Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  CCI

分散型から集約型クライアント環境へ、
セキュリティ強化と管理コストの削減を実現

ヒューレット・パッカード・カンパニー

HP RCS

HP CCI
HP MultiSeat Computing
HP Blade Workstation
ソリューション
ブレードPC
HP bc2200 Blade PC
HP bc2800 Blade PC
   
旧モデルの情報
   
シンクライアント
デスクトップ型
t5325
t5565
t5630w
t5570
t5570e
t5730w
t5740
t5740e
t5740ex
t5745
gt7720
   
ノート型
6360t
4320t
   
インターネットアプライアンス
t5740wi
   
旧モデルの情報
HP CCI SI Partner紹介
CCI パートナー
ソリューション
導入事例
イベント・セミナー
カタログ
マニュアル
ビジネスデスクトップ
デスクトップ向けモニター
新聞・雑誌広告
ギャラリー
製品のリサイクルに
ついて
サービス & サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
日本HPサイトマップ
HP Converged Infrastructure
コンテンツに進む

 導入の成果


CCIを導入したグループも事業責任者も、CCIは従来のものに代わって使用できるデスクトップ コンピューティング環境であると評価しました。具体的には、HP社内のさまざまなグループが抱える個別の課題に対して、CCIは大きな成果を生みました。

課題1:アプリケーションの導入とアクセスの標準化
 
TCOの観点からすると、4つのシステムを1つに統合することはHP Corporate Real Estateにとって簡単な決断でした。AutoCADアプリケーションからArchibusデータベースへの接続を速くしたいというユーザの要望に応えることが課題であったと、技術担当者のRob Weinand氏は言います。HP従業員をサポートするために必要な情報を、ベンダがいつでも費用対効果の高い方法で得ることができるかどうかが重要だったのです。

「ネットワークでのデータ転送には潜在的な問題が数多くありました。ユーザの多くはベンダでしたが、情報を得るのに本来ならトランザクションあたり数秒で済むところが、2分ほどかかっていました」とWeinand氏は言います。ベンダが実際に仕事を開始できるまでデータ転送の完了を待っているコストは、HPが負担していました。また、ソフトウェアでPCを継続的にアップデートするのに高いコストがかかったため、さらにコストがかさみました。

北米でのCCIによる一元管理で、TCO目標値を達成することができ、ユーザのシステム パフォーマンスが大きく向上しました」とWeinand氏は言います。「私たちのサポート チームにとっても、変更をすばやく反映させることが非常に簡単になりました。すべてのPCを毎回手動でアップデートしなくても、1台のブレードPCに変更を適用してテストを行ってから、夜間にすべてのブレードPCに複製しておけば済むようになったのです。」

出張中のユーザは、ホテルのモデムを使ったダイヤルアップ接続でさえ、必要なデータにアクセスできるようになりました。このため、出張中の手間が減り、紛失や盗難の可能性があるモバイル コンピュータにデータを入れなくても、安全性の高いデータ センタにデータを置いておけるようになりました。
主なメリット:
  • TCOの目標値を達成
  • データ転送時間が2分から2秒に短縮
  • ユーザが仕事に必要なデータをすぐに入手可能
  • ITサポートのコストを40%削減

課題2:シフト勤務者の共有PCのメンテナンス
 
約450名の工場労働者とIT担当の従業員は、共有エリアにある16台のPCを休憩時間中に使用して、電子メールをチェックしたり、タイムカードのデータを入力したり、人事の情報をチェックしたりしていましたが、どちらも大きな不満を抱えていました。PCの数が限られているために使えるまでの待ち時間が長かっただけでなく、不適切な操作を行ってPCをクラッシュさせてしまう従業員もいました。

「この共有エリアはあまりに無防備でした」と工場操業担当チームのIT管理者であるAlbert Cariaga氏は言います。「ユーザはログインしたら、会社の方針を無視して、アクセス設定を変更したり音楽や画像をダウンロードしたりしていました。正しい設定を維持して、システムをクリーンに保っておくのは難しいことでした。ハードドライブは一杯になり、システムはすぐに動かなくなりました。PCが机の上にあったために食べ物や飲み物をPCにこぼすので、事態はよけいに悪くなっていました。」

「CCIによって、利便性が大幅に向上しました」とCariaga氏は言います。「デスクトップを好きなようにカスタマイズでき、ユーザは喜んでいます。シンクライアントを机の下に設置しているため、以前16台のPCを置いていた場所に60台のシンクライアントを設置できるようになりました。今では、私たちが受けるメンテナンスの要望の大半は、プリンタのインク カートリッジを交換してほしい、というものです。」
主なメリット:
  • ITサポートのコストを95%削減
  • サポート技術者を、顧客への出荷の対応に回すことが可能になった
  • 従業員が必要な情報にすばやくアクセス可能
  • PC盗難の危険性がなくなった

課題3:ITトレーニング施設での管理作業の簡素化
 
Allan Mossbarger氏は、HPでさまざまな業務に携っています。ヒューストンのデータ センタで教えているほか、HPベースのインフラを利用している顧客のサポートを行っています。サポート場所は、顧客先の場合もあれば、HPのデータ センタ内の場合もあります。Mossbarger氏が最も避けたいことは、残業して研修所にあるPCのメンテナンスを行うことです。

しかし、長いときは8時間もかけて、授業前に教室のPCのハードドライブを手動で再フォーマットし、ソフトウェアを再インストールすることがほとんどでした。「ウィルス感染のことを考えると、この作業は恐ろしいものでした」とMossberger氏は言います。「誰かがシステムをつけっ放しにしていたら、ウィルスに感染する可能性があります。そうなったら、HPのウィルス対策チームとセキュリティ担当チームがそのPCをネットワークから切り離します。私は、その教室にあるすべてのPCで、イメージをビルドし直さなくてならないこともあったのです。」

「データ センタにブレードPCが、教室にはシンクライアントが設置されるようになってから、教室の管理に費やす時間はゼロになりました。おかげで、今では教えることに集中できます」とMossberger氏は言います。受講者は、自分のシステムを使用してPCイメージのビルド方法を学ぶことがあります。その後データ センタにあるブレードPCに基本イメージを再構築する必要が生じても、その作業はすばやく簡単に行うことができるようになったのです。
主なメリット:
  • Mossbarger氏が顧客対応とトレーニングに集中できるようになった
  • システム トラブルに対応する時間の短縮により、受講者がトレーニング時間を有効利用できるようになった
  • システムのメンテナンス費用を削減

課題4:オフサイト従業員のアプリケーション使用
 
HPは、ヒューストンのメイン キャンパス内に、安全性の非常に高いデータ センタを設けています。しかし、HPの危機管理計画では、緊急時に外部からデータ センタを管理できるようにすることが求められています。これが、HPの「高セキュリティ施設」の役割です。高セキュリティ施設からでも管理者が効果的な作業をできるように、データ センタにブレードPCを追加し、一部のアプリケーションを実行可能にしています。この対策によって、IT管理者が利用できるコンピューティング機能が全面的に強化されました。

「一部のアプリケーションをブレードPCで、その他をデスクトップPCで実行するため、高セキュリティ施設のデスクトップPCの活用の幅が広がりました」とAllan Mossbarger氏は言います。さらに、CCIはデータ センタの生産性に日常的に貢献しています。

「ブレードPCは、更新システムの潜在的な問題の解決に役立っています」とMossbarger氏は説明します。「管理者の多くが使用する、ある重要なアプリケーションは、4分ごとに更新が必要です。この更新には丸1分かかることがあるため、管理者は4分に1分は作業ができなくなるのです。しかし、今ではCCI上で更新を実行できるため、更新の頻度によって管理作業の効率に影響がおよぶことはありません。」
主なメリット:
  • 緊急時に遠隔地からデータ センタを管理する能力が向上
  • データ センタにあるアプリケーションのパフォーマンスが向上した結果、システム利用者の生産性が25%以上上昇
  • 一部のアプリケーションをブレードPC上で実行できるため、データ センタのPCのメンテナンス回数が減った

課題5:セキュリティ窓口担当者のアクセス速度向上
 
HPのヒューストン キャンパスでは、セキュリティ担当者が定期的に座席を変えることがセキュリティ ポリシーにより求められています。そのため、電子メールは、担当者名ではなく、担当者が座っている座席をもとに決められています。座席ベースのメール運用を可能にしつつプロファイルの移動に関する問題をなくすために、これまでWindows 95搭載の旧型のPCを使用していました。

このことが別の問題を引き起こしました。HPが使用するPCウィルス対策ソフトウェアがWindows 95に対応しなくなったほか、Windows 95システムはHPのセキュリティ基準を満たさないのです。また、共有コンピューティング環境であったため、従業員はタイムカードの情報を入力したり人事の情報にアクセスしたりできませんでした。さらに悪いことに、他の従業員の個人情報を見ることも可能だったのです。

「CCIによって、私たちはより安全で信頼できるコンピューティング ソリューションを導入できました。このソリューションには、従業員の頻繁な配置変えにもフレキシブルに対応できる能力があります」と、HPにサービスを提供しているSecurity ServicesのAlbert Moreno氏は語ります。
主なメリット:
  • OSがWindows XP SP2にアップグレードされたため、今までどおり、電子メールを個人のアドレスではなく座席ベースで運用可能
  • セキュリティ担当者は各自のMy Documentsフォルダを利用でき、毎週バックアップが作成される
  • PCウィルス対策ソフトウェアは自動的に適用され、ユーザの関与は不要
  • システムがHPのセキュリティ方針に完全対応


  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
このページのトップへ


戻る 次へ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡