Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向けデスクトップPC

 お問い合わせ

HP Pavilion Desktop PC h9 “Phoenix” シリーズ
製品特長

 
共通特長 - Tab - Selected
 水冷システム  デザイン  エンターテインメント  ソフトウェア

抜群の冷却性能により、安定性を実現する水冷システム

ハイパフォーマンスを支えるための水冷ソリューションを提供

高い処理能力を提供するプロセッサーは、その能力と引き換えに熱を発生させます。通常は、この熱をフィンへ伝導させてファンの風流によってケース内の空気へ放熱させる「空冷」システムがこれまでの常識でした。
しかし、新世代の超高性能プロセッサーにおいて、空冷による放熱処理をおこなおうとすれば、フィンのサイズを大きくしたり、ファンの回転数を上げたりする必要が出てきてしまいます。

ケース内のレイアウトや静音性を考えると、空冷システムでは限界が生じます。そこでHPが採用したのが「水冷」システムなのです。
ハイパフォーマンスを支えるための水冷ソリューションを提供
※画像はイメージです。実際の製品と異なる場合があります。
ハイパフォーマンスを支えるための水冷ソリューションを提供
プロセッサーの温度を常に安定した状態に保つ水冷システム。
プロセッサーコアと密着するフィンを持たず、中にクーラント液を通すことができる「ジャケット」と呼ばれるパーツが代わりに取り付けられます。プロセッサーの発熱によって温度が上昇したクーラント液は、ラジエーターに送られそこで冷やされます。
この液体の循環によって、プロセッサーは高負荷状態が続くようなシーンにおいても安定した温度に保たれ、そのパフォーマンスを維持することができます。

HP Pavilion Desktop PC h9“Phoenix”
シリーズの、ハイパフォーマンスをさらに確実なものにするために必要不可欠なのが、「水冷」システムなのです。

更に進化した冷却性能と静音性、水冷プロセッサー・クーラー採用

負荷の高い動画編集やRAW現像、白熱したゲームの最中でも、プロセッサーを安定して稼動させることのできる、メンテナンスフリーの水冷システムを採用。長期戦にも余裕で対応します。
更に進化した冷却性能と静音性、
水冷プロセッサー・クーラー採用
冷却システムイメージ
空冷vs水冷 プロセッサー冷却性能テスト
空冷vs水冷 プロセッサー冷却性能テスト
 測定マシン  HP Pavilion Desktop PC h9-1170jp/CT
 OS  Windows 7 Home Premium (64bit)
 CPU  AMD FX-8120
 グラフィックス  NVIDIA® GeForce® GTX550Ti
 メモリ  8GB (4GB x 2) PC3-10600
 HDD  4TB RAID5 (2TBx3) 7,200rpm
 オプティカル  DVDスーパーマルチドライブ
※  日本HP調べ
※  利用環境、設定、その他諸条件により必ずしも上記結果とならない場合が
ございます。
【測定条件】
HP Pavilion Desktop PC h9-1170jp 最小構成
測定ソフト:HW Monitor1.18
購入後の充実サポートで お客様の困ったを 全て解決します!
製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェアNo.1 快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。
※2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012
安心の東京生産、カスタマイズモデルも最短5営業日でお手元に

その秘密は“MADE IN TOKYO”。ISO9001認定を受けた東京、昭島事業所での専門スタッフによって、高品質の製品を迅速にお届けする生産体制がとられています。
また、製造ラインの無駄を極限まで削除、独自の取り組みにより東京生産でも低コストを実現しております。海外からの製品移送時の故障リスクもない、国内生産という高い信頼性や安心感、そして優れたプライスパフォーマンスをぜひ手にしてください。

MADE IN TOKYO
Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。