Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向けデスクトップPC

 お問い合わせ

HP Pavilion Desktop PC h9 “Phoenix” シリーズ
製品特長

 
共通特長 - Tab - Selected

圧倒的なパフォーマンスを予感させる精悍な“Phoenix 〜フェニックス〜”デザイン

勝利を確信させる、レッド・イルミネーションデザイン

勝利を確信させる、レッド・イルミネーションデザイン

■ 随所にレイアウトされた“Phoenix 〜フェニックス〜”の鼓動を感じさせるデザイン

カーボンメタリックのベースの中に浮かび上がるような、左右非対称デザインのピアノブラック・フロントマスク。
圧倒的なパフォーマンスを予感させ、まるで息吹を与えられたかのように瞬くレッド・イルミネーションの輝き。
“Phoenix 〜フェニックス〜 ” の鼓動を感じさせるその風貌は、力強さをそのまま体現し、勝利へのあくなき情熱を駆り立てる精悍なデザインに仕上げました。

随所にレイアウトされた“Phoenix 〜フェニックス〜”の鼓動を感じさせるデザイン
随所にレイアウトされた“Phoenix 〜フェニックス〜”の鼓動を感じさせるデザイン
フェニックスの鼓動、水冷プロセッサー・クーラーが視認できるクリアサイドウインドウ
赤く輝くラジエーターファンが、あくなき情熱を駆り立てる


 「水冷システム」について、詳しくはこちら
赤い輝きが勝利の鼓動を感じさせる…

エアフローを最適化することによる優れた静音性

拡大画像
ハイパフォーマンス・ミニタワーの優れた拡張性

① マザーボード逆倒立設計

マザーボードを通常とは逆に倒立で配置し、主な発熱パーツであるプロセッサーや電源ユニットなどが発する熱をPC内部にこもらせる事なく、 その発生源から排熱までのエアフローを最適化しています。

② エアインテイクウィンドウ

 筐体左右に設けられた1276個のエアインテイクウィンドウより自然吸気にて新鮮な空気を取り込み、 9cm背面ファンと、電源ユニットに内蔵された12cmファンにて外部に排熱します。さらに、独自チューニングを施したグラフィックスは高負荷時でも そのパフォーマンスを犠牲にすることなくファンの回転数を抑えるなど、静音性に配慮して設計されています。

ハイパフォーマンス・ミニタワーの優れた拡張性

MicroATX仕様のマザーボードを採用、デスクトップPCに求められる拡張性を存分に発揮できる新設計ミニタワーPCです。
サイドパネルや5.25インチ/3.5インチベイなどは簡単着脱できる設計で、メンテナンスも容易におこなえます。

① 5.25インチベイ x2

①5.25インチベイ x2
通常オプティカルドライブに使用している5.25インチベイも2基まで拡張可能。
ハイパフォーマンス・ミニタワーの優れた拡張性

② 安心・安全にお使い頂くための
    グラフィックス・サポートバー

②安心・安全にお使い頂くためのグラフィックス・サポートバー
約28センチの全長・約0.9キログラム(NVIDIA® GeForce® GTX580)のハイパフォーマンス・グラフィックスを支えるための「グラフィックス・サポートバー」。
安心・安全にお使い頂けるよう配慮された設計になっています。

③ 3.5インチベイx3
    最大9TB HDD搭載可能!

③3.5インチベイx3 最大9TB HDD搭載可能!
拡張が容易な3.5インチストレージマウントを搭載。
最大9TB HDDの大容量ストレージタンクPCとして、大切なデータを格納します。

④ 効率よく電力を供給する電源ユニット

④効率よく電力を供給する電源ユニット
600WのATX電源ユニットには、「Active PFC(Power Factor Correction)」回路を採用いたしました。
電源に入ってきた電力を、より効率的に使用。無駄な消費電力が抑えられるため、とても経済的です。

高いユーザビリティと美しさを融合したデザイン

正面背面

※ 画像はh9-1170jp/CTのものになります。

■ タワートップ・トレー

タワートップ・トレー

本体上部には、デジカメやミュージックプレイヤーなどの充電やデータ転送など、日常の使い勝手を重視した「タワートップ・トレー」を配置、高速データ転送を可能にするUSB3.0ポートを2基搭載していますので、本体背面に手をまわしたり、ケーブル類の取り回しにわずらわされることなく容易なアクセスを可能にしています。

また、フロントパネル内部にはUSB2.0ポートや15in1スロットを搭載。
上下にスライドするパネルを採用していますので、使用しない際はパネルを閉じておくことで防塵にも配慮することができます。

LEDバックライトでキートップが視認しやすい専用キーボード

バックライトを搭載したh9シリーズ専用「プレミアムLEDキーボード」が標準付属。
一瞬の判断力が生死を分ける闘いの中では、キートップの視認性が特に重要です。4段階に調光できるバックライトが、あらゆるシチュエーションで、あなたの勝利をサポートします。
また、浮き石型キーを採用しているので隣り合うキーがより明確になり、ミスタッチを軽減します。
LEDバックライトでキートップが視認しやすい専用キーボード
LEDバックライトでキートップが視認しやすい専用キーボード
※ バックライトは4段階に調光可能。(キートップ、サイドライト)
※ キーボードのサイドにもLEDを採用。白い輝きが気分を盛り上げます。
LEDバックライトでキートップが視認しやすい専用キーボード
※ 日本語キーボード配列
(HP USB日本語キーボード/HP ワイヤレス日本語キーボード)

データの移動がらくにおこなえる、15in1メディアスロット

高速大容量のSDHCカードをはじめ、コンパクトフラッシュ(TypeI、II)、/メモリスティック/スマートメディア/など、15種類の記録メディアに対応するメディアスロットを標準装備。
面倒なケーブルやアダプター接続なしに、デジタルカメラやビデオカメラなどのデータを手軽に移動できます。

撮影したデータ 各種カードを直接PCへ挿入可能 撮影した画像を即座に観賞可能!
撮影したデータ   各種カードを直接PCへ
挿入可能
  撮影した画像を即座に
観賞可能!
データ移動がらくにおこなえる、15in1メディアスロット

 スロット1

スマートメディア(SM)   スマートメディア(SM)
xD-ピクチャーカード™   xD-ピクチャーカード™

 スロット2

コンパクトフラッシュ™   コンパクトフラッシュ™ (Type I)
  コンパクトフラッシュ™ (Type II)
マイクロドライブ   マイクロドライブ

 スロット3

miniSD™ メモリーカード   miniSD™ メモリカード
RSMMC (Reduced Size MultiMediaCard™)   RSMMC (Reduced Size MultiMediaCard™)
マルチメディアカード   マルチメディアカード+ (MultiMediaCard™ Plus)
  マルチメディアカードMMC Mobile
マルチメディアカード™(MMC)   マルチメディアカード™(MMC)
SD™メモリーカード   SD™・SDHC™メモリカード

 スロット4

メモリースティック   メモリスティック
  メモリスティック PRO™
メモリースティック Duo™   メモリスティック Duo™
  メモリスティック Pro Duo™

内蔵無線LAN [HP Directplusオプション]

内蔵無線LAN 本体内蔵無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)を搭載可能。
わずらわしい配線なしに、ネットワークに接続できます。
購入後の充実サポートで お客様の困ったを 全て解決します!
製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェアNo.1 快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。
※2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012
安心の東京生産、カスタマイズモデルも最短5営業日でお手元に

その秘密は“MADE IN TOKYO”。ISO9001認定を受けた東京、昭島事業所での専門スタッフによって、高品質の製品を迅速にお届けする生産体制がとられています。
また、製造ラインの無駄を極限まで削除、独自の取り組みにより東京生産でも低コストを実現しております。海外からの製品移送時の故障リスクもない、国内生産という高い信頼性や安心感、そして優れたプライスパフォーマンスをぜひ手にしてください。

MADE IN TOKYO
Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。