Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向け Desktop PC

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   
 

HP All-in-One PC200シリーズ 初夏モデル
製品特長

 
 
HP Directplus Station オープン HP製品を体感してください
Content starts here
HP All-in-One PC200 シリーズ
 インテリアと調和するスリムデザイン  地デジもパソコンもこれ一台で  毎日を快適にするフルスペック

設置場所を選ばない優れたデザイン

奥行き約22cmのスリムボディ

ピアノブラックを基調としたカラーが、上品な印象を与えるディスプレイ一体のボディを採用。
本体内蔵の省スペースフォルムは、設置場所を選ばず、リビングにもよく映えるデザインです。

奥行き:220.09mm、幅:545.15mm、高さ:428.56mm
奥行き約22cmのスリムボディ

※ 画像は米国仕様です。

自在なポジショニングが可能な専用スタンド

本体を支える脚部は優れたデザインと共に、チルト & スイベル機構によって自在に調整可能。ベストポジションを容易に作ることができます。
また、ケーブルマネジメントホールを設けていますので、接続されているケーブル類をスマートに収納できます。
自在なポジショニングが可能な専用スタンド

フルハイビジョン対応の大型ディスプレイ

フルハイビジョン対応の大型ディスプレイ

※ 画像は米国仕様です。

「16:9」パネルを採用した、21.5インチディスプレイを採用※。一般家電AV機器などで採用されている、写りこみの少ないノングレアタイプのスクリーンなので、目の疲れを軽減できます。

また、1920×1080ドットの高解像度により、複数のウィンドウを開いたり、Webブラウザを広く使ったり、一度にたくさんの情報を表示できます。

発色が美しいLEDバックライト

液晶のバックライトにはLEDを採用し、高輝度でメリハリのある画質を実現。省電力性に優れ、ディスプレイのロングライフにも貢献します。

ハイクオリティの証、HP輝点ゼロ保証

常時点灯する画素(輝点)が1つでもありました場合、無償で交換いたしますので安心してご利用いただけます。交換の対象期間は製品の保証期間と同期間となります※。

※ 標準保証期間内において、液晶モニターのパネル上に"輝点"ピクセルが1つ以上、又は"黒点"が6 つ以上発生した場合、標準保証の対象としてサポートするサービスです。

使いやすさにこだわったデザイン

脚部に収納できるキーボード

シャーシのカラーとマッチするキーボードとマウスは、人間工学に基づいた操作しやすいデザインです。
キーボードは底面に施した形状により、モニター脚部にぴったりと収納できるので、使用していない時も場所をとりません。
脚部に収納できるキーボード

データ移動がらくにおこなえる、6in1メディアスロット

サイドパネルにマルチメディアカード、メモリースティックなど、6つのメディアをアダプターなしで接続できる、6in1メディアスロットを搭載。
面倒なケーブルやアダプター接続なしに、デジタルカメラやビデオカメラなどのデータを手軽に移動できます。
データ移動がらくにおこなえる、6in1メディアスロット

使いやすさを最優先に考えたインターフェイス

本体右側面にスイッチ類、左側にUSB2.0端子、6in1メディアスロットなどを装備。
これらすべてのインターフェイスは操作性を考え、左右の側面に効率よく配置されています。

 各部名称 詳しくはこちら
右側面、左側面

製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェアNo.1快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。

※2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012

Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。