Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向けデスクトップPC

 お問い合わせ

HP Pavilion Desktop PC h9 Phoenix シリーズ
製品特長

HPがお勧めするWindows。
製品特長 - Tab - Selected
 水冷システム  デザイン  エンターテインメント  ソフトウェア

抜群の冷却性能により、安定性を実現する水冷システム

ハイパフォーマンスを支えるための水冷ソリューションを提供

高い処理能力を提供するプロセッサーは、その能力と引き換えに熱を発生させます。通常は、この熱をフィンへ伝導させてファンの風流によってケース内の空気へ放熱させる「空冷」システムがこれまでの常識でした。
しかし、新世代の超高性能プロセッサーにおいて、空冷による放熱処理をおこなおうとすれば、フィンのサイズを大きくしたり、ファンの回転数を上げたりする必要が出てきてしまいます。

ケース内のレイアウトや静音性を考えると、空冷システムでは限界が生じます。そこでHPが採用したのが「水冷」システムなのです。
ハイパフォーマンスを支えるための水冷ソリューションを提供
※画像はイメージです。実際の製品と異なる場合があります。
ハイパフォーマンスを支えるための水冷ソリューションを提供
プロセッサーの温度を常に安定した状態に保つ水冷システム。
プロセッサーコアと密着するフィンを持たず、中にクーラント液を通すことができる「ジャケット」と呼ばれるパーツが代わりに取り付けられます。プロセッサーの発熱によって温度が上昇したクーラント液は、ラジエーターに送られそこで冷やされます。
この液体の循環によって、プロセッサーは高負荷状態が続くようなシーンにおいても安定した温度に保たれ、そのパフォーマンスを維持することができます。

HP Pavilion Desktop PC h9 Phoenix
シリーズの、ハイパフォーマンスをさらに確実なものにするために必要不可欠なのが、「水冷」システムなのです。

更に進化した冷却性能と静音性、水冷プロセッサー・クーラー採用

負荷の高い動画編集やRAW現像、白熱したゲームの最中でも、プロセッサーを安定して稼動させることのできる、メンテナンスフリーの水冷システムを採用。長期戦にも余裕で対応します。
更に進化した冷却性能と静音性、
水冷プロセッサー・クーラー採用
冷却システムイメージ
空冷vs水冷 プロセッサー冷却性能テスト
空冷vs水冷 プロセッサー冷却性能テスト
h9 Phoenixシリーズが搭載する水冷CPUクーラーは空冷CPUクーラーと比較して、約26% 冷却効率を高めます。
長時間ご使用いただくことでさらに水冷パソコンの快適性を実感いただけます。
【測定条件】
同一チップセット搭載のPCにて、ヒートシンク部分を組み替えて測定した日本HP調べ。
利用環境、設定、その他諸条件により必ずしも上記結果とならない場合がございます。
購入後の充実サポートで お客様の困ったを 全て解決します!
製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェアNo.1 快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。
※2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012
安心の東京生産、カスタマイズモデルも最短5営業日でお手元に

その秘密は“MADE IN TOKYO”。ISO9001認定を受けた東京、昭島事業所での専門スタッフによって、高品質の製品を迅速にお届けする生産体制がとられています。
また、製造ラインの無駄を極限まで削除、独自の取り組みにより東京生産でも低コストを実現しております。海外からの製品移送時の故障リスクもない、国内生産という高い信頼性や安心感、そして優れたプライスパフォーマンスをぜひ手にしてください。

MADE IN TOKYO
Windowsの全てのエディションとバージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。 全てのWindows機能を利用するには、アップグレードされた、または個別に購入されたハードウェア、ドライバまたはソフトウェアが必要です。 http://www.microsoft.com をご覧ください。

Windows 8 PCから更新/アップグレードする場合、全てのWindows機能を利用できるわけではありません。システムには追加のハードウェア、ドライバ、ソフトウェア、ファームウェア、BIOSアップデートが必要です。 バージョン間のアップグレード、たとえばPro以外からProおよびMedia Centerへのアップグレードには追加料金がかかります。 アップデートの詳細はwww.windows.com/everywhere でご確認ください。

一部のアプリは個別に販売されます。 市場によって異なります。 一部の機能にはWindows 8.1 Updateが必要です。 Windows 8デバイスの場合、アップデートはWindows Storeから入手できます。 Windows 8.1デバイスの場合、アップデートはWindows Updateから入手できます。 インターネットアクセスが必要です。 費用がかかります。 一部のデバイスでは電源ボタンを使用できますが、表示されているデバイスでは使用できません。