Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  CCI

分散型から集約型クライアント環境へ、
セキュリティ強化と管理コストの削減を実現

ヒューレット・パッカード・カンパニー

HP RCS

HP CCI
HP MultiSeat Computing
HP Blade Workstation
ソリューション
ブレードPC
HP bc2200 Blade PC
HP bc2800 Blade PC
   
旧モデルの情報
   
シンクライアント
デスクトップ型
t5325
t5565
t5630w
t5570
t5570e
t5730w
t5740
t5740e
t5740ex
t5745
gt7720
   
ノート型
6360t
4320t
   
インターネットアプライアンス
t5740wi
   
旧モデルの情報
HP CCI SI Partner紹介
CCI パートナー
ソリューション
導入事例
イベント・セミナー
カタログ
マニュアル
ビジネスデスクトップ
デスクトップ向けモニター
新聞・雑誌広告
ギャラリー
製品のリサイクルに
ついて
サービス & サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
日本HPサイトマップ
HP Converged Infrastructure
コンテンツに進む

CCIはユーザ、IT管理者、そしてHPにとって最良の選択

「北米地域でのCCIによる一元管理で、TCO目標値を達成することができ、ユーザのシステムパフォーマンスが大きく向上しました」
−HP Corporate Real Estateの技術担当者、Rob Weinand
PDF (494KB)

HPでは、HPのほとんどの企業ユーザと同様に、多くのユーザの要望に応えるため、長い間分散型コンピューティングに頼っていました。HPを含む多くのコンピューティング環境では、いまだにさまざまな部署や業務がセキュリティ、プライバシ、管理方法などの問題に直面しています。しかし、このような問題は、今までとは異なるコンピューティング基盤を導入することで解決できるのです。


HPでは、そのような基盤となるConsolidated Client Infrastructure(CCI)を開発しました。CCIは、リソースのほとんどをデータ センタで一元管理し、エンド ユーザはデータ センタ内にある専用のブレードPCにシンクライアント経由で接続します。この仕組みのおかげで、サーバベース コンピューティングなどの共有処理アーキテクチャが持つ限界と複雑さの多くが取り除かれます。

CCIの担当チームは、CCIの能力を検証し、HPが抱える個別の業務上の問題に対処するため、HP Servicesにより1000名以上のユーザにCCIソリューションを導入することを決定しました。導入する部門は、各部門の状況調査と事業責任者への聞き取り調査により選出されました。最終的に、CCIはHPの11の事業部や職種にまたがる1300名以上のユーザに導入されました。(2005年11月の時点)事業部による評価だけでなく、導入したあらゆる設備に対するネットワーク パフォーマンス、ストレージ利用率、および並行処理に関する調査が徹底的に行われました。

エンド ユーザの種類は、PCを頻繁に利用する従業員や事務作業員、常勤の従業員やシフト勤務の派遣社員、オンサイトの従業員や米国その他の国にいる在宅勤務者など、多岐にわたりました。また、ブレードPCにアクセスするためにHPシンクライアントが提供されたユーザもいれば、既存のデスクトップPCやノートブックPCを利用してブレードPCにアクセスするユーザもいました。

実装にあたっては、ブレードPCの割り当てを動的に行う場合と静的に行う場合とがありました。動的な割り当てでは、ユーザがネットワークにログオンした時にブレードPCを割り当てます。静的にブレードPCが割り当てられる場合は、ユーザごとに専用のブレードPCが提供されます。


  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
このページのトップへ



次へ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡