SAM Web Server
    ・ HP PloLiant上で稼動
    ・ ユーザ名をキーにActive Directoryへ確認
    ・ ユーザ定義情報に従い、適切なブレードPCを割り当て
      (複数のブレードPCが選択可能であればそのうち一つを選択)
    ・ 割り当てられたブレードPCのIP情報をSAM Clientへ通知
SAM Web Server
  • SAM SQL Database Server
    ・ HP PloLiantのMicrosoftR SQL Server上で稼動
    ・ SAMデータ管理(接続割り当て、切断、ログオフ、コンカレント、
      エラー、ユーザ定義情報など)
    ・ SAM稼動状況レポート作成
SAM SQL Database Server
  • SAM Blade Service
    ・ ブレードPC上で稼動
    ・ ユーザ情報(ログイン、切断、ログオフ)をSAM Web Serverへ通知
SAM Blade Sarver

HP PC SAMの役割と特性

HP PC SAMの役割と特性

HP CCIにおけるSAMの接続・認証プロセス

1.  ユーザがシンクライアントを立ち上げるとSAM Clientソフトウェアが起動。ユーザが入力した「SAサーバ名」「ユーザ名」「ドメイン名」をSAMサーバ側に通知します(1)。
2.  SAMサーバは、入力されたユーザ名やドメイン名が正しいか、ユーザ固有情報を管理するActive Directoryサーバに確認します(2)。
3.  入力情報が正しいとの通知を受けると、SAMサーバはシンクライアントに対し、利用可能なブレードPC のホスト名やIPアドレスを送信(3)。また、ユーザが既に一度接続済みであり、切断中のセッションがある場合、前回使用したブレードPCが割り当てられます。
4.  シンクライアント側のSAMは自動的にリモートデスクトップ接続を起動し、SAMサーバから指示されたブレードPCに接続。ユーザはログオン画面にパスワードを入力し、再送信します(4)。
5.  新規ログオンの場合、ブレードPCはActive Directoryサーバにユーザ認証通知を行うとともに、ネットワークストレージからユーザ情報や移動プロファイルデータをダウンロード。シンクライアントの画面にブレードPCのデスクトップが表示され、利用可能となります(5)。また、切断中のセッションがあった場合、シンクライアントの画面に前回セッション切断時のデスクトップが表示されます。
6.  ブレードPC上のHP SAM Registration Serviceが、SAMサーバに対してユーザのログオン情報を通知し、SAMサーバ内のデータベース情報を更新します(6)。
このページのトップへ


戻る 次へ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡