Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向けデスクトップPC

 お問い合わせ

HP Pavilion Desktop PC h8シリーズ
製品特長

HPがお勧めするWindows。

新たな境地を拓くデザイン

洗練された、エレガントなデザイン。革新的かつシンプルな設計。

ハイパワーを象徴する新デザインシャーシ「エモーションID」

ラウンド形状を活かし、左右非対称にセッティングされたフロントパネルは、カーボンメタリックのベースの中に浮かび上がるようにデザインされています。
意思を宿したかのような風貌は、知性と力強さをそのまま体現。内包されるハイスペックを予感させます。
パネル中央にあるレッド・イルミネーション・バーが輝くデザインは、インテリアにあってもさりげなくフィットします。

■ 揺るぎないハイパフォーマンスを予感させる、レッド・イルミネーション・バー。

“インテリジェンス”を感じさせるレッド・イルミネーション・バー

イメージギャラリー

HP Pavilion Desktop PC h8シリーズ

拡大画像
HP Pavilion Desktop PC h8シリーズ

拡大画像
HP Pavilion Desktop PC h8シリーズ

拡大画像
HP Pavilion Desktop PC h8シリーズ

拡大画像
HP Pavilion Desktop PC h8シリーズ

拡大画像

美しさと機能性の融合

本体上部にはデジカメ、ミュージックプレイヤーなどが置ける「タワートップ・トレー」を配置。USB3.0ポートも2基搭載し、より容易なアクセスと、すっきりした外観がたもてるようにしています。 また、フロントパネル内部にはUSB2.0ポートや15in1スロットなどが搭載されており、スライドパネルを開閉することで利用することができます。

正面背面 ※ 画像はh8-1280jp/CT、最小構成(AMD Radeon™ HD7450)グラフィックス搭載時になります。

■ タワートップ・トレー

タワートップ・トレー

入力感にこだわったキーボードとマウス

■ 長時間の利用でも疲れにくいキーボードとマウス

ピアノブラックを基調とした、高級感と落ち着いた印象のキーボードとマウスは、シャーシのカラーにマッチするデザインです。キーボード下部のラッチを立てると、入力のベストポジション調整が可能です。
長時間の利用でも疲れにくいキーボードとマウス

拡大画像

※ 日本語キーボード配列
(HP USB日本語キーボード/HP ワイヤレス日本語キーボード)

■ ケーブルレスでスマートに使えるワイヤレスキーボード &
    マウス [HP Directplusオプション]

ケーブルのわずらわしさがない、ワイヤレスキーボードおよびマウスを選択可能。スマートなデジタルライフをお届けします。
ケーブルレスでスマートに使えるワイヤレスキーボード & マウス

※ 画像はイメージです

■ 英語キーボード選択可能 [HP Directplusオプション]

USB英語キーボード(104)が選択可能。シンプルなキー配列なので、
生産性に優れミスタッチを軽減します※。

※ ワイヤードタイプ

USBキーボード(104) 設定方法
英語キーボード

拡大画像

※ 英語キーボード配列(HP USB英語キーボード)

■ キーボードカバー [HP Directplusオプション]

HP Pavilion Desktop PC用のソフトキーボードカバー※。
ホコリや汚れ、水などから大切なキーボードを守ります。
またクリアなデザインでフィット感もよく、使っていることに違和感を感じない使いやすさです。

※  標準日本語キーボード、ワイヤレスキーボード選択時のみオプションでお選びいただけます。
キーボードカバー

優れた拡張性と効率のよいエアフローを実現したミニタワー

■ エアフローを最適化することによる優れた静音性

マザーボードを通常とは逆に倒立で配置し、主な発熱パーツであるプロセッサーやグラフィックスなどが発する熱をPC内部にこもらせる事なく、その発生源から排熱までのエアフローを最適化しています。
さらに、独自チューニングを施したグラフィックスは高負荷時でもそのパフォーマンスを犠牲にすることなくファンの回転数を抑えるなど、静音性に配慮して設計されています。
エアフローを最適化

■ 優れた拡張性

マザーボードは、MicroATX仕様の採用により拡張性が高く、将来のカスタマイズも安心です。
サイドパネルや5.25インチベイなどは、簡単着脱できる設計で、メンテナンスも容易におこなえます。

■ 効率よく電力を供給する電源ユニット

600WのATX電源ユニットには、「Active PFC(Power Factor Correction)」回路を採用いたしました。
電源に入ってきた電力を、より効率的に使用。無駄な消費電力が抑えられるため、とても経済的です。

データの移動がらくにおこなえる、15in1メディアスロット

高速大容量のSDHCカードをはじめ、コンパクトフラッシュ(TypeI、II)、/メモリスティック/スマートメディア/など、15種類の記録メディアに対応するメディアスロットを標準装備。
面倒なケーブルやアダプター接続なしに、デジタルカメラやビデオカメラなどのデータを手軽に移動できます。

撮影したデータ 各種カードを直接PCへ挿入可能 撮影した画像を即座に観賞可能!
撮影したデータ   各種カードを直接PCへ
挿入可能
  撮影した画像を即座に
観賞可能!
データ移動がらくにおこなえる、15in1メディアスロット

 スロット1

スマートメディア(SM)   スマートメディア(SM)
xD-ピクチャーカード™   xD-ピクチャーカード™

 スロット2

コンパクトフラッシュ™   コンパクトフラッシュ™ (Type I)
  コンパクトフラッシュ™ (Type II)
マイクロドライブ   マイクロドライブ

 スロット3

miniSD™ メモリーカード   miniSD™ メモリカード
RSMMC (Reduced Size MultiMediaCard™)   RSMMC (Reduced Size MultiMediaCard™)
マルチメディアカード   マルチメディアカード+ (MultiMediaCard™ Plus)
  マルチメディアカードMMC Mobile
マルチメディアカード™(MMC)   マルチメディアカード™(MMC)
SD™メモリーカード   SD™・SDHC™メモリカード

 スロット4

メモリースティック   メモリスティック
  メモリスティック PRO™
メモリースティック Duo™   メモリスティック Duo™
  メモリスティック Pro Duo™

内蔵無線LAN [HP Directplusオプション]

内蔵無線LAN 本体内蔵無線LAN(802.11b/g/n 対応)を搭載可能。
わずらわしい配線なしに、ネットワークに接続できます。
購入後の充実サポートで お客様の困ったを 全て解決します!
製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェアNo.1 快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。
※2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012
安心の東京生産、カスタマイズモデルも最短5営業日でお手元に

その秘密は“MADE IN TOKYO”。ISO9001認定を受けた東京、昭島事業所での専門スタッフによって、高品質の製品を迅速にお届けする生産体制がとられています。
また、製造ラインの無駄を極限まで削除、独自の取り組みにより東京生産でも低コストを実現しております。海外からの製品移送時の故障リスクもない、国内生産という高い信頼性や安心感、そして優れたプライスパフォーマンスをぜひ手にしてください。

MADE IN TOKYO
Windowsの全てのエディションとバージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。 全てのWindows機能を利用するには、アップグレードされた、または個別に購入されたハードウェア、ドライバまたはソフトウェアが必要です。 http://www.microsoft.com をご覧ください。

Windows 8 PCから更新/アップグレードする場合、全てのWindows機能を利用できるわけではありません。システムには追加のハードウェア、ドライバ、ソフトウェア、ファームウェア、BIOSアップデートが必要です。 バージョン間のアップグレード、たとえばPro以外からProおよびMedia Centerへのアップグレードには追加料金がかかります。 アップデートの詳細はwww.windows.com/everywhere でご確認ください。

一部のアプリは個別に販売されます。 市場によって異なります。 一部の機能にはWindows 8.1 Updateが必要です。 Windows 8デバイスの場合、アップデートはWindows Storeから入手できます。 Windows 8.1デバイスの場合、アップデートはWindows Updateから入手できます。 インターネットアクセスが必要です。 費用がかかります。 一部のデバイスでは電源ボタンを使用できますが、表示されているデバイスでは使用できません。