Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向け Desktop PC

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   
 

HP Pavilion Desktop PC s5000シリーズ 冬モデル
ダブル地上デジタルチューナーモデル

 
 
HP Directplus Station オープン HP製品を体感してください
Content starts here
Error processing SSI file
「観る」「録る」自在 - Tab - Selected

ダブル地デジチューナーで「観る」「録る」自在

ハイビジョン映像を楽しむ

HP Pavilion Desktop PCの地デジモデルは、マルチコア・プロセッサー、大容量メモリ、高性能グラフィックスなど、地デジをきれいに見ることができる高速仕様。テレビ番組を観ながらインターネットで検索するといった「ながら見」をしてもスムーズに動作します。

また、ダブル地デジチューナーや、B-CASカードは本体内へスマートにビルトイン。PCの美しい外観を損ねず、スマートなハイビジョンライフをサポートします。
写真:ハイビジョン映像を楽しむ ロゴ:地デジ

同時録画もおまかせのダブル地デジチューナー

搭載されるダブル地デジチューナーはダビング10に対応。録画した地デジ番組を自在に楽しむことができます。
さらに地デジ番組を観ながら裏番組を録画したり、同時刻に放送される2番組を録画することも可能です。

専用ソフトウェアとリモコンで簡単操

ダブル地デジチューナーモデルには専用ソフトウェア「StationTV ® for HP」と専用リモコンが付属。地デジ番組の選択や、録画設定などは専用リモコンやマウスで簡単に操作できます。 写真:専用ソフトウェアとリモコンで簡単操作
■Station TV
写真:StationTV ® for HP 写真:StationTV ® for HP

EPG予約で録画設定もらくらく

EPG番組表を利用すれば、見たい番組名や内容の確認、出演者などの情報を元に番組の検索、そして予約録画を簡単におこなうことができます。
EPGの放送時間情報が変更されれば、それに合わせて予約録画の設定も自動で変更。見たい番組を見逃しません。

多様な録画・再生方法に対応

番組の放送中に席を離れても、巻き戻して見直すことができる「タイムシフト※」や、録画中に、ハードドライブの空き容量がなくなっても、自動的に空き容量に余裕のあるハードドライブ、または「[優先度2]」に設定したハードドライブに、保存場所を切り替えて録画する「リリーフ録画」に対応しています。

※  通常録画と異なり、一時的な記録であるため、「StationTV ® for HP」を終了し、チャンネルを変えると、それまでの録画データはクリアされます。

データ放送を楽しむ

搭載されるダブル地デジチューナーはダビング10に対応。録画した地デジ番組を自在に楽しむことができます。
さらに地デジ番組を観ながら裏番組を録画したり、同時刻に放送される2番組を録画することも可能です。
■ 独立型データ放送
ピクセラテレビ
■ 連動型データ放送
クイズピクセラ
※ テレビ放送内(データ放送など)の操作には専用リモコンをお使いください。

マルチ映像や文字スーパーにも対応

複数の番組映像や音声をひとつの番組で楽しめる、マルチ映像やマルチ音声に対応。カメラのアングル切り替えや、日本語と英語などマルチ音声の切り替えも自由自在です※1。
また、字幕・文字スーパー情報を配信する番組では、スーパー表示のオン・オフを選択することが可能。複数のスーパーが用意されている場合、好みに応じて選択できます※2。

※1  マルチ映像・音声を楽しむには、番組がそれらの機能に対応している必要があります。
※2  字幕設定は、放送局から配信される設定に準拠します。

B-CASカードを本体に内蔵

地デジ番組の著作権保護や有料放送の視聴に利用されているICカード「B-CASカード」は、地デジユニットと共にケースに内蔵。
HP Pavilion Desktop PCの美しさを損ねず、安心して地デジをお楽しみいただけます。
Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。