ギガビットNIC

統合されたギガビットNICは、dc7100シリーズでも標準になっています。

インターネットの進化とアプリケーションの高機能化に伴い、見た目には豊かなマルチタスク処理が当たり前になったネットワーク環境をユーザが扱うようになりました。インターネットが進化した現代では、ユーザはグラフィックスデザインを交換し、Web放送を視聴し、インターネットで情報を探す、ということを同時に行えるようになりました。

デスクトップでの処理能力が新しい時代を迎えたことで、ユーザの生産性やネットワーク全体のパフォーマンスを妨げるような、ネットワークのボトルネックや混雑が起こるようになりました。プロセッサ、メモリ、ハードディスクドライブなどがアプリケーションのニーズに合わせて進化してきたのに対して、ネットワークは制約をかける要因となりました。ネットワークの末端にいるクライアントには、処理能力だけでなく、通信の帯域幅も必要になっています。

電話通信、ビデオストリーミング、電子メール、インスタントメッセージングなどの進歩には、主として巨大なファイルの転送が関係しており、ネットワーク全体に負荷がかかっています。このようなアプリケーションをサポートするには、ネットワークへの高速接続が必須です。

最近になるまで、ギガビットテクノロジはコストが非常にかかっていたため、優先度の一番高いアプリケーションだけが使用できたサーバおよびサーバのバックボーンアプリケーションだけに、ギガビットの展開が制限されていました。しかし、ギガビットをデスクトップにも導入することで、お客様は多大な利益を得ることができます。以下のようなビジネスニーズからギガビットの需要があります。

共同作業環境の創出
巨大なファイルの日常的な共有
メディアを多用するアプリケーションへの集中
複数アプリケーションの同時マルチタスク処理

HP dc7100シリーズプラットフォームには、Broadcom NetXtreme Gigabitイーサネットソリューションが搭載されています。現在のところBroadcomは、上位のHPサーバ、スイッチ、ワークステーションに導入されており、今回デスクトップとノートブックにも採用されました。Broadcomの採用により、HPではお客様に対して、エンドtoエンドのソリューションと、安定した共通のドライバを全製品ラインに提供することができます。
ギガビットスループットの最高値に達することは理論的には可能ですが、実際のパフォーマンスはさまざまです。