Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  デスクトップ

HPディスククリーナー

 

法人向けデスクトップPC

パフォーマンスシリーズ
Elite 8300 US/CT
Elite 8300 SF/CT
Elite 8300 MT/CT
スタンダードシリーズ
Pro 6300 SF/CT
Pro 6305 SF/CT
6005 Pro SF/CT
エントリーシリーズトップ
Pro 4300 SF/CT
   液晶一体型
8200 Elite All-in-One/CT
Pro 6300 All-in-One/CT
デスクトップ向けモニター

製品情報

省エネ環境対応
セキュリティ機能
製品カタログ

おすすめ情報

安心の東京生産
環境に配慮したHPデスクトップPC
節電対策
消費電力を管理できる
HP Power Assistant
セキュリティ(HP ProtectTools)

ご購入・お問い合わせ

オンラインストア
販売店でご購入
サポート
お問い合わせ
その他の詳細情報
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
ハードディスク内のデータを完全消去する
HPディスククリーナー
専用ソフトを買わなくても、データを完全消去。
安心してPCの廃棄や譲渡ができる「HPディスククリーナー」

使用していたPCを手放す時、機密情報や個人情報の漏洩を考えればデータは全て消去しなければなりません。
しかし、破棄したい機密データも、ファイルの「削除」や「フォーマット」では完全に消去できず、PCリサイクル、廃棄、譲渡時に情報漏洩の危険性が残り、特定のソフトウェアなどで読み取られる可能性があります。
そこで、HPのPCは、このコストと手間をなくすため、完全消去が簡単にできる「データ消去ソフト」をご用意いたしました。
消去方式は米国国防総省の規格に適合した、最高レベルの信頼性。セキュリティも安心です。

ハードディスクデータ消去の種類

データ消去の種類は、物理的破壊・磁気破壊などがありますが、ソフトウェアによるデータ消去なら、セキュリティも安心。 さらに、ディスクの機能が維持されるので、ハードディスクの再利用も可能。廃棄物を削減し、環境配慮につながります。
  物理破壊 磁気破壊 ソフトウェア消去
<HPディスククリーナー>
方法 ドリルなどで直接ディスクに穴をあける 磁場発生装置でディスクに磁気放射 データ消去ソフトにより上書き消去
セキュリティ ×

データ記録部分まで完全に破壊されていると限らない


データ記録部分を完全に破壊。但し、専用装置が必要なため装置を保持している第三者にディスクを渡す場合は注意が必要


ただし、消去方法によりセキュリティレベルは異なる
環境配慮
(リユース)
×

ディスクそのものを壊すのでリユースはできない
×

ディスクの磁気を壊すのでリユースはできない


ディスクの機能は破壊されていないので、リユースでき、資源の有効利用が可能

HPディスククリーナー、エクスターナルエディションとは?

HPディスククリーナーは、米国国防総省(ペンタゴン)で採用されているディスク消去形式(DOD 5220.22-M)準拠の、セキュリティレベルの高いディスク消去ツールです。 Webから簡単にダウンロードが可能です。

こんな場合に最適

  • ハードディスクのリユースに
  • リースでの次のレンタル開始の前に
  • ハードディスクの廃棄時に
こんな場合に最適

基本性能

セキュリティレベルが選択可能
ハードディスクの各クラスタ(データを保存する最小単位)に、固定値とその補数(0と1)で 1パスづつ、さらに乱数1パスの合計3パスを書き込む米国国防総省準拠形式を基準に、1パス〜15パスの5段階のセキュリティレベルを選択することが可能です。
基本性能

拡大画像
パス数 処理時間 書き込みパターン
1パス 22分 各クラスタに0を書き込む
3パス 68分 各クラスタに固定値とその補数(0と1)、乱数の順に書き込む(米国国防省準拠形式)
5パス 115分 各クラスタに固定値とその補数(0と1)、乱数2パス、さらに0の1パスの順に書き込む
10パス 230分 各クラスタに固定値とその補数(0と1)、乱数7パス、さらに0の1パスの順に書き込む
15パス 348分 各クラスタに固定値とその補数(0と1)、乱数12パス、さらに0の1パスの順に書き込む
※80GBのハードディスクでの実験結果です。ハードディスク容量により処理時間は変わります。
データが正しく消去されたことを確認可能
消去作業が終了すると、セクタ1に最後にデータを消去した日付・時刻・パス数を記録され、Verify(検証)機能を使って、安全にデータが消去されたディスクかどうかを確認することが可能です。
外部メディアから実行可能
それぞれのPCにソフトウェアをインストールする手間をかけず、CDやUSBメモリから実行が可能です。
RAID構成にも対応
RAID構成のハードディスクにも対応しています。
(RAID 0、1において2つのハードディスクのデータが消去されます)

ダウンロード方法

Webから簡単にダウンロードが可能な、無償のソフトウェアです。
Free DOSベースでOSタイプに関わらず利用することが可能です。
ダウンロードはこちら(英語サイト)
必要なデータを誤って消去することないよう十分ご注意ください。消去されたデータは復元できません。 ご使用前にはデータ消去をしたいディスク以外はPCからあらかじめ取り外しておくことを強くお奨めします。

使用手順

HPディスククリーナーの使用方法の詳細につきましては、こちら からご確認ください。

≫ 詳細はこちら

対象製品

以下のビジネスデスクトップPC製品(dcシリーズ)で利用可能です。
HP Compaq Business Desktop dc5100 SFシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7600 USシリーズ
HP Compaq Business Desktop dc5700 SFシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7600 SFシリーズ
HP Compaq Business Desktop dc5750 SFシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7600 MTシリーズ
HP Compaq Business Desktop dc5750 MTシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7700 USシリーズ
HP Compaq Business Desktop dc5800 SFシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7700 SFシリーズ
HP Compaq Business Desktop dc5850 SFシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7700 MTシリーズ
HP Compaq Business Desktop dc5850 MTシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7800 USシリーズ
HP Compaq 6000 Pro SF Desktop PCシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7800 SFシリーズ
HP Compaq 6005 Pro SF Desktop PCシリーズ HP Compaq Business Desktop dc7800 MTシリーズ
  HP Compaq Business Desktop dc7900 USシリーズ
  HP Compaq Business Desktop dc7900 SFシリーズ
  HP Compaq Business Desktop dc7900 MTシリーズ
      HP Compaq 8000 Elite USシリーズ  
      HP Compaq 8000 Elite SFシリーズ  
      HP Compaq 8000 Elite MTシリーズ  
※2009年5月現在の日本で販売実績のある製品についての情報となります。
※海外で販売されている上記以外のモデルが対象になる場合があります。
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡