インテル® 915Gチップセット

インテル® 915Gチップセットは、インテル® が開発した最も安定している新しいチップセットで、865Gチップセットの後継製品です。

915Gチップセットの主な機能と利点は、以下のとおりです。

915Gチップセットでは、インテル® Pentium® 4(Prescott)プロセッサ(800 MHzおよび533 MHzフロントサイドバス)、インテル® Celeron® プロセッサ(533 MHzフロントサイドバス)、および次世代Pentiumクラスのプロセッサをサポートし、また、HTテクノロジ対応と非対応のプロセッサをサポートしています。
DDR PC3200(400 MHz)およびDDR PC2700(333 MHz)、さらに、帯域幅とパフォーマンスを向上させるためのデュアルチャネルメモリ構成のサポートにより、デュアルチャネルまたはシングルチャネルのどちらでもシステムを設定できるようになり、また、柔軟性を持つようになることで、デュアルチャネルメモリ設定に 関する865Gチップセットのメモリ規則の多くが緩和されました。(詳しくは、「DDRメモリ」のセクションを参照してください。)
915Gの統合グラフィックスであるインテル® グラフィックス・メディア・アクセラレータ 900により、グラフィックスのパフォーマンスおよび機能性が向上しました。
シリアルATA(SATA)ハードディスクドライブが標準となりました。
新しい周辺機器カードおよびグラフィックスアーキテクチャであるPCI Expressを採用しました。
8個のUSB 2.0ポートをサポートしています。

915Gおよび865Gチップセットを比較すると、以下のようになります。
機能 インテル® 915G インテル® 865G 利点
プロセッササポート インテル® Pentium® 4(Prescott)、CeleronおよびCeleron D インテル® Pentium® 4(NorthwoodおよびPrescott )、CeleronおよびCeleron D  
FSBの速度 800/533 800/533/400 MHz
次世代のプロセッサテクノロジをサポートすることで、プラットフォームの寿命が長くなる
ハイパースレッディング サポート あり あり  
最大メモリ/DIMM 4 GB/4 4 GB/4  
デュアルチャネルメモリの サポート あり あり  
メモリの種類 DDR PC3200/2700/ (DDR 400/333 MHz) DDR PC3200/2700/ 2100 (DDR 400/333/266 MHz)
注:マザーボードでDDRとDDR2のどちらかをサポートするのかPC製造元で選択 する必要がある場合でも、915Gチップセットでは、DDR2メモリもサポートします
柔軟なメモリアーキテクチャにより、速度の異なるDDRメモリを使用できる
前世代の865GプラットフォームからPC2700およびPC3200メモリを再度使用できる
ECC/パリティサポート なし なし  
統合グラフィックス インテル® グラフィックス・メディア・アクセラレータ 900 インテル® エクストリーム・グラフィックス 2
最新のMicrosoft® DirectX 9サポート機能を組み込み
独立型デュアルディスプレイ
最適化された3Dサポート
詳しくは、「統合グラフィックス」のセクションを参照
ディスクリートグラフィックス PCI Express ×16 AGP 4×/8×
帯域幅を占有するアプリケーション向けに設計
片側最高4 GB/秒の転送で、従来のディスクリートソリューションと比べて最高4倍速
PCIバスアーキテクチャ 32ビット/33 MHz PCI + PCI Express 32ビット/33 MHz PCI  
IDE/ATAサポート
SATA150(最高4ポー ト)、ハードディスクドライブ用
UDMA ATA100(1 ch 、 2ポート)、オプティカルドライブ専用
UDMA ATA100(2 ch、 4ポート)、ハードディスクドライブおよびオプティカルドライブ用
SATA150(2ポート)、 ハードディスクドライブ用
最高150 MB/秒の高速なストレージ転送
アップグレードが容易
詳しくは、「シリアルATA」のセクション を参照
USB 8個のUSB 2.0ポート 8個のUSB 2.0ポート(うち6個はd530プラットフォーム上に実装)
USB 2.0によって、USB 1.1と比較して最高40倍の帯域幅を実現
ポートを8個を備えることで、より高い拡張性を実現
オーディオ回路 Enhanced 20-bit AC'97 Audio Enhanced 20-bit AC'97 Audio  
サポートされるICH ICH6 ICH5